キャロットタワー・下高井戸でお買いもの

さて、世田谷城址見学を終え、違う道を歩いてみようと言うことで、宮の坂駅の次の上町駅まで歩いて、そこから、三軒茶屋まで、世田谷線に乗った。

何せ、生まれて初めての世田谷線であったので、次回また乗るとは限らないので、どうせなら、今回全線乗りたいという私の希望からだ。
また、私は未だかって、三軒茶屋に降り立ったことがないので、一度、足を踏み入れたいと思っていた。(田園都市線で、地下を通ったことはある)

専用線路を走るということで、車外の風景は都営荒川線と似ていると思った。
大きなビルがなく、小さな家が続く住宅地であったが、三軒茶屋に近づくに連れ、三軒茶屋方面に壁のようなビルが沢山見えて来た。
三軒茶屋だけが商業地域で、ビルの高さ制限がないのだろうか。

d0063149_21361519.jpgで、三軒茶屋駅は、キャロットタワーの中にあり、電車はビルの中に吸い込まれていった。
そこは、引き込み線のとても現代的で素敵な駅であり、最近の世田谷線は、車体が黄色だったり、緑だったり、青だったりするのだけれど、垢抜けたデザイン。
「そうか、このカラフルでモダンなデザインは、新しい三軒茶屋駅に合わせているのね」とわかる。(ということは、三軒茶屋駅以外の駅には余り似合わない)

で、キャロットタワーの一番上は展望台になっているとのことで、最上階に上がって、周囲を見たのだが、あいにく雨模様の天気ではっきりは見えなかった。
最上階は、半分がレストラン、どうも都心方面(丸の内・銀座など)の夜景がきれいそうな方面は、レストランに入らないと見えないようであった。
ということで、新宿の超高層ビル街から先程の豪徳寺近辺を見下ろし、二子多摩川方面を確認して終り。
展望台の地図によると、天気が良ければ、富士山が見えるとか。
文京区役所の展望台より、こちらの方がずっと近いから、良く見えるかも。

d0063149_21365891.jpgキャロットタワーしか行かなくて、「三茶に行った」と言えるかどうか微妙だが、また、世田谷線に乗って、下高井戸へ。
下高井戸で残念だったのは、友人推薦のたい焼き屋「たつみや」さんが、お店の前まで行ったのだが、お休みで食べられなかったこと。
何でも、地元では大人気なのだそうだ。(今度ね)

d0063149_2139378.jpgそして、駅前の市場に向かう。
下高井戸には、戦後発展したと思われる軒先と軒先が重なってできたようなアーケードの市場がある。
私はこういう市場を一番最初に見たのが、兵庫県西宮市の甲子園口というところだったので、関西独特のものかと思い込んでいたのだが、その後東京に戻り、京王線沿線に勤務するようになったら、下高井戸にもあってびっくり。(そうしたら、去年、下北沢にあることも知った。)
きっと、関西だからとか関東だからというものではなく、全日本の古い古い地域では、良くある形態なのだろう。

d0063149_21474592.jpg友達の案内で、昔懐かしい市場を歩いたのだが、友達が、私が良く行ったミートショップ伊藤に日の光が当たるようになったと聞いて、「?」だったが、行ってみてわかった。
ミートショップ伊藤の前のカルディが入っていた建物が、耐震性の関係で取り壊されたとのことで、ミートショップ伊藤さんの前が空き地になっていた。(右下の写真のオレンジ色のひさしが「ミートショップ伊藤」さん)
その後、カルディは、駅前の方に移転し、きれいになってしまったし、その先にあった、とても良く売れる魚屋さんは、やめてしまったそうだ。
何だか、駅前マーケットは、以前の半分の規模になってしまったイメージ、淋しい。(それにしても、下高井戸は、駅前マーケットも商店街も、他に比べると、相当元気!)

12,3年前の下高井戸のカルディは、今の駅ビルにあるようなカルディではなく、何て言うのだろう、合羽橋の本間商店の入り口でコーヒー豆を扱い、店の奥にお菓子の道具を置いたような、「一軒で合羽橋全部」みたいなイメージで、ごちゃごちゃした、何を売っているのか探すのが楽しいお店であった。

私には、12年前下高井戸に行った時に会った男の子二人がどうなったか見てみたいという希望があった。
一人は、ミートショップ伊藤の息子さんで、12年前は、高校を出たばかりという感じの少年と青年が混ざったような年頃で、片耳だけに大きなピアスをし、茶髪なのだが、何だか、お店で、すぐお母さんに甘ったれる感じであった。
そのお母さんも、片耳ピアスに茶髪の息子が可愛くて仕方がないという感じで、店先で二人でニコニコベタベタしていた。(笑)
今回行ったら、片耳ピアスの青年がお店にいて、すぐにわかった。
やはり、相当大人になっていて(そうだよね、あの時18なら、もう30歳くらいかな?)、12年年を重ねた両親は、お店の奥に行って、そのお兄さんが、店の前面にいて、使用人を何人か指揮して、お店を回していた、やっぱり、すごくしっかりした感じ。

d0063149_2140637.jpgその後、ノリエットに回った。
ノリエットでは、一度、買いに行った時、厨房の中から、小学生の男の子が出て来たのだが、その子のヘアスタイルが、東京の床屋さんでは絶対やらないような、いかにもフランスでカットしてきたようなおかっぱ頭だったので、「きっと、永井シェフの息子さんなのだろう」と思った。(藤田嗣治を連想するようなヘアスタイルだった)
あの子もあれから12年、大きくなったろうな、もう高校生か、大学生?
今でもフランス風かな?どんなになっているのだろうと興味が湧いたが、こちらは、お店にいるわけもなく、否、いたとしてもわからないから、当然、会えなかった。

ということで、今回の世田谷散策はこれで終わり。
友達の案内で、とても充実して、どこもかしこも興味深く、楽しい半日を過ごすことができた。
(お友達さん、本当に有難うございました。)

で、私が買ったものは写真のとおり。
d0063149_21334867.jpg
豪徳寺で買ったミカンは、売っていた人の「置いておけば甘くなりますよ」という言葉通りで、買って来たばかりは、さっぱりしたみかんだったが、2,3日したら、相当甘くなってきた。
何でも、小田原のみかんだそうで、とても大きくて、武骨なみかんであった。
専業農家が作ったという感じが全然しなくて、商売ではなくて、みかんの木を持っている人が、「毎年、沢山成るのよね」という感じのみかんであった。
でも、この大きさでこの量で、この味で、200円は、とても安い。

ミートショップ伊藤では、自家製のベーコンと、塩味のあぶりチャーシューを買った。
自家製のベーコンはとても厚切りなのと、調味液に色々入れているみたいで、味が濃いのが特徴。
塩味のあぶりチャーシューは単独で食べると、きちんと肉の中まで塩味が適度に浸みこんでいることがわかる、どうやってやるのだろう?(でも、ラーメンに入れてしまうと、ただのチャーシューになってしまう)

ノリエットでは、甘いケーキは、お昼に食べたので、買うのをやめて、ニョッキとゴルゴンゾーラのキッシュ一切れと、冷凍できるくるみのパンを買って来た。(本当はオリーブのパンが欲しかったのだけれど、売り切れだった。)
キッシュは、薄らゴルゴンゾーラの味がした。
私としては、もっとむんむんとゴルゴンゾーラの味が濃い方が好みだけれど、一般的に売れるようにするには、薄らになってしまうのかも知れない。
くるみのパンは、可もなく不可もない感じ。

ノリエットは、スイーツ、パンの他、お総菜とか自家製調味料など相当扱っているみたい。
どんなかな~、食べてみたいなと思う反面、日本人の好みに合わせているかもしれないなとも思う。
今度は、そういうものを買ってみたい。

ノリエットは、下高井戸まで行かなくても、新宿高島屋の地下に売り場があるのだが、やはり、この下高井戸のお店でないと、買う気がしない。

懐かしかったのは、下記プチガトーセット。(今回は買わなかった)
d0063149_21314645.jpg
私が勤め人だった頃、毎月お給料をもらっていたので、良く家に買って帰った。
このセットを甥たちに見せると、「わ~、美味しそう」と目を輝かせるのが可愛くて、買っては、甥1と甥2に最初に選ばせてあげて、その次が母、その次が妹であった。(私は一番最後)

私は、母や妹も甥が可愛いから、それで納得していると思ったら、何度めかに、母から、「いつも、美味しそうなものを甥たちが持って行ってしまって、私には決まり切ったものしか回ってこない」とクレームが付き、妹もそれに同調した。

そう、甥たちは、派手な、フルーツの多いものとか、チョコレートがきれいにかかっている目立って美味しそうなものを最初に取ってしまうのだ。

母や妹も、私と同じで、目を輝かせて喜ぶ甥たちが可愛いと思うと思っていたのだが、実は、私だけがスポンサーで、母や妹は甥たちと同等で、私からケーキをもらう人だったのだ。
だから、私は甥たちばかりえこ贔屓にする嫌な奴だと思われていたということに、その時初めて気付いた。(笑)
(というか、我が母は、自分が何が好きかとか言わないように教育されている人でそういうことを余り言わなかったが、実は、ケーキに目がなかったのだということもわかった。)

今は昔の懐かしい思い出、ノリエットのプチガトーを見ると思い出してしまう。
[PR]

by mw17mw | 2011-12-10 21:41 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

Commented by trintrin at 2011-12-11 22:34
いましがたたつみや産で晩ごはん&ハイボールでいっぱいやって帰ってまいりました
居酒屋たつみでは揚げ鯛焼きという
メニューであるんです
鯛焼きをあげています
(衣はなしです)なかなかイケます
ミートショップ伊藤前の駐車場は
月額29000円だそうです!
いいお値段です
西友の看板奥に見えている
マンションが我が家でございます
地元ネタにつき日々のコメント失礼いたしました
これからも楽しみに拝見しています♪♪
Commented by mw17mw at 2011-12-12 08:52
>trintrinさん
あのマンションにお住まいということは、trintrinさんのお庭を散策させていただいたと言う感じですね。(笑)
たつみやさん、今、HPを見たら、純粋「たい焼き屋」さんではなく、居酒屋さんがたい焼きもやっているという感じなのかな?面白いですね。

また、来年の1月になるか12月になるか決めていませんが、ボロ市・松陰神社を案内してもらう予定です。
また、宜しくお願い致します。

それにつけても、世田谷線は、京王・小田急・東急田園都市線を結んでいて、140円だから、すごく便利ですよね。