お茶の水 GAIA

饗 くろ喜の大将ブログによると、大将が転んで手を傷め、当分、休業とのこと。
先日行った時、通常3人でお店を回しているところを、2人で営業していた。
行列は途切れることはない土曜日に、2人ということは、作るのが精いっぱいで、下げた食器を洗う人がいないということだし、きっと、昼営業と夜営業の間の休み時間に休まないで、食器洗いするのかなと思った。
そういう無理が重なって、怪我をされたのではないかと想像される。
あれだけの才能と技術とセンスがあり、高級店ではなく、手軽に誰でも行けるラーメンというジャンルでその腕を発揮してくれる稀有な存在であるくろ木さん、ゆっくり休んで完全に怪我を直して欲しい。

今、皿洗いの人を募集しているようだけれど、良い人が早く見つかりますように。

---本題です---
先日、お茶の水のGAIAという自然食品のお店らしいところに行ってみた。
どうしてかというと、三井製パン舗のTwitterを読んでいると、GAIAにもパンを卸していて、そこで買えるようなことが書いてあったからだ。(結果的にはお店の中のどこに置いてあるかわからなかったのだが)

このお店、代々木上原にもお店もあるし、ネット通販もあるしで、もしかして、とても有名なお店なのかも知れないが、私は三井製パン舗のtwitterで名前を見るまで全く知らなかった。

場所は、お茶の水の聖橋口から出て、本郷通りを小川町の方に下りて行くと、右側に、三井住友海上火災の大きなオフィスビルが二つ並んでいて、二つ目を越した路地を右に入ってちょっと行った左側。(信号で言うと「駿河台」)
d0063149_23162731.jpg
お店の中に入ってみると、本当にぎっしり縦にも横にも食品が並んでいて、通路が狭く、気をつけて歩かないと、商品が落ちそうな感じ。

お店の入口に、地下や2Fにも売り場があると書いてあり、そんなに沢山売り場がありながら、どうして、こんなに商品をぎっしり1Fに詰め込んでいるのだろうと思った。
お店の人に聞いたら、地下が雑貨売り場で、2Fはカフェで、食品は1Fだけだとのこと。(後から、調べたら、3Fにはレストランがあるみたい)

d0063149_23165772.jpg野菜や果物の種類も豊富で、全て無農薬や有機栽培だからか、見た感じ、皆美しい感じの野菜であった。(農薬を使ったものに比べて、光っている感じがした。)
本当に色々なものを売っていて、有機栽培のお米もある(あんな重たいもの、お茶の水で買っていく人がいるのだ)し、以前人からもらって気に入ったフェアトレードのカレーパウダーを扱っていた。(今度、欲しくなったら、ここに買いに来よう)

小梅の梅干しも2種類売っていて、200gで750~850円であった。
わ~、高い!と思ったけれど、有機栽培の梅と海の精だけで作った梅干しであった。
ま~、いたしかたない値付けかとも思うが、買えないな~、試しに買って気に入ったら、ランクを下げられなくなる可能性もある...くわばら、くわばら、近づかないに越したことはない...なんて思ったりして。(笑)

このお店、日本中の有名なパン屋さんのパンを、定期的に販売しているみたいで、私が行ったのが土曜日だったので、有名なルヴァンのパンらしきものが沢山並んでいた。
美味しそうで買ってみたいな気もしたけれど、あれば、食べてしまうので、やめておいた。

結局、これも、後戻りできない可能性はあるのだけれど、きれいな海で作ったという海苔を買ってみた、全型10枚で840円。

地下は、下着から本から色々なものを扱っていた。

d0063149_23172987.jpgお腹は空いていなかったので、カフェには行かなかったけれど、店頭でかき氷を売っていて、つい、買ってしまった。
でも、近くに公園はないし、人通りの少ない路地を食べながら歩くしかなかった。
(以前、椅子を店の前に並べたら、どこからかクレームがついて、出せなくなったそうだ)
味も氷のかき方も悪くなかったけれど、暑い日だったせいか、あっという間に、氷水になってしまい、飲みやすかった。(笑)

自然食品のお店で、私が比較的良く行くのは、根津の根津の谷だけれど、GAIAの方が売っているものの種類が多く、しかも垢抜けている感じ。

d0063149_23205526.jpg
帰りは、本郷通りの反対側に渡り、秋葉原方面に向かって淡路町界隈を歩いてみた。
そうしたら、既に完成した大規模再開発、今、工事中の大規模再開発のオンパレードであった。
その中で、ほっとする昔のお屋敷が一軒残っているのを見つけ、私が高校生・大学生の頃、お茶の水って、立派なお屋敷が確かに多かった地域であったことを思い出した。。
でも、ここもなくなるのは時間の問題かも。(誰も住んでいない様子であった)
[PR]

by mw17mw | 2012-09-15 23:25 | 食材・食材のお店 | Comments(0)