目白界隈-江古田まで行った帰りに、目白の志むら

目白台の目白通りをフラフラしていたら、バス停があった。
大きく「練馬車庫前」と書かれており、へ~、目白台と練馬は近いのだと思い、停まるバス停一覧を見てみたら
d0063149_1918511.jpg
あら、ま~、「目白台三丁目」と書かれているこのバス停からバスに乗れば、あのパーラー江古田のある江古田まで行けることを発見。
他にも、鬼子母神にも目白駅にも行けるし、便利で面白そう。(私が行ったことのないところ・詳しくないところに行けると言う意味で)
この路線、時刻表を見ると、本数が多いし、その日は、都バス一日乗車券を持っていたので、早速乗ってみた。(終点まで19駅片道40分くらいのようだし)

バスは、余り混んでいない目白通りをずっと進み、知らない街をバスの車窓から眺められて満足であった。(学習院と武蔵大学のキャンパスがきれい)

目的のパーラー江古田には、「江古田二又」という停留所で降りて、10分くらい歩いて着いたが、当たり前と言えば当たり前なのだけれど、午後三時半頃、パーラー江古田に着いてみても、パンは一つも残っていなかった。
焼き菓子は若干残っていたけれど、う~ん、「また、来ます」と言って引き返した。
徒労に終わったが、江古田への新しい交通手段を発見できて満足、でも、本当にパンを手に入れようと思ったら、午前の早い時間に着かなくては無理だということも実感できた。

このバスの旅、終点まで行くと、その手前で武蔵大学のキャンパスも見れて、とても良いけれど、「パーラー江古田の場所を知っていて、そこに行きたい」とか「マイマイに行きたい」(マイマイは、江古田二又という停留所にとても近い)という目的がない人には、関係ないかな?
でも、窓から見慣れぬ景色を見ることが好きな人にはお薦め。

(つまらない話だが、西武池袋線の「江古田」は「えこだ」と読み、その周辺の練馬区の地域は「えこだ」を名乗るとのこと。<1960年まで「江古田町」という地名であったとのこと>
そして、中野区には、今でも、江古田という地名があり、そちらは「えごた」と読むそうだ。だから、中野区江古田にある大江戸線の「新江古田」駅は「しんえごた」と読むとのこと、ややこしい。そのことについては、このページに詳しい。)

今まで、江古田というと、池袋で西武線に乗り換えなくてはならず、行くのが面倒だと思っていたけれど、文京区からバスに乗れば、近いのだと発見。
私は、お墓参りに行く時なぞ、都バス一日乗車券を買うから、それを利用して、上手に時間をやりくりし、パーラー江古田にパンを買いに行きたい。

また、江古田二又から、バスに乗り、目白駅に戻って、志むらに行ってみた。
d0063149_21263084.jpg

志むらって、「古くからの和菓子屋さん」と聞いていたので、勝手に、木造家屋の古びた和菓子屋さんを想像していたら、全く違って、きれいな近代的なビルであった。
お店の前には、「氷」の旗がはためいていて、もう氷が食べられるようだ。
2Fの喫茶室でメニューを見ると、氷は三種類。
d0063149_2127259.jpg

お店の人に、どれが一番ですか?と聞くと、やはり、志むらの氷と言えば、生いちごとのことで、生いちごにしてみた。
また、ちょっと小腹が空いていたので、白玉のトッピングを頼んだ。

で、出て来たのが、下記の写真。
d0063149_2125171.jpg
普通、かき氷は、円錐形やドーム型に盛られてくるけれど、ここの氷は、それを真ん中から縦に割った半分の形であった。
深いお皿の半分にかき氷、半分が生いちごが入った生いちごシロップ。

食べてみると、氷はふわっときめ細かいタイプ。
器の半分に広がるシロップだけを食べてみると、完全に常温。
そのシロップを氷にかけては食べると、苺の温度が冷蔵庫で冷やしたくらいになってちょうど良いのだ。(冷え過ぎていない)

以前から、生なり、冷凍の苺なりで作ったシロップのかき氷を他のお店で2,3回食べたけれど、一つとして美味しいと思ったものがなかったのだが、志むらのは、美味しかった。

私の頭の中には頑固に、「美味しい苺とはこういう味」とイメージが出来上がっており、志むらの苺のシロップはその私のイメージに重なる味であったのだ。

私が思う「最高の苺の美味しさ」は、「完熟していて、しかも冷蔵庫で冷やしたくらいの冷たさ」なのだ。
常温よりも、冷凍よりも、冷蔵庫で冷やした苺が好き。(だから、苺狩りに行って、30度以上の温室でもぎ取ったばかりの常温の苺を食べているところがよくテレビで見るが、あれが美味しいとは思えないのだ。←だから、苺狩りに行ったことがない。)

それが志むらさんでは、私の思う「最高の苺の美味しさ」をかき氷で実現していた。
常温のシロップと氷が並んでいて、自分でスプーンで、この2つを混ぜながら食べると、ちょうど冷蔵しておいた苺の温度になるのだ。
それを発見して、とても感激、思わず「このお店とは友達になれる」と思ってしまった。(笑)

そして、不思議なことに、氷もそれ程温度が低くないし、苺シロップも常温なのに、食べる最後になっても、びちゃびちゃの水たまりができないこと。
H堂は、食べているうちにどんどん氷が溶けて、冷たいお水だらけになり、それをストローで吸うことになるのだけれど、志むらの氷はそういうことが全くない。

何だか、とても気に入った。
が、欠点というのではないけれど、ここの苺のシロップは、殆ど酸味を感じない作りで、生の苺の味わいはあるのだけれど、全体、甘めの仕上がり。
苺に甘酸っぱさを求める人には向いていないと思うけれど、私自体は、甘いのも甘酸っぱいのもどちらでも大丈夫なタイプなので、酸っぱさがなくても問題なし。

氷が溶けないことと甘めのシロップは何か関係があるのだろうか?

いや~、とにかく、かき氷に使う苺の扱いについて、私の不満に応えてくれるお店をはじめて発見して、大感激。
生いちごを使ったかき氷って、初めから、生いちごのシロップをかき氷の上にかけて出てくることが多く、それだけで、苺が冷凍された温度になっていることが多い。
(もしくは、生いちごシロップが別添えとしても、冷蔵しておいた冷たい温度だったりするから、結果は同じ)
それでも、美味しいと言う人も多いけれど、私はどうもその状態だと、本来苺が持っている味わいが消えていて、物足りないと思うのだ。

その点、志むらさんの苺の扱いは、苺の美味しさに関する考え方が私と同じだからこそと思えて、心が通じ合っているように感じ、本当に親近感が湧いた。
(そのついでに、今後、飲食店を評価する時に、「お友達になれる」「お友達になれるかな?」「お友達になれない」で評価しようかと思っている)
[PR]

by mw17mw | 2012-04-30 21:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(8)

Commented by ケイト at 2012-05-01 01:35 x
ご無沙汰しています。
いろいろな方が読んでらっしゃるでしょうから
わざわざ私が指摘するのもどうかなと思ったのですが
いささか気になったので書きます。

武蔵野大学というのは西東京市にある
全く別の大学です。
江古田にあるのは武蔵大学でして開成・麻布とともに
男子御三家の武蔵中・高と同列校です。

それから江古田はえこだともえごたとも読みます。
中野区はえごた、練馬区はえこだです。
なので練馬区にあるパーラー江古田はぱーらーえこだなのです。
Commented by DIACKO at 2012-05-01 07:15 x
この路線は思い入れの深い場所ばかりです。「牛込柳町」は母方の祖母(松陰神社前の家を残してくれた人)の亡くなった東京女子医大の最寄バス停、「鬼子母神前」は父方祖父の縁のある方で私にとっては祖母代わりの人が最期に入院していた特老の最寄駅、「聖母病院」は私の生まれた病院です。そういう思い出をちび子に教えながら散歩して氷いちごを食べられればいいな・・と思いました。
Commented by love-t_k at 2012-05-01 15:13
志村に行かれたんですね
氷イチゴ美味しいでしょ!
私も最初食べた時は驚きました
Commented by mw17mw at 2012-05-01 18:59
>ケイトさん
こちらこそご無沙汰しております、お元気そうでなによりです。
また、ご指摘有難うございました。
これから内容を修正しますね。

江古田は、「なるほど」と思ったのですが、現在、練馬区には「江古田」という地名がなくて、駅名がえこだで、その周辺の練馬区の地域は「えこだ」を名乗っているのですね。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/江古田に詳しいです)
(今まで、私が江古田にあると思っていたMaimaiとパーラー江古田は、実は江古田という地名のところにないことが今頃わかりました)
そして、中野区には今でも地名の江古田があり、「えごた」と読むのですね。
で、私が江古田を「えごた」と読むと思ったのは、江古田周辺にある住居地図を見たら、「Egota」と書いてあったのです、それと、都バスの停留所名も、きっと、住居表示から取るだろうから、多分、えごたと書いてあったと思います。
どちらにしろ、ややこしいですね~。
文京区水道と新宿区水道町よりややこしい。(笑)
ご指摘有難うございました。
また、Maimaiとパーラー江古田を案内していただいたことも感謝しております。
Commented by mw17mw at 2012-05-01 19:03
>DIACKOさん
わ、そのコース、親子で昔の思い出話(おじいさんはこんな人で)を教えながら回ったら、とても素敵です。
(バスで景色を見ながらの方が思い出話がちび子ちゃんの頭に楽に入りそう)
志むらは、お赤飯弁当もあったし、とてもお勧めです、是非実現されればと思います。
私もそのうち、お赤飯弁当も食べて来ます。
Commented by mw17mw at 2012-05-01 19:05
>love-t_kさん
本当、美味しかったです、感激してしまいました。
家が近かったら、本当に通ってしまいそうでした。
Commented by world-easyken at 2012-05-02 01:15
志むらの赤飯弁当美味しいですよ。
かき氷は近所なので毎年食べに行ってます。
生イチゴが一番人気ですが、季節のフルーツのシロップもあったりしてオススメです。
自分のBlogにも写真が上がってますよ。
駅直ぐのマクドナルドの地下にある酒屋の田中屋も一度は見て欲しいです。
圧巻ですよ。
Commented by mw17mw at 2012-05-02 23:06
>world-easykenさん
志むらの赤飯弁当、何も着かない赤飯弁当と六角赤飯弁当があって、両方食べるべきかなと思っています。
六角の方は、デザートつきと書いてあって、ただの赤飯弁当は、あんみつが300円だったと思います。
どちらから、食べようかな?

季節のフルーツのシロップもあるのですか、わ、私が行った時にあればいいのですが。
はい、田中屋も気にしてみます。