御徒町界隈-台東区台東の富白で鶏塩タンメン

d0063149_16322582.jpg2,3か月前に発見していて気になっていた新しいラーメン屋さんに行ってみた。(今年の1月オープンしたお店のようだ)

場所は、佐竹商店街の一番南端を昭和通り方面に進んで、昭和通りに出る直前右側。(以前、立ち食い蕎麦屋さんがあったところ)
駅で言ったら、日比谷線仲御徒町が近くて、徒歩5分くらい?

お店の前にメニューが貼っていあるのだが、「鶏塩ラーメン」とか「鶏ぶた塩ラーメン」「鶏塩タンメン」とか、鶏と塩にこだわっているようだ、そのお店の名前は「富白」(とみしろ)
(ラーメンとタンメンの他、辛タンメンがあるもよう)

で、1時に家を出て用事をこなして、1時半頃着いたのだが、初めて中に入ってみると、お店は小さくて、カウンター6席に、店員さんもなしのご店主一人のお店であった。
d0063149_1633180.jpg
そして、何とその時点で、「鶏塩ラーメン」は完売だった。(涙)
鶏塩タンメンはあるとのことで、それにしてみた。(豚がつくと、チャーシュー入りになるみたい)

小雨が降りそうな空模様の日の1時半で行列はできていなかったが、途切れずお客さんが入って来たので、人気があるお店だと思う。

オープンキッチンというか、ご店主の全ての作業を見ることができる作り。
大量のもやしやキャベツが大きな中華鍋で炒められ、そこに、鶏のスープらしきものが入って暫し煮立たせられていた。
その間に、中華麺を茹でて、丼に移し、野菜とスープを入れて出来上がり。
d0063149_16334290.jpg
食べてみると、肉系のものは、小さな鶏つくね団子が3つ入っていた。
その他は、野菜と太い中華麺のみ。
鶏のスープ味がとても美味しく、タンメンなので、そこに、野菜のエキスが溶け込んだような味であった、美味しく満足。
(普通のタンメンのスープより、やはり、鶏の美味しいスープの味が濃く感じられるところが良い)

中華麺は、浅草開化楼のものとのこと。
タンメン向きということで、本当に太かった。

やはり、普通のもうちょっと細麺であろうラーメンを食べてみたかった。(野菜の味が加わらない、このお店独自の鶏スープが飲んでみたい)

しかし、1時半で完売してしまうということは、もっと早く行かねば食べられないわけで、そうなると普段の日は無理なので、土曜日に食べに行ってみたいと思う。
[PR]

by mw17mw | 2012-05-13 23:22 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)