北千住「ハノイハノイ」2/2

ベトナム料理に詳しくない私が食べたものを解説を書くと間違ったことを書くかも知れないので、その点は大目に見てください。

これが、ベトナム風のサラダというか、白菜を使った「ゴイ」というもの。
d0063149_22383656.jpg

(調べたら、「ゴイ」は、「和えもの」という意味らしい)これも美味しかったな~。生というより浅漬けくらいの漬かり具合の白菜なのだけれど、しょっぱくなくて、酸っぱくなくて、甘くもない。
だったら、どんな味?と言われても、説明ができない。
薄味で食べ飽きない味としか言いようがない。
何に漬けるとこういうしょっぱ過ぎず、すっぱ過ぎず、甘過ぎない浅漬けができるのだろう、研究しなくては。(「白菜 ゴイ」で引くと何も出て来ないが、「ゴイ ベトナム」で引くと、ゴイのレシピが多少は出てくる。)
これができれば、家で食べる野菜料理の幅が広がりそう。
d0063149_22391076.jpg
これが私が選んだ「豚の角煮と目玉焼きのバインミー」。
パンの大きさと、豚の角煮の大きさにびっくり。
特に豚の角煮は、本当に厚くて、「わ~すごい」という感じ。(右側のパンで良くわかると思う。左側はきゅうりで隠れて見えない。)
角煮は大きいだけでなくふっくらとして柔らかそうに見えたが、本当に柔らかくて美味しかった。
(外れているかも知れないが)パンは全粒粉のパンで、薄ら、お肉かレバーのペーストが塗った上に、大根などのなます、パクテーが入っていた。
目玉焼きも私の好きな白身カリカリで、黄身は半熟状態で焼き立て。
量的にも味的のも大満足。
で、ベトナム料理って、刺激的ではないのだ、何だか柔らかい色々な味がしてそのハーモニーがとても美味しかったのだが、食べている最中に、「そうだ、チリソースがない」ことに気付いた。
テーブルにも置いてないし、きっと、このバインミーはチリソースなしで食べてねというのが、お店の希望なのだろうとそのまま食べ終えた。

実は、このお店のバインミーのメニューは、「豚角煮と目玉焼き」の他、「豚挽肉とレモングラス」というものもあったのだけれど、そちらはケイトさんのメニューと被るので取らなかった。
それを食べたことのあるケイトさんの話では、そちらの「豚挽肉とレモングラス」のバインミーの方には、チリソースがついてくるそうな。

d0063149_22395961.jpg
これは、ケイトさんオーダーの「豚挽肉とレモングラスのチャーハン、ベトナム風焼き肉乗せ」。
少し分けていただき、食べたが、これも美味しいな~。
チャーハンはチャーハンとして、焼き肉は焼肉として、焼き野菜は焼き野菜として味付けして炒めたものが口の中で混ざり合う美味しさ。
次回、このお店に来たら、これを一人前食べたいと思った。

バインミーもチャーハンも美味しい上にとてもボリューミーで、コスパは相当いいと思う。

d0063149_22402897.jpg
デザートはベトナムプリンのベトナムコーヒーがけ果物添え?
初めてベトナムプリンを食べたのだが、感想はまあまあかな?
不味くなく、美味しいのだけれど、普通のプリンの方が好きかも。

このコースで、850円は、本当にリーズナブル。

d0063149_22405315.jpg
これは、ホットペッパーの地図を印刷して持って行ったら、サービス券がついていたので、提示したところ、出してくれたベトナム風だったか、ハノイ風月餅。
何でも中の餡が緑豆餡で、色々なナッツが入っているとのこと。
まあまあ。

d0063149_22411917.jpg
で、セットはここで終りで、追加で、柿のチェーをケイトさんが頼むので、私も同じものにしてみた。
チェーには、温かいものと冷たいものがあり、これは冷たいタイプとのこと。
これは、美味しかったな~。
砕いた氷、アイスクリーム、沢山の細かいタピオカ、柿、茹でたかぼちゃ(他にも果物がちらほら入っていたかも)、小豆餡、色々な砕いたナッツ、多分ココナッツミルクがコップに詰め込まれていて、これをスプーンですくって食べると、すくう度に違った味で、本当に美味しかった。
氷の量はそんなに多くなかったから、そんなに冷たくなかった。
これももう一度食べたい。

ということで、とてもとても美味しかった。
このお店の味付け、ボリュームは本当に私好み。
また、近いうち、一人でも行ってしまうかも。

このお店、調理場と食堂が違う階であることがとても残念。
そのベトナムを食べ歩いて、自分が感じた「ベトナム料理の美味しさを再現したい」というご店主ともっと話せたら、良いのにな~と思った。
きっと、一品ひとしなに、ご店主のベトナムでの研究が詰まっているような気がするのだ。
でも、調理場と食堂が離れていて、お運びをしてくれる人は別の人だから、中々話せないのが残念。

今回、お運びの人に「このお店は、ベトナムのどこかで修業された人が始めたのですか?」と聞いたら、そのことをご店主に伝えてくれて、上に来てくれて、「ベトナムを食べ歩いて来たのです、そのバインミーはホーチミン市で食べたものが一番美味しかったので、それを再現したものです」と教えてくださった。

私たちは窓際のテーブルで食べたのだけれど、やはり、昔の木造家屋だから、どこかから隙間風が入って来る感じがして、私は食べている間、脱いだジャンパーをずっと膝に乗せていた。
という寒さがあるところとか、古い木造家屋は苦手、畳に座って食べるのは嫌やという方以外には、とてもとてもお薦めのお店。
や~、このお店のお料理は全て生き々とした印象だったので、ご店主、本当に料理が上手だと思った。
[PR]

by mw17mw | 2010-12-07 22:41 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)