マンダリンオリエンタル「センス」で平日ランチ 1/2

皆様、お盆休みでない方もいらっしゃるとは思いますが、お盆のシーズン、いかがお過ごしでしょうか?

私は、例年通り、静かに、いつもできないことをしたり、友達と会ったりしているうちに、終わってしまいそうです。
しかし、何がなくても、お休みって、いいものですね~。

で、昨日は、大学時代の友人と、三越前の「マンダリン・オリエンタル」のセンスにランチしに行って来た。
いつも、美術館に行ったり、かなり良いお店に行ってみたりなのだが、今年は、原発事故のせいか、行きたいような展覧会がないこともあり、リッチな食事をすることにした。(去年は、芸大でシャガール展だったのだ。)

何故、マンダリン・オリエンタルかと言えば、今をさかのぼること半年前、私が幹事で、浅草の龍圓で6千円のコースを企画したのだが、その時に、私より相当良いところをご存知のある方から、「6千円出すのなら、マンダリンオリエンタルのランチの方がいいわ。マンダリン・オリエンタルは、料理だけでなく、建物も景色も楽しめる。その点、龍圓は、建物と景色はなしで六千円は高いのでは?」との意見を言われたことによる。(後、マンダリンは、飲茶、龍圓は中華料理という違いはあるが)
何やかや色々な都合で、浅草の龍圓で宴会を決行したのだが、私も一度は、マンダリンオリエンタルのランチに行ってみなくてはと、その時に思ったのだ。

で、一年に一度、お盆時期に会う友人が快諾してくれたので、今年は、マンダリンオリエンタルで飲茶ランチをすることにした。
HPを見ると、以前言われた6千円のランチは、どうも、土日祝日のランチで、今回、我々が行くの葉、平日なので、それより安い3800円のコースが利用できるようであった。(価格は消費税込み、その他、サービス料が13%付く)

ここでドジをしたのだが、さっさと電話して予約すれば良かったのに、お盆中だし、空いているだろうと勝手に思い込んで、予定の日の二日前に予約を入れた。
食べログからセンスのHPに飛んだら、オンライン予約ができるとのことで、インターネットで「スカイツリーが見える席希望」で予約したら、できたのだ。
で、その後30分くらいしてから、センスから予約確認の電話が入った。
その時に、何でも「センス本体は既に満席、でも、併設の「センスティーコーナー」なら、スカイツリーが見える席がご用意できます」とのこと。
良くわからないけれど、それでOKした。

その予約の時に、初めて、この「センス」は、3年連続でミシュラン1つ星を獲得して、人気があるお店だと気付いた。
わ~、とりあえず、ミシュランの星付きのお店なぞ、滅多に行くことはないので、嬉しいと、完全ミーハー気分。

で、37階のお店の前で待ち合わせ、確かに、建物は新しくてゴージャス、NYグリルのビルと同じくらい素敵。(パーク・ハイアットに比べて、花が少ない感じ)

案内された席から見えた景色は下の写真の通り。
d0063149_21381783.jpg
席に着いて、メニューを見ると、ランチコースは、3800円、5800円、8800円があった。
3800円と5800円の違いはというと、3800円の方が使う材料等曖昧な表現になっているが、5800円は、どんな材料で何を作ると言うことが明確、それと、3800円の方は、例えば点心について、「三種類の蒸し点心」なのに、5800円だと「香港点心師の蒸し点心」なのだ。
友人は、5800円でもいいわよと言ってくれたが、まずは、3800円のものを食べないと、5800円の価値がわからないかも知れないということで、今年は、3800円にしよう、で、気が向いたら、来年また来ようということにした。(詳しくは、平日のランチコースはここを見てください)
やはり、これだけのホテルだもの、香港から来ている点心師の点心は、5千円以上出さないと味わえないのだ。

その後、食前酒のメニューを持って来てくれたのだが、とにかく高い!
友人がお酒を飲めないタイプなので、すぐに眼に入ったのが、サントリーのオールフリーなのだが、それが1200円だって。
多分、オールフリーは巷で買えば220円?
その6倍というのは、すごい値段だと思うと、「食前酒は要りません」ということになってしまった。(笑)
とこのように、ホテルの格にしてはケチくさい私のランチが始まった。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2011-08-14 21:53 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)