春日界隈の新しいお菓子のお店等

この土日は、主に、千駄木→西片→向丘界隈の路地を散策したり、都営三田線の春日駅付近を探索していた。
で、結局入らなかったのだけれど、春日界隈で見つけた新しいお店の紹介をば。

KOHTA YOSHIOKA PATISERRIE TABLE >
ここは、一年前くらいから評判を聞いて、気になっていたのだが、場所が良くわからなかった。
でも、今年に入ってから、蔵前にあった山野楽器の配送センターが買い取られたか、借りたのかは不明だが、リニューアルされて、「MIRROR」という商業施設に変わった。
そして、そこの情報を色々検索していたら、その大本の事業会社である「バルニバーニ」という会社が、この「KOHTA YOSHIOKA」も経営していることを知る。
で、その後、MIRRORの1Fにある「シエロイリオ」にランチを食べに行ったのだが、付け合わせが沢山ついている点は良かったけれど、豚肉に豚肉の味がせず、大味で気に入らなかったのだ。←冷凍を解凍し過ぎているような豚肉?(でも、あれだけ大きなレストランだったら、大味で致し方ないとは思うのだけれど)
その会社が経営する「KOHTA YOSHIOKA」も美味しいのかなと疑問を持ってしまい、そのまま、「KOHTA YOSHIOKA」のことも忘れていた。

今回、食べログの地図でだいたいの位置を覚えて行ってみたのだが、そこに住んでいる人しか通らないような路地にあって、本当にわかりにくいところであった。(それでも、私は、小石川にずっと昔3~4年住んでいたことがあり、ある程度土地勘はあるのだ)
決して「駅から近くはない」し、行く気があるのなら、ちゃんと地図を持って行くか、スマートフォンで地図を検索しながら、歩くことがお薦め。

で、わからなくて、諦めて、今まで通ったことのない路地に入ってみようと入ったら、そこに、「KOHTA YOSHIOKA」があった。
d0063149_23231128.jpg
一人のパティシエのお店と聞いていたので、勝手に小さなお店を想像していたら、想像に反して、やたらに大きい建物の中の大きめのお店でびっくり。

先程書いたように、バルニバーニさんは、山野楽器配送センターをリニューアルして、商業ビルにしたところだから、それ以外も、古いビルを手入れして、新しく生まれ変わらせる力があるのかもしれない。
このKOHTA YOSHIOKAのある建物は、以前他の用途で使われていた建物に違いない。
かなり大きいけれど、以前は何だったのだろう?町工場?

白くて大きな2~3階建てのビルの1FがKOHTA YOSHIOKAで、2Fは、「AOI NAPOLI」というイタリアンのお店のようだ。d0063149_23241078.jpgそして、そのビルの裏手はケーキ工場になっているのだろうか、KOHTA YOSHIOKAの道を挟んだ反対側には、ARINCOという、工場直売のロールケーキのお店があった。
何でも、11時半開店で、開店したばかりの時間には、訳ありロールケーキも売っているようだ。

「KOHTA YOSHIOKA」は、高そうだから、中に入らなかった。
普通のケーキにデコレートしたものもありそうだけれど、店の玄関の黒板には、デザートコース2500円とか3000円とか、書いてあった。
(世の中には、2500~3000円も、一回で色々なスィーツを食べたいと言う人もいるのだな~と感慨深い)

私自身、ひみつ堂さんができた頃からだから、6,7,8月とかき氷を食べ続けたせいか、何故だか、生クリームを食べたいと思わない体質になってしまったみたいで、全然興味が湧かなかった。

ちょっと好奇心で入ってみたい気持ちと、「Food is Art」という株式会社バルニバーニの戦略が見てみたい気はあるのだけれどね~、実際は余程のことがないと、中に入らないと思う。
ARINCOさんのわけありロールケーキは買ってみようかな?

conanoco>
d0063149_23221096.jpgその後、春日通りに出て、家の方に向かったら、春日の交差点よりほんのちょっと御徒町方面に上ったところに、「conanoco」なるスコーン専門店(イートイン可)を発見。
こじんまりしていて、きれいなお店。
外から見ても、家に帰ってHPを見ても、価格が全然わからない。
原材料もこだわっているお店のようだ。
ここも、きっと私は一生入らないような気がする。
[PR]

by mw17mw | 2011-09-05 23:25 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)