豊洲アーバンドックの大きな空

さて、その後、豊洲のららぽーとに向かった。
ようやく、皆さまからのアドバイスのおかげで、二度目にして、スーパーAokiには着いたのだが、東急ハンズやフランフランは良くわからず。
行く前からちゃんと調べて行かなかったところには、着いてから熱心に探す程の執着がないせいか、どうも着かないようだ。

d0063149_22365637.jpgスーパーAokiは、内装がとてもモダンで素敵なのだけれど、内容は余りピンと来なかった。
本当に巨大な売り場なのだけれど、売り場の割には、肉や魚売り場が小さい気がする。

流石、元々静岡のスーパーだけあって、♪♪♪さんご推薦の釜揚げしらすは本当に新鮮そうであったし、沼津港で獲れた鯵を売っているところはいいかなと思う。
また、名古屋名物味噌おでんとか手羽先のレトルトが置いてあったのも、愛知県の隣の静岡県のスーパーらしさを感じた。

巨大な売り場の割には、種類豊富とか珍しいものがあるいう印象もなく、多分、あの巨大な豊洲のマンション群の中にあるスーパーだから、売り切れが出ないように、多めに商品が積んであるのかもね。

持ち帰りのお寿司売り場を見ると、いなり寿司とか細巻きが全然なくて、生粋東京のスーパーとは、やはり、品揃えが違うのかなとも思った。
それがこのスーパーの特徴かしら?
ま、可もなく不可もないごく普通のスーパーに見えた。

その後に、アーバンドックの他の売り場に行こうとしたのだけれど、何せ巨大で広くて、行きたいお店を探すのが面倒になってしまった。

で、1Fをフラフラして、外に出るドアがあったので、ドアを出たら、そこに、広場があって、手前の噴水前では、女性のコンサート中、その後ろには、船着き場と東京湾の海と大きな空が広がっていた。
(その広場の周りには、今風の格好良い屋台が出ていて、テーブルと椅子も用意されていた。)
その風景で、いっぺんに、アーバンドックが気に入ってしまった。

d0063149_22373233.jpg
ただの物販や飲食だけの商業施設ではなく、無料で広大な景色が見えるところが素敵。
自然を生かし、自然を楽しめる部分が、新三郷のららぽーとにはなかったように覚えているけれど、豊洲にはそういう部分があることが優っている、私好み。

こういう部分があるだけで、私はきっと豊洲にはリピートするだろうと思った。

自然が上手に取り込まれて解放されているという観点では、新三郷のららぽーとより、人造湖がある新越谷の商業施設の方が私に向いているのかも。
他、TX沿線には、柏の葉駅にもららぽーとがあるようだし、まだまだ、行きたい新しい施設が沢山あって、当分退屈しなそう。(笑)

さて、バスで豊洲に行く方法なのだが3つあるのだが、それぞれ、通るコースが違う。

1.門前仲町経由でなければ、「業平橋←→新橋」(業10)
  このバスは、景色的には今一つなのだが、ギャザリア→豊洲→月島→築地→銀座4丁目
  →新橋がコースなので、利用価値が大きい。
  但し、銀座4丁目から新橋までは、道路が混んでいて、時間がかかりそうだから、中々
  新橋までは行けないのではないかと思う。
  でも、もし、このバスで新橋まで楽に行ければ、新橋で、渋谷行きに乗り換えれば、
  ニッシン・ワールド・デリカテッセンに行けて、都バス一日乗車券の価値が上がるのにね。

2.門前仲町経由なら、「門前仲町←→東京テレポート駅前」(海01)
  本数も多いし、バスの窓から見える景色ベースでは、このバスはお薦め。
  門前仲町を出た後、すぐに越中島に入って行くのだが、並木道と元の東京水産大学、
  現在の東京海洋大学の敷地がとてもきれい。
  それに、橋を渡る時、東京湾の穏やかな海の向こうに東京スカイツリーが見える
  ところがあって、そこも素敵だった。
  それがどこだったかはっきりわからないのだ。
  次回行った時に、その写真を撮りたい。

3.「森下駅←→日本未来科学館」(急行06)
  このバスは土・休日のみ運航で、門前仲町から乗ると、急行なので、
  豊洲が次の停留所となる。
  このバスは、2と途中まで同じルートで、越中島を通るのだが、途中から、
  違うルートを通って、同じ豊洲まで行く。

以上の中では、圧倒的に「亀戸駅←→豊海水産埠頭」のバスから見える景色が自然豊かで情緒があって、観光客気分になれてお勧め。
行きと帰りと違うルートのバスに乗ると楽しい。
[PR]

by mw17mw | 2010-11-18 22:38 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)