岩木屋の「直火焼りんごカレー・ルー」

d0063149_22535922.jpg夏に従姉からもらった、青森から取り寄せたという「岩木屋の直火焼りんごカレー・ルー(中辛)」を、賞味期限が長いことを良いことにし、食べるのを遅らせていた。

で、年末に、ダイエットの身には、カレーを作って食べ続ける行為はきついので、薄めのカレースープとかカレーシチュウにして食べたらどうかな?と思い付いて、作ってみた。
カレーなら、ご飯だけれど、カレースープやカレーシチュウなら、パンが合うと思い、トーストと一緒に食べたら、大当たりであった。

この岩木屋のりんごカレー・ルーは、本当にりんごの香りと味が濃く、ご飯でも食べたことがあったが、私としては、「より、パンに合うカレー」だと思った。
(ご飯と一緒に、余りフルーティーなものを食べるのは、私の好みではない)

で、それ以来、岩木屋のりんごカレー・ルーがなくなりそうになると、買いに行っている。
何と言うか、トーストを浸しながら食べると、本当に美味しいのだ。
(このカレーでカレーパンを作ったら、さぞ美味しいと思う)
この岩木屋さんのりんごカレールーは、今まで一切カレールーなるものを使わなかった私が、使い切っているばかりでなく、リピートしている記念すべきカレールーとなった。

私の知る限りでは、飯田橋の「あおもり北彩館東京店」と、新富町の「青森特産品センター」では確実に扱っている。
(他、一度、谷中よみせ通りの路地にある「かなかな」でも見かけたが、かなかなさんは、今年に入って二度店の前まで行ってみたが、いつも閉っている。HPやブログは生きているので、営業しているのかな?もし、営業していたら、ここが一番買いに行きやすい)

その他、岩木屋さんのページを見たら、通販でまとめ買いをすると安くなるみたい。

どうやって作っているかと言うと、人参・じゃがいも・玉ねぎを小さめのカレー用に切って、キャベツの葉を3~5cm角、キャベツの芯を薄切りに切って、お肉はダイエット中につき100g程度。
(何故、キャベツを入れるかと言うと、減らしたいからという理由が一番、第二に食物繊維を摂りたいからだが、カレーの中に入れて煮たキャベツというのは、無個性で、柔らかく味の邪魔にならないで結構美味しいからでもある)
これらを少量の油でじっくり炒め、お水を500~600cc入れて、煮込むのだけれど、アクを取った後は、保温状態にして、野菜を柔らかくしている。
で、野菜が柔らかくなったら、このカレールーの半袋を入れて味見して出来上がり。
これを4,5回に分けて、食パン8枚切り半分のトーストが最近の私の夕飯、毎日食べても飽きないのだ。(メーカーの推奨する作り方は袋に出ている)

このカレールーの欠点は、カロリーが載っていないこと。
今日、このカレールーと名前と見かけがそっくりの「コスモ直火焼 りんごカレー・ルー」のページを探したら、コスモさんの場合、470kcal/100gとわかった。
きっと似たようなものだろうと、一袋の半分を4回に分けて食べたらで、計算したら、カレールーだけで、1回100kcal食べていることがわかり、ゲホッ。
ちょっとダイエット中の身としては、カロリーが高いかも知れない。

もっとお水を増やして、半袋を6回くらいに分けて食べるとか、工夫しながらも、食べ続けたい。
きっとナンで食べても美味しいカレーだと思う。

良くスーパーで見かける「コスモの直火焼りんごカレールー」は、以前一度試してみたことがあったが、甘口だし、青森のカレールーとは、パッケージ等は似ているが、味的には全く別物であった。
[PR]

by mw17mw | 2012-01-30 22:54 | 食材・食材のお店 | Comments(0)