十条のだるまや餅菓子店で「氷いちご」

本日、DMで教えていただいたのだが、昨日、山手線や京浜東北線には踏切がないと書いたが、それは間違いで、山手線は、田端と駒込の間に、京浜東北線は大井町の南の方に、今でも、踏切があるとのことなので、訂正します。

---本題です---

ということで、だるまや餅菓子店の中に入ると、余り暑くない気候に時間が中途半端ということからか、ガラガラで、先客は2組だけであった。

お店の外観は、ビルなのだが、中に入ったら、テーブルや椅子なぞは、(行ったこともない私が言うのも何だが)木造時代のものをそのまま使っているような緩い、飾り気のない雰囲気のお店だった。

店員さんは、お父さん・お母さんと、30過ぎと思われるお兄さんの3人のようであった。
(食べログによると、かき氷を掻くのはお母さんの役割で、この方には掻き方にこだわりがあるとのこと。かき氷の機械が見えたが、電動のよう)

今まで、天然かき氷を求めて色々なお店を回ったが、何と言うか、今まで行ったお店は、新進気鋭のかき氷専門店ばかりだったが、このお店は、そういうタイプではなく、本当に昔の東京の商店街に良くある家族経営の甘味処併設のお団子屋さんであった。

店員が本当に3人だけかどうかは不明だが、お店の正面にあるショーケースに並んでいる、おまんじゅう、お団子、おにぎり、おいなりさん、海苔巻き、お赤飯など、これらを全て時間までに作って並べて、その上、甘いもの屋さんだもの、労働量は相当なものだろうと思った。
d0063149_227101.jpg

で、ここに来る前に、食べログを読んで、高い方の氷いちごに決めていた。
(他のお店の氷いちごと比べられるから)

これが、だるまやさんの「氷いちご(自家製)」
中くらいの量だが、氷の削り方が面となっていて素晴らしい。(柏の三日月さんの次くらいにきれい)
d0063149_2274539.jpg
食べてみると、まるごとの苺が潰されずに入っているジャムのようなシロップであった。(苺がごろごろ入っていた)
ちょっと甘過ぎるけれど、いかにも自家製で、しかも、熟した苺を使って、煮過ぎないように気を遣って作ったことがわかるシロップであった。

その他、写真を取り忘れたけれど、どうせならと、海苔巻きといなり寿司の盛り合わせを食べてみた。
いなり寿司も海苔巻きも小振り。
いなり寿司の油揚げは、東京風に甘味が強いのだけれど、使っている砂糖が多分上白糖なのか、くどくなく、しかも、寿司飯もあっさりした味付けで、美味しく、私好み。
何て言うか、家庭で作るいなり寿司のような感じで、いくらでも食べられそう。

食べ終わって落ち着いて、店内を見回すと、奥の片隅に、ホワイトリカーの保存瓶が沢山並んでいるのを発見。
d0063149_228304.jpg
近づいてみると、梅が沢山漬けられていた。
良く見ると、梅には全て十文字に切れ目が入っていた。(十文字は立体的に)
おばさんが梅に近づいてマジマジと見ている私に気付いて、話しかけてくれた。
「氷に使うために作っているのよ、良く溶けているのが1か月前に漬けたもの、砂糖が全然溶けていないのが3日前のもの」とのこと。
「これ、大変なのよ~。油断していると、すぐ発酵してしまうのだから」とのこと。(その言葉は、梅漬け教室で井上先生から聞いた言葉と同じであった。<笑>)
今、使っているものは、去年の梅のシロップなのだそうだ。

そして、おトイレを借りようと思って、「どこですか?」と聞くと、「事情があって、おトイレは貸せない」とのこと。(笑)
それなら、それで構わないのだけれど、何だか、雰囲気は緩いし、おトイレもない、かき氷だけに集中できない甘味処のかき氷なのだけれど、何て言うかな、全精神・全気持ちをかき氷に集中させることはできないけれど、自分たちなりに集中できる時には、できるだけ、かき氷にこだわりを詰め込んでいるお店のように感じた。

美しい面で削る氷や、忙しいから、生のいちごのシロップは無理だけれど、その代わり、丁寧に煮て作っておいた苺のシロップ、一つひとつ切れ目を入れて仕込んだ梅シロップを使うことでそれを感じた。

何だかな~、このお店は、外見とか雰囲気からすると、緩い、時代遅れのお店なのだけれど、実は、自分たちなりに志を高く持って商売をしていると感じた。
(だから、東京のかき氷というと、多く名前が出るお店なのだと納得)

おばさんが最後に、「苺、美味しかった?甘過ぎた?」と聞いてくれたので、「ちょっと甘過ぎたけれど、美味しかったですよ」と答えて、お店を出た。
その聞き方が、「褒め言葉」が欲しいからではなく、「できるだけ、良いものを作りたいから」聞くという真剣な感じがして、この姿勢も素敵だった。
[PR]

by mw17mw | 2012-06-25 22:11 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by cookeiyoujk at 2012-06-26 09:13
マリンバさん 井上です。十条を堪能してくださったようで嬉しいです。真夏になるとだるまやさんは長蛇の列で、ほとんど他から来た人のようです。おばさんが他の人に話していたのを聞いたことがあるんですがかき氷の通の人は季節を少し外してくるそうですよ。
そうそう梅サワーもマリンバさんの近所でかき氷だけ買って食べてみたらいかがかしら?夏の感想が楽しみ!
Commented by mw17mw at 2012-06-26 22:33
>cookeiyoujkさん
十条、ゆっくりは見れなかったですが、面白かったですよ。
そうでしょうね、あの価格のかき氷、きっと地元民は食べないだろうなと思いました。
今度行くことがあったら、今度は、自衛隊基地の方を歩きたいです。

梅サワー、今、重石になっていたのですが、井上さんのアドバイスを見て、舐めてみました、かき氷に合いそうな味でした。
もうちょっと暑くなったら、やってみますね。