新御徒町界隈-天婦羅みやこしで、ランチ

d0063149_17553933.jpg今日は、仕事関係友達、天ぷら好きのKさんと一緒に、近所の「天婦羅みやこし」にランチに行って来た。

前回、天ぷら福岡に行った夜、体重計に乗ったら、体重に変動がなく、天ぷらを食べても大丈夫だと思って、第二回目となった。
ためしてガッテンで言っていたけれど、プロの職人がプロの道具(太い天ぷら用の菜箸)を使って揚げた天ぷらはカロリーが低く、素人が自分勝手な道具(細い菜箸)で揚げた天ぷらは、揚げている最中、衣が破れて、そこから揚げ油が本体内部に入り込むので、カロリーが高いのだそうな。

みやこしは、余りに近所であり、また、天ぷらは高カロリーというイメージがあるので、殆ど行ったことがなかった。
(確か、開店したばかりの時、お付き合いで天丼を取ったことがある記憶がある)
もう開店して何年になるのか?
多分20年くらいではないかと思う。

確か、上野広小路の天ぷらの名店、天庄で修業されたみやこしさんが、自宅で天ぷらのお店を開店されたと記憶している。

で、行く前に食べログを調べたら、評判は上々、また、昼は、千円のランチがあるけれど、そのサービスランチではなく、二千円のものを食べないと、実力が分からないと言うことが参考になった。

お店の戸をがらがらと開けると、広々とした店内が広がる。
L字型の立派で広めの白木のカウンターに10席くらいの椅子が並ぶ。
我が家の方のお店にしては、余裕のあるつくり。

カウンターの中の厨房手前で、宮越さんが天ぷらを揚げ、奥の方で、魚を仕込んでいる若い人が作業をしていた。
d0063149_17571698.jpg


で、メニューを見ると、通常メニューしかなかったのだけれど、確か、食べログに、千円のランチもあると書いてあったので、お茶を持って来てくれた人に確認すると、確かにあったので、千円のランチにする。(あ、でも、お会計の後、千円ではなく、950円のランチであることが判明する)

ご飯に、しじみたっぷりのお味噌汁、香の物が運ばれて来た。

今回はカウンターだから、揚げ立てが次々と供されるよう。

d0063149_17574418.jpg最初は、イカ。
多分、紋甲イカか、スミイカの肉厚タイプ。(イカだけ、ちょっと揚げ過ぎの感じがした。)
天つゆは、うすめで、最初のうち、味が良く分からなかったくらい、醤油味が薄いように感じた。

次が、海老が2尾にキス。d0063149_17584298.jpg
海老は、先日食べた福岡さんより大きい感じ。
多分、福岡さんのところは、細巻にこだわっているから、すごく細いものが出たが、みやこしさんは、サービスランチの海老に細巻を使うことをこだわっていないのかも知れない。
多分、細巻ではないのではと思ったが、十分美味しかった。

キスは軽くて美味しかった。

d0063149_175946.jpg野菜は、ナスと蓮根、その他、穴子。
野菜も厚く切ってあり、野菜の青臭さが若干感じられる揚げ上がりで、とても美味しく、穴子も満足。

最初、薄めと思った天つゆも、食べて行くうちに、口の中でちょうど良い濃さに感じられるようになった。

衣は、薄めでかりっとしていた。
衣より、素材の良さを引き立てた天ぷらで、油も上質なのか軽く、二人とも大満足。
(天ぷら好きで天ぷら屋に詳しいKさん曰く「戸を開けた瞬間の香りで、このお店の天ぷらは絶対美味しいと思った」とのこと。)

その上、最後に柚子風味の小さなアイスクリームが出て、終り。

千円のサービスランチでもこんなに美味しいのなら、二千円以上の天ぷらはどんなに美味しいだろう?(一度、二千円以上を食べてみたいが、一度、二千円以上に手を出したら、千円に戻れなくなりそうで、怖い。<笑>)

みやこしさん、人気があるとは聞いていたけれど、実際に千円ランチを食べてみて、ものすごく納得した。
とても良い天ぷら屋さんで、価格も一流の天ぷら屋さんに比べて、入りやすい値付け。
推薦できます。(食べログでも、東京の天ぷら屋さん部門第9位のお店)

その他、みやこしで修業をされた方が、合羽橋道具街から言問通りを渡ってそのまままっすぐ5分くらい進んだところに、「天ぶら 大塚」を昨年オープンしたとのこと、ここも行ってみたい。
[PR]

by mw17mw | 2012-02-13 18:00 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)