浅草界隈-雷門「TSUKIMISO」でランチコース

同業者の女性たちと、雷門のTSUKIMISOで、会食をして来た。(食べログ情報はこちら

TSUKIMISOは、例えば、並木の薮とか、ヨシカミみたいな「浅草を代表する飲食店」というイメージはないし、全国的に有名ではないけれど、結構地元民には人気がある店のようだ。
d0063149_1249392.jpg
というけれど、私も2,3年前まで、名前も知らなかった。
しかし、今回ご一緒した方々で、初めてだったのは私くらいであった。(どうも、町内会の婦人会などで利用されることが多いお店のよう)
アド街的に言ったら、「浅草マダム御用達のお店」という感じかな?

場所は雷門から右側を歩いて行き、並木の薮の数軒手前。(写真奥の行列は並木の薮のもの)

和洋折衷の洋食を出すお店で、素材が良いことに定評があり、名物は、「鮑のステーキ」とか。
(今回出なかったが、お店の前の黒板に、4500円と出ていた。また、鮑のステーキの入ったコースは夜の6300円のようだ)

全体ちょっとずつのコースで、最後まで食べ終わると、女性ならちょうど良い程度の量、男性だと足りないかなという量であったが、素材も良いし、全て優しい味付けの料理だったので、一定レベル以上のお店だと思う。

もし、お金に余裕のある両親と一緒に浅草に行った時など、非日常的な落ち着いた空間でゆっくりできるし、きっと喜ばれるお店だと思う。

d0063149_125439100.jpgコースの最初は、鰤のカルパッチョ。
鰤の質が最高であった。
(洋食のコースだから、野菜ベースの前菜から始まれば良いのだが、そうでない可能性も高いと思って、このお店に入る前にファイブミニを飲んだのだが、正解であった。)







d0063149_12551378.jpgその次が、さつまいものポタージュ。
甘いけれど、ごく普通に美味しい。










d0063149_1255364.jpg次が、真鯛のポワレ、紀州南高梅ベースのソース添え。
鯛が甘い魚であり、梅干しベースのソースが良く合っていた。
手前の茶色いハートは、牛蒡の斜め薄切り二枚。








d0063149_1256437.jpgこれは、多分、ヒレステーキ。
周囲にベーコンが巻いてあったこともあり、脂が少ないヒレながら、物足りないことはなく、とても美味しかった。
焼き加減もちょうど良かった。
(焼き立てではなく、生温かい温度だったから、焼いた後、少し置いておいて中の肉汁がちょうど落ち着いた頃だったのか、厚いステーキは、そういう食べ方が美味しいと思う。)
お料理としては、このステーキが、「この日の一番」かな?




d0063149_12563860.jpgデザートの前の〆として、海老の炊き込みご飯にお味噌汁、香の物が出た。
ご飯、ほんのちょっと。(笑)






d0063149_1257548.jpgデザートは、いちごのヨーグルトムース。

これで、4200円だとか。(他、個室を借りると使用料5千円なのだが、場所代のみではなく、ウェイターが一人ついてくれて、サービスしてくれるサービス料込で5千円)
高いのか、安いのか良くわからないけれど、ま、こんなものかなという感じ。
(どちらにしろ、繁華街の浅草は高い)

パンは、ペリカンのバターロール1つずつ、追加できないみたいなのが不満。

浅草の喧噪とは正反対の静けさで、上質な素材のオシャレな盛り付けの料理を食べられて、中高年の女子会に向いていると思った。(大食漢には向かないお店であることは確か)

他、このTSUKIMISOさんの姉妹店が、浅草公会堂近くの「」というお店だそうで、ここも評判が良いみたい。

さて、体重だが、最初にファイブミニを飲んだおかげか、その晩の体重も次の日の朝の体重も、前日と変化なかったのだ。

ま~、そんなに重いランチではなかったし、夜も余り食べなかったからとは思う。

でも、本当に食事の前に、野菜や海藻などの食物繊維をちょっと食べておくって、ものすごい効果があると実感している。

何で、今頃、わかったのだろう?
もっと早く分かっていたら、こんなに苦労しなかったのに。
[PR]

by mw17mw | 2012-02-19 22:36 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)