アメ横で南ア産の干しアンズを買う

先日、マントウさんで買ったアメリカ産の干しアンズを煮たものを毎朝ヨーグルトに混ぜて食べているのだが、大分減って来た。

このアメリカ産は美味しくて気に入っているのだけれど、同じものを再度煮るのは面白くないので、アメ横に、ドライフルーツを探しに行った。

d0063149_2221064.jpg先日、インターネットで見つけた「松葉屋」さんを探したのだが、中々見つからず、ウロウロしていたら、小島屋さんというおつまみ屋さんの店頭に沢山のドライフルーツが並んでいるのを発見。(場所は、御徒町駅北口の山手線の線路の内側の信号を渡ってアメ横に入り、右側(線路側)を見ていると、5,6軒目、確かにその場所でずっとおつまみを売っているお店、買ったことはないが、存在は知っていた。アメ横に行くと、自然とこのお店の前を通っていたわけだが、一度たりとも、ドライフルーツの存在に気づいていなかった。ま、とりあえず、家の近所に沢山のドライフルーツを扱っているお店があって、良かった。)

d0063149_22212755.jpg本当に色々なドライフルーツが並んでおり、ちょっと感激する規模。
干しアンズは、「トルコ産」「南アフリカ共和国産」「アメリカ産」「カリフォリニア産」の4産地のものが並んでいた。
これは、中々すごいと思う。

(家に帰ってから、Googleで、「ドライフルーツ 東京」で引くと、小島屋さんは、最初の方にt食べログの評価が出てくるし、人気のお店のよう)

d0063149_2222565.jpgで、砂糖を入れて甘酸っぱく煮るので、お店のお姉さんに「一番酸っぱいものはどれ?」と聞いたら、「うちにあるものでは、南アフリカ産が一番酸っぱい」とのこと。
でも、南アフリカ産には、「ちょっと酸っぱいアンズ」と書いてあるけれど...と聞いたが、お姉さんは、頑として「一番酸っぱいのは南アフリカ産」という説を曲げないので、お買い上げ。
230g600円。

家に帰って、そのまま食べてみたけれど、前回のアメリカ産と酸っぱさはそんなに変わらないのではとの感想を持った。

その後、干しアンズを軽く洗ってから、200ccのお水に浸けてふやかしてみた。
その時、2,3時間眠ってしまったのだけれど、その2,3時間で干しアンズは水分を吸ってふっくら大分戻っていた。
それだけではお水が足りなさそうだったので、300cc足して、そこにお砂糖200g加えて、圧力鍋で圧を5分かけ、自然放置してから、開けてみたら、ちぎれんばかりにやわらかくに煮えていた。
味見したら、ちょっと甘さが足りないみたいに感じたので、お砂糖を60g足して、再び火にかけて煮溶かした。

砂糖で煮たら、酸っぱさが強い煮上がりであった。
ドライフルーツそのままで酸っぱいというより、砂糖で煮ると、酸っぱさが際立つ感じの味。
何て言うのか、前回のアメリカ産の方が、アンズらしいふっくらした味があるので、その味と甘さと酸っぱさのバランスが良い感じ。
南アフリカ産は、アンズらしい味が少ないのか、酸っぱさが目立つ。

どちらが好みかというと、私にとっては、アメリカ産。
(一原産地一種類しか試していないで、その土地のアンズ全てを語るのは、間違っているとは思うが)
ただ、比べると違いがはっきりわかるが、そればかり食べていれば、味の違いはそれ程気にならない程度かも。

この次は、カリフォルニア産を試したい。

あ、それと、Sarahさんが教えてくださった「オーガニックの干しアンズ」だが、Amazonで、「ドライフルーツ 無添加」で検索すると、出てくる、ただ、やはり、高価。
[PR]

by mw17mw | 2011-08-30 22:23 | 食材・食材のお店 | Comments(6)

Commented by Sarah at 2011-08-30 22:57 x
真凛馬さん、こんにちは!
わあ!たくさん揃ってますねー。嬉しくなる品揃えですね。わくわく。お店のお姉さん断言南アフリカ産、なかなかよい感じに見えますよ〜。産地というより乾燥加工した場所で違いが出るのかもしれない、ともおもいますけど、どうでしょう。砂糖で煮ると酸っぱさが際立つという感じ、わかります。世界中の食品が揃ってるなんてやっぱり日本は徹底していますね。わたしも検索して無添加だけ扱っているところを見ました、高めですね、やっぱり。真凛馬さん、ダイエットにも健康にも酒粕がよいと聞くのですがいかがでしょう。
Commented by mw17mw at 2011-08-31 11:34
>Sarahさん
おはようございます。
こんなに揃っているお店が身近にあったなんて、すごく不思議な気がします。
関心がないというのは、目に入っていても記憶にとまらないのですよね。
無添加は憧れますが、高過ぎて手が出ません。
ま、添加物が体内に入っても、きっと自然に排出してくれるでしょう。(楽観的)

酒粕、良いとは聞いているのですが、毎日どうやって取るのか、食事に入れにくいので、手が出ません。

そういう食品は錠剤で飲んだ方が私の場合長続きするので、ビール酵母(エビオス)を毎食後飲んでおります。
Commented by Sarah at 2011-08-31 17:36 x
真凛馬さん、こんにちは。

そうですね...。酒粕は夏はぷんと匂いが気になりますしね。母にとって欲しいのですが母もどう扱っていいのか思いつかないということで、私に全部送ってくれました。悪玉コレステロールを持って出てくれると聞きました。わたしは粕汁風やクリーム系のときに牛乳や生クリームの代用にしてます。酒屋の友はそのままかじったり網で焼いて食べると言っています、流石酒のプロという感じで(笑)。

「トースターで焼いて砂糖醤油で食べる」「きゅうり・茄子などの粕漬けにする」という方の声がインターネットで出てました。

ビール酵母「エビオス錠」、放射能防御効果もあるのですね。
Commented by mw17mw at 2011-08-31 21:45
>Sarahさん
そうですよね、大抵は、粕汁とか、魚やお肉を粕漬けにするくらいしか思いつかず、どうしても、扱いにくいですよね。
また、味が飽きやすい味ですから。

ためしてガッテンで、色々な料理を提案しています。
私は、これらを作ってみたいと言う気持ちはあったのですが、未だ手つかずです。酒粕クラッカーなぞは、美味しいのではと思うのですが。
http://www.nhk.or.jp/gatten/archives/P20101124.html

エビオスだけでなく、発酵食品とか酵母は皆「放射能防御高価」があるらしいです。
ま、私の場合は、年ですから、防御する必要がないかも。(笑)
Commented by うえ at 2012-01-30 14:22 x
こんにちは。^^
僕も小島屋さんは良く通りかかるのですが、
あんずはノーマークでした。
(いつもはメロン、マンゴーという定番ばかりで)
次回試してみます&参考になりました☆
Commented by mw17mw at 2012-01-30 22:58
>うえさん
はじめまして&ようこそ。
へ~、メロンの干したものもあるのですか、興味津々、今度見てみます。
干しあんずでジャムを作ると、濃くて美味しいですよ。