銀座界隈-「麺処 銀笹」で塩ラーメン

私はたまに食べログに投稿している。
そうすると、それ以降、食べログに口コミを書いたお店に他の人が口コミをすると、自動的にお知らせが来ることになっているようなのだ。

そのシステムで、「塩ラーメンなら、くろ喜より、銀笹の方が上」との口コミを読み、銀笹というラーメン屋さんに興味を持ったのだが、場所的には、銀座の一番端っこ、築地の北側で、昭和通の歩道橋を渡れば、そこは新橋という位置。

d0063149_16304291.jpgで、土曜日に、築地にじゃこを買いに行ったついでに、どんなものか、食べに行ってみた。
食べログの口コミを読むと、行列ができるお店とのことだが、土曜日の11時15分過ぎにお店に辿り着いたのだが、誰も並んでおらず、開店の11時半には私を含めて4人だけが並んでいた状態。

で、800円の塩ラーメンと、このお店の名物と言われる鯛ごはんの半分サイズ(150円)を食券機で購入。
お店は鰻の寝床のような間口狭く奥行きが長いタイプで、店の左半分は厨房で、右半分は、テーブルと椅子が並び、カウンターはなし。

d0063149_16311490.jpg程なく出て来たラーメンはとてもきれい。
で、食べてみる、と...何だかすごく甘い。
勿論、それは砂糖の甘さではなく、魚介のうまみの甘さで、多分、鯛?
何だか、スープの第一印象としては、甘みが勝っていて、「これで、塩ラーメン?鯛ラーメンでは?」というものだった。

そして、テーブルには、七味とか塩・胡椒というような調味料は皆無だったので、出されたまま食べるしかなかった。

お店の入り口に「当店のスープは、昆布・鰹節・煮干などの魚介で取った出汁をベースに、鶏ガラ・豚骨を合わせたものです。最後の一滴まで飲んでいただけるよう、日本料理のお椀をイメージして丁寧に仕上げました」と書いてあったのを思い出した。
あの文章には書いていないけれど、このお店の名物の鯛飯を作るために鯛をおろした残りのアラが入っているのだろうと思った。

正直に書くと、この文章に書いてあるように、最後の一滴まで残さず私はスープを飲み干したのだ。
しかし、美味しかったかというと、美味しいことは美味しかったけれど、余りの甘さに、ラーメンの汁には向かないのではと思いながら、飲んでいた。

何と言うか、鯛の甘さが全面に出ていて、何だか、「関西人が作ったラーメンスープのよう」とか「ラーメンよりうどんの方が合うのでは?」とか「このスープにサフランとトマトを入れて、ブイヤベース風にして食べたり、リゾットに使ったら、さぞ美味しかろう」と思ってしまった。
(やはり、これだけ魚介の甘さが強いスープなら、客の好みで、香辛料やお塩を入れさせて、調整した方が良いと思う。)

しかし、さすが、きれいに取ったスープであり、鯛を初めとする出汁の臭みなぞ全く感じさせないスープであったことも書いておく。(腕も良いけれど、材料も良いのだろう)

しかし、何と言っても、ラーメンスープとしては甘過ぎる。
そして、鯛のスープとしてどうかと言えば、味がとても強い。
「濃い」とか「くどい」のではなく、「強い」のだ。
他、煮干とか鶏ガラ・とんこつと混ざっている筈なのに、私の舌に感じる味は鯛の味だけ。
でも、それが、例えば、鯛のアラと昆布だけで取ったお吸い物に比べてどうなのかというと、鯛の味が強い。

何だか、鯛って、魚の王様と言われるけれど、本当、色々な具材と混ぜてスープを取ったとしても、混ざり合った美味しさにはならず、あくまで鯛は鯛の味になるのかなと思った。(他は、鯛の味の応援団に回る感じ?それが味の強さに繋がるのかも)

初めから、スープの甘さに違和感を覚えてしまったせいか、銀笹さんの塩ラーメンは、塩ラーメンとは思えなかった。(あくまで私にとっては「関西風鯛ラーメン」)

これだったら、まだまだ弱点は色々あるだろうが、くろ喜の塩そばの方が、「塩ラーメン」らしい塩の味があって、私の好み。(こういうものの比較というのは、結局は、どちらが好みかであって、どちらが美味しい、不味いというものではないような気がする。)

不思議なのだが、麺を食べ終わるまで、スープの甘さが鼻についたが、麺を食べ終わって、スープだけ単独で飲むと、慣れたこともあるのか、甘さは感じなくなった。でも、鯛の味の強さは相変わらず凄かった。

また、スープには結構ギラギラした油が浮いていたが、どうもこの油もメインは鯛の身から出た脂のようで、くどくなかったし、軽かった。(おまけに、ここの鯛スープのラーメンは、とてもヘルシーで夜体重を量っても、ラーメンを食べたことによる体重増がなかったのだ。)

麺は、銀笹の方が柔らかくて好きかも。

チャーシューは、豚バラ肉をロール状にしたものの薄切りであったが、脂身には味が残っていたが、赤身は豚らしい味が抜けていた、ちょっと煮過ぎではと思う。

d0063149_16315690.jpgで、鯛飯は大変美味しかった。

鯛飯だけ食べに行くわけには行かないだろうところが辛い。
[PR]

by mw17mw | 2011-11-07 16:34 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)