合羽橋界隈-「Waffle Cafe Y」

cawa-jさんは、テレビで見た「ココシザーズ」というまな板が付いているキッチンばさみを合羽橋で買いたいとのこと。
(私もちょうどその番組を見ていたので、どんなものか見てみたかった)
何軒か見たけれど、どこにもなく、結局、彼女が一番仲良しのNioさんに取り寄せを頼んで終り。

その後、どこかでお茶しようということになって、新しい自転車屋さんのカフェに行ってみたが、ここは本当に飲み物しかなかったので、何となく甘いものが食べたかった私は、Waffle Cafe Yに行ってみようと誘った。

d0063149_22322979.jpgcawa-jさんと待ち合わせしたのが1時だったので、私は昼食を済ませていたが、彼女はお昼食べ損ねていたとのこと。
Cafe Yに入ったのは2時過ぎていたのだが、まだ、ランチメニューが食べられるとのことで、Cawa-j さんだけ、ご飯を食べることになった。
私はおせっかいに「Waffle Cafe Yと言ったら、絶対スープカレー」と世話を焼く。
(彼女はWaffle Cafe Yには一度入ったことがあるが、ワッフルを食べただけとのこと。)

その日のスープカレーは、鶏レバー。
d0063149_22325858.jpg
ここのスープカレーは、まず容器が素敵、そして、盛り付けが今風で本当にオシャレでしかも美味しそう。
食べ始めたcawa-jさんは、スープカレーのスパイシーな美味しさと、鶏レバーがとろけるように柔らかく焼かれていることに感激。
美味しい、美味しいと食べていた。

私は、お腹は空いていなかったので、甘くて冷たいものを食べることにしたけれど、まだ季節ではないせいか、いちごのワッフルパフェか、普通のワッフルにアイスクリームを乗せたものしかなかったので、苺のワッフルパフェをチョイス。
d0063149_22362367.jpg
苺が良く熟れていて美味しかった。器の中には、ワッフルを細かく刻んだものが入っていた。
(量もそんなに多くないし、900円は高いかなとも思うし、相場かなとも思う。)
もうちょっと暑い季節になれば、このお店は、かき氷を始め、色々なフルーツと組み合わせたかき氷が出てくるはずなのだが、今くらいの季節でももうちょっと冷たいスイーツのメニューがあればいいのにね。

cawa-jさんは、ずっとスープカレーに感激していた。
このお店は、結構隠れた「こだわりの料理を出すお店」だと二人の評価が一致した。
こだわっているから、鶏レバーなぞも、注文を受けてから焼くし、カレーと言っても、注文してから料理が出てくるまでの時間は決して早い方ではない。
こだわりのお店はそこが難しいねと二人で話す。

結局、この日は、「すぐできるのなら、カレーを注文したい」とお店の人に話したら、「すぐって、何分くらいですか?」というので、一応「10分」で交渉。
そうしたら、調理場の人が「大丈夫です」と言ってくれたが、私たちの後に結構次から次にお客さんが入って来たから、調理場の人は大変だったかも。(どうもカウンターの中の調理場には、人が一人しかいないみたいだから、お茶からコーヒーから食事から、全てその人がこなさなくてはいけない)

でも、だいたい、15分くらいで、最高の状態でスープカレーが出て来た。
ま、余計な御世話だが、急ぐ時は、お店の人にそのことを伝えてから注文した方が良さそう。
そのことだけ注意すれば、本当に美味しくて、良いお店だと思う。
合羽橋界隈でランチするには、一番のお勧め。

Waffle Cafe Yのページ
[PR]

by mw17mw | 2012-05-20 22:49 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(0)