フェアトレード ネパール・カレー

d0063149_12263382.jpg
10月末に、遠藤利三郎商店にご一緒したメル友Iさんから、「フェアトレード ネパール・カレー」なるチキンとシーフードとベジタブルのうち、シーフード・マサラをいただいた。
(フェアトレードについては、ここで触れないので、紹介するページに書いてあることを是非読んでください。)

ダイエット中なので、中々手が出なかったのだけれど、ようやく使うことができた。
使ってみたら、簡単で、本格的にスパイシーで美味しくて、びっくり。
何がネパール風なのかというのはわからないのだけれど、これを使えば、家庭の味とは思えないような本格的なカレーが簡単にできることは確か。

(そんなに数多く食べたわけではないけれど、私の印象では、インド料理のお店の看板に、「ネパール」が入っているお店と入っていないお店があって、ネパールが入っているお店のカレーは、総じて、スパイシーではない穏やかな味の印象があったのだけれど、このカレーはその印象を覆した。)

どういうものかというと、香辛料が個別に包装されているだけのもの。
どうして、香辛料だけでこんな味が出るのかと思って調べたら、このページによると、全ての香辛料は、「無農薬&有機カレースパイスセット」とのこと、やはり、無農薬&有機栽培の力はすごいのかな?
d0063149_1228750.jpg


シーフード・マサラを使ったシーフード・カレーの作り方については、箱の裏にも、箱の中のパンフレットにも書いてあり、その通りに作れば良い。

このカレー粉以外に揃えなくてはいけない材料は、
    シーフード  600g  → 殻を剥いた海老を中心に350gしか使わなかった
    トマト       2個   → 生がなかったので、400gの缶詰半分
    玉ねぎ      2個  → 冷凍してあった炒め玉ねぎ
    レモン      1個  → 勿論有機栽培ではない
    水       250cc  → スープでなくて、水を使うところが素晴らしい
    その他、油と塩

まず、殻付きなのかどうかははっきりしないが、シーフード600gは多過ぎると思う。
(あ、でも、箱の写真を見ると、殻付きのアサリが入っている、これだったら、600g入れても大丈夫かも)
箱の表紙の写真のように大きな海老や殻付きアサリを使うのなら、600gも有り得るが、小さめの海老や帆立・イカなどを使う場合、300gでも多いくらいだと思う。

私の場合、予め、炒め玉ねぎがあったこと、缶詰トマトを使ったことで、本当に簡単にできた。

①シーフードは、本当は、レモン汁1個分と塩小さじ1/2でマリネして10分置いておくのだが、私は
  忘れた。

②マスタードとブラックペッパーを除く香辛料を全て開けて、全てを一つにし、小さじ1の塩も
  加えておく。(開封しながら、重さを計ったら、一律同じ重さでないようだった。
  二回目に計る時に、ちゃんと量ってみよう)
  あ、そうだ、チリ・ペッパーだけは、袋全部でなく、好みの量を入れるようにレシピに
  書いてあった。
  レシピに大辛なら、チリは袋の1/2量と書いてあったけれど、それでもそんなに辛くならない
  ような気がした。

③炒め玉ねぎをフライパンに入れて火をつけ、解凍させ、そこに、缶詰のトマトを汁ごと入れる。
  ペースト状になったら、②を入れる。
  (私はこの段階で、シーフードを炒めて、④の途中で入れた。)

④そこに、お水を250cc入れて、10分煮る。

本当だったら、食べる直前に作るのが理想だが、夕飯後、ここまで作っておいて、翌日の昼に食べることにした。
と作業が終わったところで、レシピを見直したら、シーフードをレモン汁と塩でマリネすることを忘れたことに気付く。
仕方がないので、レモン半個搾って、カレーの中に入れてみた。

レモンを入れる前、とてもとてもスパイシーな味が魅力的だったのに、レモンを入れた途端、やはり、レモンの味と香りが全体を支配し出して、嫌ではないけれど、カレーにしては酸っぱいなという味になってしまった。

次の日、このカレーを火にかけて、味を見ると、レモン風味は、存在は感じるもののそれなりに馴染んで、美味しくなっていた。
マスタードを入れて、かき混ぜる、どういう風になるかというと、「マスタードの味が加わった」という感じ。(笑)
火を止めて、ブラックペッパーを入れて、かき混ぜて出来上がり。

d0063149_12391542.jpgシーフードは、主に、小さめの海老と、イカ少々、帆立少々を使った。
シーフードだけでは淋しいので、生マッシュルームとピーマンを入れてみた。

今までも、海老カレーを作ったことがあるが、レモンを入れたことはなかったのだが、シーフードカレーにレモンがとても合う感じ。
(ただ、レモンを入れなければ、入れない美味しさもあると思う。)

I様、何だか、とても良いマサラを紹介していただき、感謝です。
(以前、印度の味を紹介されて、買ってみたことがあったが、それより断然、「フェアトレード ネパール・カレー」の方が私好みであった。)

この「フェアトレード ネパール・カレー」を検索すると、楽天等、通販で売っているところは多いようだ。
Iさんに聞いたところ、大崎のゲイトシティプラザB1Fのナチュラルフードスペシャリティーズ 「RELUCK DELI & CAFE」 というお店で売っているそうだ。
大崎は中々下車しない駅だし、ま、わざわざここまでこのために買いに行くのも何だし、どこかで見かけたら、今度はチキンを買ってみることにしたい。
お薦めです。
[PR]

by mw17mw | 2010-12-17 12:39 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by mugica at 2010-12-24 20:34
このシリーズのチキンと、野菜バージョンは食べたことがあります。
どちらもおいしいです。
それぞれ同じシリーズながら味が全然違って面白いです。
チキンの方が、家族の受けはいいです。
玉ねぎをじーっくり炒めるのが気合がいりますが、一旦ペースト状に作っておくとあとはあっという間にできるので、冷蔵庫に入れておくと重宝します。
Commented by mw17mw at 2010-12-25 08:38
>mugicaさん
いいですね、どこか、売っているお店が近隣にあるのかな?
チキン、美味しそうですね。
私、シーフードをもうひと組持っているので、今度開けるときは、それぞれ、香辛料の重さを計ってみようかなと思いますが、1g秤では無理かな?
私も玉ねぎは茶色くなるまで炒めて冷凍してあります。
後、2,3回分でなくなるので、お正月越したら、一年分くらい炒めなくてはね。
でも、本当、これがあると楽ですよね。