両国界隈-浪花家本店-ソース焼きそばとたい焼き

1月初めの桃猫さんの「麻布十番 浪花家総本店の焼きそば」を読んで、ずっと美味しいソース焼きそばが食べたくなっていた。
(美味しいソース焼きそばって、ありそうでなくて、巡り合うのが難しいのだ。)

d0063149_1244175.jpgが、私にとって、麻布十番は余りに遠い。(というか、焼きそばのためだけに麻布十番に行くのは面倒)
その時に、「確か、両国の浪花家さんも、店の中に食べるところがあって、そのメニューの中に確かソース焼きそばがあった」と頭に浮かんだ。

で、一回だけチャンスがあって、土曜日に行ってみたのだが、土曜日のラストオーダーは午後1時半とのことで、2時過ぎに行ったので、食べられなかったのだ。

築地の帰り、両国の図書館に行く用があったので、両国で降りて、図書館の帰りに、浪花家さんに行ってみた。(以前から前は良く通っていたが、入るのも買うのも初めて)

d0063149_12444784.jpg
で、中に入ると、麻布十番との関係などの図が飾ってある。
私はてっきり、両国のお店は、麻布十番からの暖簾分けかと思っていたら、違っていた。
何でも、創業者がいて、そこで修業をした兄弟子が開いたのが麻布十番店で、両国は、弟弟子なのだそうだ。

そして、両国のお店は、明治42年とのこと。
明治42年の創業だったら、きっと、たい焼きは、麻布十番と同じでも、焼きそばは、それぞれ独自製法だろうなと思いながら、ソース焼きそばを注文。

両国の浪花家さんは、老齢の奥さんと旦那さんと思われる人、そして、息子さんと思われる人2人の家族経営のよう。
お店の前面で、表から見えるようにたい焼きを焼く場所があり、中間がイートインコーナーというのだろうか、4人用のテーブルが3つあった。(が、一つはオーナー専用のよう)
で、一番奥に、焼きそばなどの料理を作る調理場であった。

d0063149_1246254.jpg焼きそばは、量的には少ないけれど、ま、450円だから、こんなものかなと思う。
丁寧に焼かれていて、不味くはないけれど、若干、油が多い感じ。
(しかし、こんな油と炭水化物ばかりの料理を食べる気になれたのも、「食べる順番ダイエット」を知ったおかげと感謝)


その他、持ち帰りで、たい焼きを一つ包んでもらって、家で食べた。(包んでもらった時は、熱々で、袋の上から触ると、皮がバリバリであることがわかった)

このお店の貼り紙に、「たい焼きを店内で食べる時は、2個以上でお願いします。(他に注文がある場合は一個でも可)」みたいなことが書いてあった。

d0063149_12463162.jpg私の場合、焼きそばを注文したから、一個でも店内で食べられるのだが、席についてすぐに出て来たのが、常温のお水であったし、たい焼きを店内で食べると言ったら、お茶が出てくるような雰囲気でもなさそうに感じた。(ま、本当のところはわからないけれど)

この前の土曜日の雨が降っている気候だったら、やはり、熱々のたい焼きには熱いお茶が欲しいところ。

家に帰ってから、オーブントースターで温め直して熱いお茶とともに食べたが、皮がバリバリで、中の餡子も、甘過ぎずでちょうど良い甘さで美味しかった。
数年前、麻布十番のたい焼きを一度食べたことはあるが、似ているかどうかは全く分からなかった。
たい焼きの方がお勧め、たい焼きはリピートすると思う。

ソース焼きそばについては、チャンスがあったら、麻布十番で食べてみたい。
[PR]

by mw17mw | 2012-02-27 12:48 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by 桃猫 at 2012-02-27 22:38 x
これまで下町のヤキソバで美味しいと思ったのは、浅草寺境内で食べたテキ屋のものでした。浅草と言えば、メトロ地下街のなかにある、福ちゃんのソースやきそばとか、、田原町駅前にある仏具屋隣の花家さんのヤキソバとか、どうですか?お気に召されませんか?
Commented by mw17mw at 2012-02-28 12:45
>桃猫さん
田原町の花家さんは一度食べたことありますが、う~ん、余り印象良くなかったです。
福ちゃんは未訪なので、今度、試してみます。
小さい時、ソース焼きそばが大好きだったのですが、若くて、脂肪と糖分を欲していたからでしょうか?
今、おばさんなので、油の味が目立つものが苦手になりつつあるのかも。