下北沢「しもきた茶苑大山」のかき氷

私なぞ、ライフラインは全て順調、計画停電区域でもないと、恵まれている方なのに、何だか、毎日、考えてもいなかったことが色々起きて対応に追われることが多く、疲れてしまった。
被災地の方々の疲れはこんなものじゃないよな~。
この土日、ゆっくり過ごして元気を回復したい。

そんな中で、DIACKOさんのmixiで発見した記事をご紹介。
両陛下は毎日「自主節電」 東電の計画停電に合わせ

私なぞ、計画停電地域ではないので、極力電力を使わないようにしているが、どうしても午後10時から12時まではエアコンを入れてしまう軟弱者。
ま~、計画停電の地域になったら、黙って協力するつもり。

---本論です--

さて、しもきた茶苑で頼んだのは、「抹茶あずきのかき氷」
何でも、本当は、「ほうじ茶の氷」もあるらしいのだが、前日の地震で仕込めなかったということで残念。
(もし、それがあったら、ケイトさんと1つずつ取って、半分ずつ味見できたのだが)

で、3月のホワイトデー前後のかき氷に使われる「小豆」は茶色い小豆ではなく、「白小豆」(しろしょうず)という種類。
煮るのが難しくて、200gずつしか煮ることができず、手間がかかるものらしい。

実際、出て来た氷は、下の写真のもの。
削った氷がとてもきれい、どうも、私は、シロップがかかった氷には反応せず、何もかかっていないきれいに削られた氷を見ると、心が反応するようだ。
思わず「うわ~、きれい」と感激してしまった。
d0063149_12123539.jpg
しもきた茶苑大山さんが使う氷は、天然氷ではなく、氷屋さんで作る「氷屋さんの普通の氷」なのだが、天然氷に全然遜色ないような印象。
天然氷でないことなんて、全然気にならなかった。

また、お茶屋さんの作る「抹茶あずきの氷」だから、当然、抹茶もとても美味しい。

白小豆も普通の茶色い小豆とは全然違う味(多分、アントシアニンがあるかなかいか)で美味しいのだが、一番感激したのは、何だか、白小豆と氷を混ぜて食べると、ミルキーな味がしたこと。
それがとても美味しかった。

ケイトさんに話しをしに来てくださった大山さんに、「ミルクを使っていますか?ミルクの味がするのだけれど」と聞くと、「白小豆を砂糖で煮ると、白小豆の澱粉が溶け込んだシロップができるので、その部分がミルキーにかんられるのでは」とのこと。
なるほど、豆乳みたいな感じなのね。

氷の削り方、抹茶のグレードの高さ、白小豆の物珍しさと美味しさ、白小豆シロップのミルキーな美味しさ、どれもこれも、「さすが!」と思った。

お茶について、「茶師 十段」を取るという才能と熱心さ、集中力は、かき氷にも現れているのだと思う。
真夏に3時間並んでもこの氷を食べたいという人たちの気持ちがわかるような気がした。

とにかく、全く手を抜かない丁寧な「凝り性の人が作るかき氷」であった、私の好みにどんぴしゃ。

d0063149_12131222.jpg
余りに美味しいので、次は、小さめのかき氷にシロップをいただいた。
削られた氷がとてもきれい。

そのうち、私たちの後に入って来たお客さんにも氷が運ばれて来たが、削られた氷の表情が、私たちの時とまた違っていた。
大山さんは、色々な氷の削り方ができるようだ。

最後、無理をお願いして、氷を削る機械を見せていただいた。(ケイトさんという大切な常連さんの連れであったこと、お客さんが空いていたから、応じてくれたのだと思う)
電動の四角い大きな機械が一台であった。
この機械を自由自在に操り、一つひとつ、丁寧に氷を色々な表情に削って行くのだもの、量産は無理。

とにかく、とても満足、私の好みにどんぴしゃであった。(何時間だったら、並ぶかというと、ちょっと考え付かないが)

ほうじ茶の氷も食べ損ねたから、また、是非行きたい気持ちはある。

しもきた茶苑さんは、今回のホワイトデー前後のかき氷は、予定は3日間であったが、都合で2日間で中止したそうだ。
そのこともあって、今後、しばらくしたら、臨時で「ホワイトデーかき氷の日」を開催してくださるそうだ。
そういう情報は、「日本茶とかき氷と」で公表されるようだ。

とにかくとても満足なお店であった、またまた、素敵なお店に連れて行っていただき、ケイトさん、有難う、心から感謝です。

今度は、下の左側のほうじ茶のかき氷を食べたいけれど、抹茶も食べたい。(笑)
d0063149_12155374.jpg

[PR]

by mw17mw | 2011-03-26 12:16 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2011-03-26 19:22 x
こちらの方がお好みでありましたね(笑)
大山さんの真面目さが全てににじみ出た
完成された一杯だと思います。
ほうじ茶蜜も是非召し上がって頂きたいものです。

私もさすがに3時間は待てませんけどね。
Commented by mw17mw at 2011-03-26 21:19
>ケイトさん
確かに、大山さんとか三日月さんが好みですね。
やはり、凝り性のご主人自らが一杯いっぱいの氷を真剣に削るのがいいですね。
それと、自分でも新発見なのですが、何のシロップもかかっていない削った氷の美しさに、無意識に惹かれるようです。
大山さんの食べログの料理写真を見ると、てっぺんからシロップをかけたタイプもあるのですね、それだと、評価下がったかも。(笑)
大山さんのTwitterを読んでいたら、「そのうち臨時で」と書きながら、「4,5月は喫茶室休み」とのこと、ま、当分、行けそうもないですね。