干しアンズを探す

干しアンズが欲しくなったのは、お盆休みの頃。
合羽橋に行けば手に入るだろうとは思ったのだが、合羽橋はお休み中。

ということで、コレド室町で友人とランチした後、メトロリンクに乗って、銀座方面に行けば、長野の物産館があるのではと探してみた。
そうしたら、交通会館の二階に「長野県東京観光情報センター」が見つかった。
実際行ってみたら、ほぼ「観光情報センター」で、ちょっとだけ長野の観光地みやげが置いてある感じ。
そこの人に、「干しアンズが欲しいのですが」と聞いたら、そういう物販は、同じ銀座と言っても、歩いて15分はかかる東劇の中にある「ナチュラルローソン」で扱っているとのことで、電話番号が載っているパンフレットをくれた。
「行く前に、電話で干しアンズがあるかどうか、確かめてくださいね」とのこと。

ただ、残念ながら、日比谷の「いちにいさん」で小熊を待っている時、そのパンフレットをテーブルの上に出し、そのまま、忘れて来てしまった。
気付いたのは、お店を出て10分くらい経ってからだったので、面倒で、電話で確認しないまま、東劇に行った。

その東劇のナチュラルローソンの中に、長野県コーナーとは書いてなかったと思うけれど、長野県の製品が集まっている場所があった。

が、残念ながら、干しアンズはなかった。

何でも、週に一度長野から色々な品物が送られてくるのだそうだ。
で、干しアンズは、一人の人が買い占めることもあるから、ないとのこと。
(でもね、ナチュラルローソンに任せた長野物産品って、何だか、魅力を感じない)

そのまま、地下鉄に乗って、仲御徒町に戻ったら、吉池の一階に、干しアンズが1種類だけあった。
でも、トルコ産で、500g2500円、トルコ産でいいのかどうかもわからず、100g500円が安いのか高いのかもわからず、手が出ず。

家に帰って、インターネットで通販を探してみたが、価格も様々、生産地も、長野、アメリカ、トルコがあるみたい。

で、面倒になったので、お盆休み明けに合羽橋で買うことにした。

まずは、マントウさんで見たら、アメリカ産の干しアンズが300g980円。

次に、本間商店を見ると、全部アメリカ産で450gなのに、価格が3通り、1292円、1659円、1869円。
お店の人に聞くと、高いほど、粒が大きく、揃っているとのこと。

プロパックに行ってみると、干しアンズどころか、お菓子材料コーナーがなくなっていた。
自分でお菓子を作ったり、料理を作る人が減っているとは言え、プロパックから、お菓子材料コーナーがなくなってしまったなんて、ショック。(と思ったが、後日、行ってみたら、2Fに移動したそうだ。そこに干しアンズがあった、500g2175円)

d0063149_23202146.jpgで、良く分からないので、一番、現金ベースで、支出が少なくて済むマントウさんのものを購入した。

しかし、今まで興味がなかったものを買うのって、大変。

日本産、トルコ産、アメリカ産、どういう違いがあるのだろう?
日本産は、和あんずで、トルコやアメリカのものは、洋アンズ?

若干調べてみたら、トルコ産は酸味が少ないらしい、価格もトルコ産が一番安いらしい。
また、色々調べていたら、合羽橋のミヤガワさんは、干しアンズに力を入れていて、今は手に入らないようだが、中国産のアンズを取り扱っているよう。
このページに、ある程度、各国のアンズについて、まとまっている。

私としては、酸味がある干しアンズが欲しかったので、アメリカ産を買ったのは、正解かも。

他、通販で調べていたら、アメ横の松葉商店というところが見つかり、アメ横なら、昔ながらで、干しアンズの大袋が積んであるかもと思った、そのうち、見に行こうと思う。
[PR]

by mw17mw | 2011-08-20 23:24 | 食材・食材のお店 | Comments(4)

Commented by 桃猫 at 2011-08-21 00:19 x
あんずを訪ねて、3千里ですね。ときたま、美味しい干しあんずが、ちょこんと乗ったあんみつ、、に出逢います。あんずに凝りだすとタイヘンそうです。ちなみに、杏のタネを砕いたやつが、杏仁で、薬効があり、杏酒に漬けこみます。

 おかめ八重洲店は人気が高かったんですが、イトシアが出来るのに伴って、お引っ越し統合されました。おかめ熱が、再発しそうです(笑)。
Commented by mw17mw at 2011-08-21 08:35
>桃猫さん
おはようございます。先日紹介したページに杏仁酒の作り方が出ていて、あんずの種500gですって、これだけあんずの種を取るには一体何kgのあんずが必要だろうかと思ってしまいました。
http://www.anzunosato.com/anzuen/recipe.htm
「種子を割り、仁を出し、フライパンで良くいる。 5~6粒を月に4~5回常食する。」の方は一回か二回できるかなという感じです。

そうですか、おかめ八重洲店、なくなってしまったのだ、淋しいです。
あそこの一家は、八重洲店に住んでいて、娘さんが私のいた八重洲の銀行に就職して、通勤時間3分で通っていました。
八重洲駅前からおかめがなくなると、「昭和が終わった」という感じがします。
Commented by ケイト at 2011-08-21 09:14 x
結果的には1番美味しいものを購入されたと思います。
国産の干しあんずはあまり美味しくありませんし
トルコ産のものも同様です。
干しあんずは価格と味が比例します。
アプリコット・ファンシーの表示があるものは高級に部類です。
Commented by mw17mw at 2011-08-21 18:11
>ケイトさん
さすが、お詳しい、知識を有難うございます。
長野産だけは、もし、少量で売っていたら、好奇心で試してみたいと思います。