ディープな浅草で食事

昨日、「カフェ ド ふるかわ」の営業日を「日曜日」と書いたが、今日、もらってきたパンフレットを見たら、日曜日には必ず営業しているわけでもないみたい。
5月は、後、22日と29日の日曜日に営業するとのことです。
それ以降については、電話で確認してから、お出かけください。

さて、「カフェ ド ふるかわ」で、贅沢な時間を過ごした後は、東西めぐりんに乗って、一路浅草へ。

ケイトさんの友人の方が、「江戸下町料理 宮戸川」というお店で働いていて、そこに行ってみたいとのこと。(ケイトさんも今回が初訪問とのこと)
勿論、ケイトさんのお薦めだったら、美味しいところに違いないからと、OKしたのだ。

でも、聞いたことのないお店だし、どんなところか、気になって、連休の初め、浅草に買い物に行ったついでに、お店をチェックしたら、結構ものすごく「ディープな浅草地域」にあったので、びっくり。
そもそも、私が浅草で一番ディープだと思っている馬券売り場の前にある「初音小路」と木馬館のある通りの間にある「西参道商店会」という通りの浅草寺に近いところにそのお店があった。

私は、「六区から花やしき界隈の浅草」って、長らく行ったことがなかったのだ。
(花やしきは多分幼い頃連れて行ってもらっていると思う、でも、我が家は基本、遊園地と言ったら、後楽園に行くことが多かった。)
10年家を出ていて、20年近く前、久々生まれ故郷に定住するために帰って来て、父が他界して、自転車で色々なところをウロウロするようになってから、初音小路だの西参道商店会の存在を知ったのだ。
それは、それまで私の知らなかった浅草であった。
だから、その地域の飲食店は外からは見るけれど、一軒も入った経験がないのだ。
(今、人気のホッピー通りのお店も実は入る気もチャンスも0、ま~、そもそもが飲兵衛ではないからだとは思うが)

d0063149_2143829.jpg西参道商店会は、アーケードがあるし、店の大きさ・高さも揃っていて、良い商店街だと思うのだが、何と言うか、生活感が全然ないものばかり売っている印象。
踊りの衣装屋さんやお土産物屋さんが多い感じ、果たして、やはり、旅芸人さんとか、観光客が来る商店街なのかなと思うけれど、2,3回自転車で通り抜けたことがあるだけだから、良く分からない。

d0063149_219853.jpgそして、その「江戸下町料理 宮戸川」なのだけれど、外から見た感じ、「田舎の観光地の参道にありそうなひなびたおでんが煮えているお休み処」に似ている印象。
おまけに入り口に、木馬館で興行を打っている旅芸人一座のポスターが貼っていある...本当にディープ。

え、私がここに食べに来るの?大丈夫?と思ってしまった。
ま、ケイトさんが選んだお店なら、本来はそういう心配は不要だし、 食べログのコメントを読んでも、そんな心配はなさそうとは思えたのだけれど、つい、そのお店の外観を見てしまったので、ちょっと不安になってしまった。

「カフェ ド ふるかわ」で、優雅な時間が終わりそうになった時、心の中に浮かんだのは、「さ~、これから、180度反対のお店だ」ということ。(笑)

が、しかし、実際に行ってみたら、そんな心配は全く不要であった。
<続く>
[PR]

by mw17mw | 2011-05-05 21:09 | 飲食店・菓子店 | Comments(1)

Commented at 2011-05-05 22:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。