銀座界隈-トップスのカレーでランチ

銀座に出かける前の日、三井製パン舗で、500円のセールの時に買って冷凍してあった食パンを食べたのだ。
この食パン、通常は1斤800円という超高価なパンなのだけれど、さすがそれだけのことはあるという美味しさ。
その時は、1斤買って、冷凍庫に入り切らないからと人にお礼として半分あげて、残り半斤を3つにわけて冷凍したのだ。

このパン、後を引くというか、また食べたくなる。
しかし、頭で「高い」ということがわかっているから、理性が働き、このパンをまた買おうという発想は浮かばなかったのだが、このパンのすごいところは、次の日、銀座に行くにあたり、「ランチに美味しいパンを食べたい」という思いが強く湧いて、そこから離れられなかったこと。

だったらと、山手線に乗り、東京駅で降りて、Vironを目指してみた。
世の中、ソラマチが大流行りというから、このお盆シーズン、皆ソラマチに行ってしまい、案外、予約を取っていなくてもVironでランチが食べられるかも知れないと思ったのだ。

が、甘かった。
Vironに着いたのが11:40頃で、お店の人に、入口で「予約していなかったら、どこか席が空くまで待っていてくれれば、入れる」と言われた。
しかし、Vironは、開店が11:30だったのだから、どんなに早くても1時間近く待つことになるので、諦めてしまった。
一度、食べてみたいVironのランチ...。

それでそのまま、有楽町のLoftに向かい、その後は、東急ハンズへ。
東急ハンズの入っているビルの上の階のレストラン街を見たけれど、食べたいと思う店がなかった。
何だか、どのお店も、1600円くらいで、ビュッフェ形式(=実質食べ放題)のお店が多いみたい。
一人で高いビュッフェ形式って、魅力を感じない。

昔だったら、銀座に行ったら、私の場合、銀座アスターの焼きそばか、トップスのカレー、つばめグリルのハンバーグで十分なのにと思いながら、歩いた。(銀座アスターは焼きそばの麺が変質してしまい、今のは好きではない。トップスのカレーは、お店がなくなったと勘違いしていた。つばめグリルは一丁目のお店はなくなっていたが、後で、銀座コアでみつけた。)

仕方がないので、そんなに気に入っていないのに高いお金を出すよりはと思い、西銀座のマックで、ホットゴールドマサラとかいう新製品を食べようと思ったのだ。
西銀座のマックに行くと、その隣のジャポネという和製のスパゲティ屋さんがやっていて、10人くらいの男の人が並んでいた。
ここも一度食べてみたいと思っていたのだが、調べて来ていないので、何を頼んだら良いのか良くわからず、また、並んでいる人が男の人ばかりだったし、何せ、このお店は、大食いの人に大人気なので、今回はやめておいた。(今度は絶対ジャポネに行こう、後で調べたら、初回は、ジャリコという醤油味を頼めば良いみたい。ジャポネはカウンターのみのお店だから、お一人様にはうってつけ)

d0063149_21542627.jpgで、マックで、ホットゴールドマサラセットをアイスコーヒー・ポテトをSサイズにして注文して、食欲を満たした。
ホットゴールドマサラは、まあまあ、どちらかというと、街場のパン屋さんのチキンカツバーガー程度に感じた。
カレー味がついているのだが、それが「マサラ」という程スパイシーではなく、どちらかというと、日本のメーカーのカレー粉の味だったのが残念。

マックでお腹を満たした後、中央通り界隈で、洋服を探していたら、トップスのカレー屋さんを発見。(トップスというのは、あのチョコレートケーキで有名なトップスと同じ。HPによると、トップスというレストランのデザートで出していたケーキが有名になって、デパ地下に沢山トップスのケーキの販売店ができたそうだ)
私は、名鉄メルサの地下にあったと思い込んでいたが、そうではなくて、松屋から銀座三越に向かうと、すぐ三菱UFJがあり、その隣か、その次の隣のビルの地下に、トップスがあったのだ。
お~、懐かしい!まだ生き延びていてくれたのだと感激。

トップスのカレーを最後に食べたのはいつだろう?
大阪に行く前だから、昭和の末期で、それから、25年以上は経っていると思う。
その頃、まだ、今のようなインド人のやっているインドカレーのお店が余りなかった時代、トップスのカレーは、人気があったのだ。
一番の特徴は、白いご飯に戻したレーズンと木の実をスライスして香ばしく煎ったものが乗っていること。
このレーズンと木の実のスライスが辛いカレーとマッチして、美味しかったのだ。

ただ、その日は、マックで食べてしまったので、諦めて、翌々日、買い物に出かける前に、ランチに行ってみた。
食べログで調べたら、結構点数が悪かったし、評判が良くないようだったが、着いたのが、12時頃だったせいか、椅子があったとは言え、30分くらい待つことになった。
やはり、それなりに、ファンがいるのだと一安心。

d0063149_2155146.jpg
で、その日は、その日のランチカレーセット「チキンと野菜 ホット スパイシー」を頼んでみた。
トップスのHPを見たら、カレールーは2種類で、「デイ★リッチ」という欧風カレータイプと、「スパイシー★ホット」というタイプがあるみたいだった。
昔はどうだったろう?
二種類あったという記憶もなかったのだが、どうせなら、私が昔食べたトップスのカレーが食べたいと思い、注文する時に、お店の人に「このカレーは、トップスの昔のカレーと同じですか?」と聞いたのだ。
そうしたら、「昔の辛口のカレーに近いと思います」とのこと。
言われてみれば、昔、トップスのカレーには、甘口と辛口の二種類があったような気がしないでもない。

d0063149_21553191.jpgで、ランチの野菜チキンカレーには、トマトサラダがつき、トッピングを一種類選べたので、らっきょうを選んでみた。

トマトのサラダは、角切りしたトマトをドレッシングで和えたもので、店員さんが「小さなスプーンを使って、ドレッシングごと召し上がってください」と教えてくれた。
ドレッシング和えのトマトは、良く冷えていて美味しかった。

で、薬味とともにカレー登場。
d0063149_2156071.jpg
白いご飯に、数粒のレーズンと、数枚のアーモンドスライスが乗っていて、「わ~懐かしい」と思うと同時に「レーズンとアーモンドスライス、こんなに少なかったっけ?」と思ってしまった。
レーズンとアーモンドスライスのところに、カレーをかけて食べる。
やはり、レーズンの甘酸っぱさやアーモンドスライスが混ざったご飯がカレーに合う。
もっと沢山入っていればいいのに。

カレー自体は、インドカレー風なのだが、うっすら炒めた小麦粉のルーの味がした。
昔食べたカレーと同じかどうかは全然わからなかったけれど、香ばしい小麦粉の炒った味が「昭和のカレー」という感じで、私は好きだな~。
欧風カレーとか日本で発達したカレーの影響を残しながら、インド風にした感じが「昭和」チック。
完全に「インド風」に行けない中途半端さが魅力。
そんなに辛いわけでもなく、美味しく食べ終わった。
((私みたいな戦後の日本のカレーの変遷を経験してきた人間には楽しいけれど、初めからインドカレーで育っている人には合うのかな?)

薬味のらっきょうはとても沢山来たのだが、これだけつけてくれるなら、もっと少量にして二種類選べる風にしてくれたら嬉しいな。(らっきょうはとても甘口であった)
また、複数人で来て、それぞれ違う薬味を取って、交換して食べると良いと思った。

これに300円で飲み物をつけることができるけれど、この日は、やめておいた。

店員さんは皆女性で感じが良く、銀座で、サラダがついてカレーが1050円なら、入る時間を工夫して、並ばない時間に行けば、使いやすいお店だと思う。

一人で銀座でランチをする時、このくらいの価格でこのくらいの量で十分、また、行こう。
[PR]

by mw17mw | 2012-08-17 22:06 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by えどえも at 2012-08-18 11:14 x
トップのカレー懐かしいですね。前はテーブルの上におかわり用ライスと薬味も五種類位が並んでわくわくしたのを思い出します。フライ玉ねぎとアーモンドスライスとレーズンのごはん大好きでした。私の世代には若い頃、ちょっと背伸びして行くお店でしたが、お店の数もかなり減ってしまって寂しい…
Commented by mw17mw at 2012-08-18 22:02
>えどえもさん
私よりしっかり覚えてらっしゃいますね~。
おかわり用のライス、そういうものがあったような記憶があります。
フライ玉ねぎもあったのですね。
私も、普通は、銀座に良く行っていましたが、TBS会館の地下にも行ったりして、確かに背伸び気分でした。
懐かしいです。

今回、トップスのカレーを知らない世代の人に知って欲しくて記事にしました、もっとファンが増えると嬉しいです。