浅草橋「ジョンティ」でランチ

先週、ふとしたことから、近所のお客さん兼お友達という感じの同じ年の奥さんと、アルザス料理のジョンティでランチして来た。
(行ったのは1時頃だったので、すぐ席に案内されたが、それまでの間は結構混んでいた感じ)

考えてみれば、昨年ジョンティが開店したばかりの頃、二度ランチに行って、一度目の「タルトフランベ」(アルザス風のピザパイ)は気に入ったのだが、二度目に、アルザス風のパスタを取ってみたら、ふにゃふにゃのパスタで嫌になってしまったのだ。
何だか、長年、腰のあるパスタばかり食べていたせいか、パスタと名乗りながら、腰のないふにゃふにゃタイプは、どうも許せなかったようだ。(でも、食べログを読むと、このふにゃふにゃが美味しいと評価している人もいるから、要は好み)

で、この日も、ランチセットは4種類で、アルザス風パスタが800円、アルザス風ピザが1200円、その他、魚と肉のセットが1000円で、私たちは二人とも、「本日の肉料理 豚肉のソテー」(だったかな?)をチョイス。

d0063149_2323936.jpg最初が、水菜のサラダで結構量があった。
水菜は柔らかくて食べやすく美味しかった。









d0063149_2331269.jpg次が豚肉のソテー。
当然だけれど、豚肉らしい豚肉で、焼き加減も良かった。
私はダイエットで、最近とんと厚みのある豚肉を食べていなかったので、美味しく焼かれた豚肉の味のする豚肉というだけで、感激してしまい、ソースが何だったか、全然覚えていないのだ。
色からすると、オレンジ?サフラン?
でも、オレンジの味もサフランの香りも記憶にない、あれは何だったのだろう?

d0063149_2333940.jpgダイエットの時、こういう外食では、確か、ライスの方がカロリーがあるように記憶していたので、パンをチョイス。(そこまで考えるのなら、何で、お肉でなく、魚を取らないのだという話になるけれど、う~ん、こういう洋風のお料理は、魚よりお肉が好き)
ここのパン、多分、自家製だと思うけれど、とても美味しく気に入った。

d0063149_234411.jpgで、次にデザートが出て来て、一口プリンと、日東紅茶を使ったアイスクリームとのこと。
両方とも、本当に本当に美味しかった。
一口プリンは味が濃くて、この量だけでも、十分堪能できたし、アイスクリームは結構たっぷりあったので、十分楽しめた。
ここのアイスクリームは、何て言うのだろう?
滑らかタイプではなく、イタリアンジェラートみたいな、若干、中の氷の粒が大きい感じかな?
ピザもパスタもイタリアのものを取り入れているのだから、アルザスのアイスクリームもイタリア風なのかしらね?

後は、コーヒーか紅茶で終り。

このお店は、料理も美味しいのだが、やはり、デザートがすごく良いのだ。
前回、夜に来た時もデザートが美味しく、実は、11月に某女と味農家に行く話があって、味農家の帰りに、ジョンティでデザートとコーヒーだけ、頼めたらいいねという話をしていたので、オーナーに「この近所の他のお店に食べに行く予定があるのだけれど、その帰り、デザートだけ食べに来てもいいですか?」と聞いてみたら、「OK」とのこと。(勿論、その他、「このお店に夜も食べに来るけれど」と添えたけれど。そうだよね、毎回、毎回、デザートばかり食べに来るのは余りに悪い。)
(が、残念ながら、今回、味農家→ジョンティという話は、順延となってしまった。)

d0063149_237649.jpgまた、このお店の長所として、オーナーが、どちらかというと格好良い部類に入るのだけれど、全然気取っていず、、気さく、誰にでもフレンドリーで、しかも、アルザス地方への愛情で溢れていると感じられることが挙げられる。(オーナーさんがどのくらいアルザスを愛しているかは、ジョンティのHPで良くわかる。)
こんな千円のランチしか食べないのに、表まで送ってくれて、恐縮、でもね、このお店で食事すると、いつも何だか特段とても心が温かくなる感じがしている。
’写真はたまたま家から持って来てあったとのことで、サービスで出してくれた市川の小さなお煎餅屋さんの胡麻せんべい、美味しかった。)
一緒に行った奥さんは、今回ジョンティ、初めてだったのだが、今度は家族を連れて来ると気に入っていた。

お料理は、美味しいけれど、元々が素朴なアルザス風で余り凝っていないので、デザート程褒めないが、中の上という感じかな?

ジョンティのランチ、お勧めです。
私も今後はたまに利用したい。
[PR]

by mw17mw | 2010-10-24 23:14 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)