私なりの「バッグ イン バッグ」完成

山梨に旅行に行く前に、「A4の紙をバッグに収めるための道具」を書いたところ、ゆきさんから、「デルフォニックスのビニールブリーフケース」と長坂@名古屋さんから、「クリアファイル(ルーズリーフタイプ)」を教えていただき、自分の買った、格好悪いけれど、使い心地は抜群の100キンのA5のzipケースと組み合わせてみた。(旅行中だけでなく、帰って来てからの資料の整理も含めて)

旅行完了後に、「今後はこれで行こう」と整理したのが、下記画像。
(色揃えのセンスのなさは、是非目を瞑ってください。<笑>)
d0063149_18192198.jpg
左側のネットの一番奥に見える黄色とピンクのビニールは、デルフォニックスのA5の袋を二つに折ったもの。
(この2つは使途は決まっていない。でも、色々な施設でもらえるパンフレットは、殆ど、このA6のケースに入る大きさだったので、どこかでパンフレットをもらって、取っておきたいものはこの袋を取り出して、入れておこうと思ったのだ)
その手前の「98 NAVISHOP」とか「yamagiwa」と書いてあるものは、昔々、山際電気でもらった付箋。
その後ろの黒帯付き水色のが薄い手帳で、その横の黄色いものが名刺入れ。
グレーの小さく折りたたんである布は、携帯・iPod・眼鏡拭き。

右側のネットの方は、一番奥に見える黄色と緑のビニールは、デルフォニックスのA6のケース。
これは使途がはっきりしていて、一つは、引換券みたいなものを収納、もう一つは、お財布に溜まったけれど、まだ家計簿につけていないレシートの一時保管袋。
手前の水色とベージュのカード型という一番小さいデルフォニックスのケースは、一つがiPodのイヤホーン入れ、もう一つは、予備のSDカード等細かいものを入れるのに使う予定。

真ん中の窪みに4色ボールペン+シャーペンを入れて、A4の紙を持ち歩きたい時には、二つに折って、真ん中に入れるつもり。
また、色々な日程表やすぐ使うようなお知らせは、取り出さなくても見えるように、ケースの外から見える位置に入れている。

実際に、旅行に持ち歩いて思ったのだけれど、これだけ揃って持っているという安心感はあるものの、実際は、細かくデルフォニックスの袋を開けることはなかった。(パンフ入れだけは開けたけれど)

これだけ入れても、何だか、もっと詰め込みたくなる気持ちを抑えるのが大変。(例えば、爪切りとか、定規も入れたくなる)

d0063149_18341511.jpgそして、帰ってから、もらって来たパンフレットを収納するクリアファイルを探してみた。
中々、A5のクリアファイルは見つからなかったが、本郷のNBKという100キンのお店にあったので、B5とA5を買ってみた。(ルーズリーフタイプではないけれど)

(私のダサいけれど優れ物のA5のzipケースも、このNBKで買ったし、A5の文房具を買うなら、NBKという感じがしている。)

家で思い出を保管しておくには、B5の方が悠々としていて良い感じ。
A5は、やはり、バッグに入れて持ち歩く時に便利な感じで、大きな旅行をする時に役に立ちそう。

あ、それからデルフォニックスのケースなのだが、同じ会社が経営しているSmithとDelfonicsでは、やはり、Smithというお店の方が揃っていて、先日、新丸ビルのDelfonicsというお店に行ったら、ビニールケースは殆どなかった。Delfonicsはもっと高級な文房具に特化したショップのよう。(Smithでも、全色全サイズ常に揃っているということはないようだが、それでも、だいたい揃っている。)
[PR]

by mw17mw | 2012-09-06 18:41 | 日常生活 | Comments(0)