神田界隈-東京カオマンガイで「カオマンガイ」

今日の台風、すごいですね、皆さまは無事でしょうか?
東京は、思ったより軽い雨で済みそうですが、風が凄いですね。

---本題です---
d0063149_17473393.jpg錦糸町の「タイラーメン タイランドショップ」で、表のメニュー表の写真を撮って来て、眺めると、「カオマンガイ」がないのだ。
カオマンガイは、私が数年前に食べて美味しかったと思った「海南鶏飯」と同じものとのことで、タイ風のものを食べてみたいと思っていた。
(勿論、ベトナム風も食べてみたい)

錦糸町のお店にないなら、他で食べてみようと、食べログで東京のタイ料理のお店を検索したら、その名もずばり「東京カオマンガイ」というお店が、私のチャリンコ圏内の神田駅南口にあることがわかり、点数も高めだし、ランチを食べに行って来た。
(食べログのところのクーポンを印刷して持って行くと、通常たれ1種類なのが、2種類になるとのことで、しっかり、それを印刷して出かけた。)

d0063149_17492340.jpgそこは本当に、神田駅のごちゃごちゃした地域で、店の外も中もゴチャゴチャした小さなお店で、若い男性が一人で、調理もお運びもこなしていた。(写真は座った席から、ガードの上の中央線を写したもの)
食べログのコメントを読むと、男性ばかり書きこんでいるので、男性が多いお店かなと勝手に想像して行ったのだが、お客さんは、何故か、全員女性ばかりだった。
女性が気軽にがっつりお肉を食べたいと思っても、体重が気になって、牛丼はヘビー過ぎるのか?
カオマンガイだったら、鶏肉だし、がっつり食べてもたかが知れているから、女性に人気があるのかしら?(なんて、勝手に想像してみた。)

で、カオマンガイしかないお店かと思ったら、そんなことはなく、ガパオご飯もグリーカレーもあった。
d0063149_17362169.jpg
私は当初予定通り、パクチー付きのカオマンガイとは思ったが、サイズが大中小あって、どれにしていいかわからなかったので、お店のお兄さんに聞いてみた。
そうしたら、中は、普通のご飯茶わん一杯分で、小はその8割とのこと。
だったらと、「中」に決めたのだが、出てきたら、ご飯の量は、小さな丼一杯くらいはあった。
d0063149_17523972.jpg
どうも、ご飯茶わんのイメージがその若いお兄さんと私では大きさが違ったみたい。
(沢山ご飯を食べそうなお兄さんだったから、ご飯茶わん、大きいのだろうな?)
これだったら、小の方が良かったなと思ったが、取った以上、全て食べて来た。
それから、たれなのだが、「赤・黒・レモン」があるとのことで、レモンは、このお店のオリジナルで、現地のような味を味わいたいのなら、赤と黒がお薦めとのことだったので、赤と黒を注文した。
(赤は、タオチオというタイの豆味噌ベースで、唐辛子・にんにく・生姜が入ってるとのこと。黒は、タイの甘い醤油ベースに青唐辛子とメニューに書いてあった。)

お肉は、ジューシーに柔らかく煮てあって、きれいに切ってあった。
ご飯は、水道橋の海南鶏飯のご飯に比べると、濃い鶏のスープで煮てある感じ。
(水道橋の海南鶏飯のご飯は、ジャスミン米の美味しさが際立っていたが、東京カオマンガイのご飯は、スープの味が勝っている感じ)

で、たれなのだが、「赤」は辛くて美味しく気に入ったが、タイの甘いお醤油ベースという「黒」いたれは、どうも、私は苦手だった。(海南鶏飯みたいに、豆豉ベースがいい)
お醤油にお砂糖が入っている感じなのだ、ご飯に合わない。

ま、それなりに美味しかったけれど、水道橋の海南鶏飯に比べて、カジュアルな感じ。
と思って、家に帰って調べたら、東京カオマンガイは、690円、海南鶏飯は1050円と、価格が1.5倍違うのだ。
だから、黒のたれは別として、国の違いより、ごちそうとして作っているか日常的な食べ物として作っているかの違いが大きいかもと思った。
(だから、「海南鶏飯の方が美味しいし、たれが3種類ついてくる」と言いたいところだが、同じ価格ベースで比べないと、フェアでないと思う。)

勿論、タイには行ったことがないし、他のお店のカオマンガイを食べたことがないので、何とも言えないけれど、(黒いたれを除いて)普通には美味しいと思う。
また、食べに行く可能性はあるけれど、今度は、黒たれは注文しないで、赤・レモンにしたい。

で、帰りに、「ガパオご飯のガパオは、ホーリーバジルですか?」と聞いたら、「ちゃんとホーリーバジルを使ってます」とのことであった。
ぱぱっと行って、ぱぱっと食べて出てくるのに、日常遣いにちょうど良いお店。

<おまけ>
d0063149_18103934.jpgアメ横センタービルのむら珍に、パクチーを買いに行ったついでに、ガパオを探したら、ホーリーバジルとスイートバジル、両方とも売っていた。沖縄産で200円とのこと。
(ガパオというホーリーバジルは葉がギザギザしていて、スイートバジルはギザギザしていなかった。)
東南アジア料理で、スイートバジルはどうやって使うのだろう?
食べログで、全国のタイ料理のお店を検索していたら、大阪に「スイートバジル」という名前のタイ料理屋があったから、確かにスイートバジルも使うのだろうな?
[PR]

by mw17mw | 2011-09-21 18:02 | 飲食店・菓子店 | Comments(6)

Commented by キム小僧 at 2011-09-21 22:35 x
おっしゃるスィートバジルは,多分,葉がピンと張っていて茎が紫色ではないでしょうか。ベトナム料理では,南部ではフォーやライスペーパーで巻く料理に添えられます。北部では犬料理にはかかせません。
Commented by mw17mw at 2011-09-21 23:04
>キム小僧さん
ブログの写真の大元の写真だとはっきりわかるのですが「バイホラパー(スイートバジル)」と書いてあります。
バイホラパーで引くと、キム小僧さんのおっしゃるような使い方をすると書いてありました。
茎は紫色ではなかったと思います。
イタリアのスイートバジルとは厳密に言うと違う種類なのでしょうかね?
良くわからないです。
Commented by 桃猫 at 2011-09-21 23:19 x
こんにちは。もし、コダワルのであれば、木場のPUI(プイ)さんで、カオマンガイのホンモノの洗礼を受けて下さいまし。海南鶏飯とは、まったく違うのですが、、、日本人はシンガポールスタイルとかのほうが好みなハズでしょう。
Commented by mw17mw at 2011-09-21 23:30
>桃猫さん
ホンモノにものすごく興味ありますし、桃猫さんご推薦のお店なら、早速行きたいのですが、このお店、日祝日定休で、土曜日はディナーのみとのことで、私としてはとても行きにくいお店で、残念です。
う~ん、どうやって行こう、残念ながら、多分、今年の暮れのお休みか来年のお盆休みになってしまうと思います。
Commented by 桃猫 at 2011-09-22 09:42 x
それでしたら、、、、大久保駅前にある、タイ料理・クンメ―2、、、はどうでしょう?クンメ―は数店舗あるのですが、この2(ツ―)という店だけが美味しいのです。カオマンガイは量も多いのですが、ジャスミンライスの香りがよく出ていて美味しい。昔と同じママさんが調理していれば、たぶん、美味しいと思います。
Commented by mw17mw at 2011-09-22 16:33
>桃猫さん
ご紹介有難うございました。
クンメー2の食べログ情報を印刷して、システム手帳に挟み込みました。今月、来月と池袋方面にお墓参りに行くので、どちらかで、帰りに寄ってみます。