雑司ヶ谷二丁目界隈フラフラ

先日の日曜日、天気も良かったので、「B-ぐるの一日乗車券を買って、新しい目白台・小日向ルートを一周したり、今まで気になっていたけれど中々行けなかったところを回って来よう」という気になった。

文京区に観光地や盛り場がないせいか、B-ぐるは、地元住民以外の利用がなさそうで、とても空いているし、その関係で収益が良くないのか、バス車内に、B-ぐるの周遊ルートのパンフレットとか全然なくてがっかり。(台東区のめぐりんは、いつでもこれでもかというくらいパンフレットが沢山置いてある)

乗り込んだシビックセンターから、お庭の後楽園横を通って、元神田上水道の道を通り、江戸川駅に出た後、新目白通りを上って、日本女子大方面へ。
その後、右に曲がって、不忍通りに出て、護国寺の方に行くルートなのだが、私は、日本女子大で降りて、不忍通りを護国寺まで歩くことにした。

以前、高田馬場でパートをしていた時に歩いたことがあったのだけれど、ささっとしか歩いたことがなかったのだ。

以下、歩いた順路とはちょっと違うけれど...

目白台から護国寺まで、左側を歩いたのだが、住所表示は、文京区目白台と豊島区雑司が谷が入り混じっている地域のようであった。
左側を見ていると、何だか、ちょっと奥まったところに、テニスコートが見えたり、その更に奥にこんもり森のようなものが見え、あれは、地図で見た日本女子大の寮?と思い、不忍通りにある郵便局の角を曲がり、大通りより一本中の道に入って、Uターンするように、護国寺と反対方向に歩いてみた。

そうしたら、そこは、日本女子大の体育館やテニスコート、反対側には、広そうな、緑溢れる大学の寮があった。
体育館やテニスコートは現役で使われているようだったが、寮の方は古いビルで、エレベーターなしの5階建という感じで、今はもう誰も住んでいない雰囲気だけれど、どうなのだろう?(と、日本女子大の寮で検索したら、「目白キャンパス寮」というのが出て来たけれど、それかな~?)

そして、その大学寮の隣に、突然、和風のお屋敷を改造したと思われる料亭「雑司が谷 寛」が現れた。(お店のHPはこちら
d0063149_2222541.jpg
何でも、昭和初期の小説家であった三角寛という方の屋敷跡を料亭にしたものとのこと。
へ~、こんな目立たない住宅地に、こんな料亭があるなんて、本当に隠れ家レストラン?
店の前のメニューを見ると、「全室個室・完全予約制」とのこと。
美味しいかどうかはわからないけれど、見た目、素敵なお店。
(雑司ヶ谷で法事をした後に、使えるではないかと思った。)

d0063149_22223523.jpgそこを越して進むと、「雑司が谷弦巻通り商友会」と書いた街路灯が出て来た。
そうか、ここはお店は殆どないけれど、商店街の通りだったのだ。
へ~、雑司ヶ谷に商店街があったのだ~、面白い!
その商店街は、もう相当寂れた上に、しかも、日曜日だったから、開いているお店は少なかったが、それでも、段々バラバラと色々なお店が出て来た。

食べ物屋さんは、鰻屋さんにてんぷら屋さんがあるところは、いかにも東京の古い商店街という感じ。
d0063149_2310486.jpg他に、小倉屋さんというおせんべい工場があった。
残念ながら、日曜日でお休みだったけれど、路地に入ったところにある工場から直接買うことができるみたい。(看板に、「バターせんべい」と書いてあった。)

他、ちょっと路地に入ったところに、東京都の佃煮を作る許可証を飾ってある食品屋さん、パン屋さん、花屋さんはあったけれど、お肉屋さんと魚屋さんはなかった。(と書いたが、コメントで、お肉屋さんと魚屋さんもあることを教えていただいた。)
その他、銭湯もあった。

そのまま歩いても、これ以上お店は出て来ないだろうと思われる雰囲気になってきたので、Uターンして、護国寺方面に戻った。
その後、再び不忍通りに出たのだけれど、通り沿いにも素敵なものがあった。

このお屋敷もとても素敵。
d0063149_2223449.jpg

d0063149_22233627.jpg既に表札もなく、誰が住んでいたのか、何に使われていた屋敷なのかは定かではないけれど、素敵。
鬼瓦というのだろうか、門の屋根の四隅に、逆立ちしている狛犬がいた。

他、「ビストロバンス06140」というビストロがあった。(
確か、ずっと昔、このあたりに、評判のビストロがあり、人から行くように勧められていたのに、行けなかったビストロかなと思ったのだけれど、家に帰ってから調べると、その昔のビストロは「パマル」で、その閉店跡に入ったのが、「ビストロバンス」のよう。
今度、入ってみようかな?

今回は、不忍通りから一本入った道を歩いたが、もしかして、もっと路地を色々歩いたら、もっと面白かったかもと思っている。
今まで行けなかったところに行ってみようと出かけたのに、またまた、もっと深みに入ってしまった。(笑)

しかし、東京って、本当に広くて、本当に面白い。
私が知らない、様々な人間が作って来たものが集まった街がまだまだあるのだもの。
[PR]

by mw17mw | 2012-06-26 22:29 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

Commented by world-easyken at 2012-06-28 01:57
小倉屋のせんべい、かなり美味しいですよ。実は有名店に卸していたりします。
オススメはイロイロなモノが入っている300円のミックスです。
開けてしまう止まらないダイエットには大敵なせんべいです。
商店街に肉屋と魚屋はありますよ。特に魚屋は飲食店に降ろしているようでイイ品揃えです。
弦巻通りは雑司ヶ谷や霊園より低い場所にあるのですが、その昔は川だったようです。
商店街を道なりに抜けると都電の線路に出ます。
線路の先には大鳥神社があったりしますよ。

Commented by mw17mw at 2012-06-28 23:05
>world-easykenさん
小倉屋のミックス、買ってみたいですね。(少し味見して、後は甥にあげてしまえば、どうにかなります)
肉屋魚屋の件は、記事を修正しますね。(ついでに、小倉屋さんの画像も追加します)

あの界隈、古いものばかりで味があって、とても気に入りました。
今度は、都電方面に向かって歩いてみます。
寂れていましたが、雑司ヶ谷界隈では一番面白そうなところだと思いました。