「根津とうふ工房 須田」の朝膳

この前の日曜日の朝、ケイトさんにお伴して、「根津とうふ工房 須田」で、「朝膳」を食べて来たけれど、とっても美味しかった。

「根津とうふ 須田」と名前がつくお店は今年春に突然二軒できて、言問通り沿いの「根津とうふ屋 須田」は高級バージョンで、昼夜の懐石料理コースの店のよう。
もう一軒の「根津とうふ工房 須田」さんは、根津の交差点から言問通りを山に向かって進み、一つ目の角を左に曲がって、左2,3軒目にある、お豆腐工場に、売り場と飲食スペースがくっついているお店で、朝が早いお豆腐屋さんらしく、朝膳と昼膳、午後からは甘いものを提供している。(夜の営業はないようだ)
d0063149_23292087.jpg

(このお豆腐屋さんは、昔からの地元根津や文京区のお豆腐屋さんが発展したものではなく、HPをたどって行くと亀有の日本料理店が新規で出した店のよう。)

で、家が近所の私は、9時半待ち合わせに、混んでいてはと思い、9時に着くように出かけた。
そうしたら、そんなことしなくても良かったと思う位空いていた。
しかし、9時半間際になったら、お店に入って来る人が急に増える感じであった。
(9時半から食べたいと思ったら、10~15分くらい前に行けば、今のところ、大丈夫そうな気がする。)

ケイトさんは、既に一度ここでお昼にいらしたことがあって、色々習いながら、朝膳を食べて来た。
私はこのお店の売店で、豆乳たっぷりのお豆腐を買って帰って家で食べたことがあったのだけれど、それは、それ程美味しかったという記憶がなかったので、実は余り期待していなかったのだ。

でも、「できたて掬い豆腐」が本当にとても美味しくて気に入ってしまった。
(ケイトさんのお話しによれば、出来たてのお豆腐と、四角く切られてパックに入ったお豆腐は、同じものだけれど、その間に、水気を絞るみたいな工程が入るので、どうしても、できたての方が美味しいのだそうだ)

朝膳は、何と7時半から10時半までが営業時間。(多分10時半はラストオーダー時間だと思う)
朝膳は、二種類あって、普通の朝膳が840円、いろどり朝膳という普通の朝膳に季節の煮物がついたものが1200円。
(両方とも、ご飯とお味噌汁とできたて掬い豆腐は、お代り自由)

普通の朝膳を頼んだら、沢山の葱の小口切りと、生姜、お塩などが運ばれてきた。
メニューは、「 豆乳
       できたて掬い豆腐
       油揚げ田楽味噌
       玉子(焼き)
       豆
       おたのしみご飯
       香の物・味噌汁」

d0063149_2330727.jpgすぐに、まず、小さな湯呑に入った豆乳が出て来て、飲み終わる頃、油揚げ田楽味噌以外の料理がお盆に乗せられて、運ばれてきた。

全部美味しかったけれど、やはり、特筆すべきは、「できたて掬いとうふ」の美味しさ。
もしかして、記憶をたどってみるけれど、ここまで出来たてのお豆腐を食べたのは初めてかも知れない。
熱々で、ふわふわで、甘くて、大豆の美味しさが口いっぱい広がる美味しさ。

冷静に味見をすると、確かに、私の中で一番の大桃豆腐の美味しさには及ばないかも知れない。
でも、そのすぐ次がこのお豆腐だなと思えるし、一番でなくても、このくらい、美味しければ、十分だと思った。
お醤油を垂らしたり、お塩で食べたり、生姜を乗せて食べてみたけれど、私としては、豆腐の甘さには、お醤油味が一番好みのような気がした。
量もたっぷりで、満足。
これを食べた時、私の勘違いで、お代りできるとは思っていなかったのだ。
もし、それに気付いたら、もう一杯は無理だけれど、半分くらいお代りしても良かったのにと思う。
何だか、いつまでもいつまでも、この甘くて美味しい出来立て豆腐を食べ続けたいと思う程美味しかった。

d0063149_2330374.jpgそのうち、焼いた油揚げに田楽味噌を塗ったものが出て来た。
これは、ケイトさんに倣って、葱をたっぷり乗せて、くるっと巻いて食べた。
田楽味噌の甘さが良く合って、これはこれで美味しかった。

本当にこの朝ごはんは、ご飯もおみそ汁も美味しかったし、大満足。

美味しい朝ご飯を手軽な価格で食べさせてくれるお店は結構ないので、そういう意味でもこのお店は、価値がある。

この「とうふ工房 須田」さんの昼膳でも、この「出来たて掬い豆腐」は出てくるようだ。

朝膳を食べていた他のお客さんだが、結構一人で食べに来る若い人も多いと思った。(男女を問わず)
根津界隈の一人暮らしの若い人たちが「たまにはまともで美味しい朝ごはんを食べたい」と思った時、本当にうってつけのお店だと思う。

このお豆腐のためだけに、根津まで行くのも何だが、何かついでがあったり、根津の方に散歩に行くことがあれば、絶対チェックすべきお店だと思う。

平日の朝なら、この二つの朝膳以外に、「とうふ丼」という出来たて掬い豆腐が乗った丼と、「きつね丼」という田楽味噌を塗った油揚げが乗っている丼が500円であるようだ。
私なぞ、この500円のとうふ丼で十分なのだが、平日朝に根津まで行くのはちょっと無理なので、残念。
[PR]

by mw17mw | 2010-09-13 23:27 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2010-09-14 05:32 x
ご一緒していただきありがとうございました。
やっぱり掬い豆腐が1番ですね。
私は大豆の甘味だけで、何も付けずとも全部イケます(笑)
個人的には卵焼きはなくてもいいかな。
豆腐とお味噌汁はお替りすれば良かった。
Commented by mw17mw at 2010-09-14 15:53
>ケイトさん
こちらこそ、良いお店を紹介いただき、有難うございました。
お味噌汁も美味しかったですね~、あれだけのお味噌汁、中々出会えません。
ケイトさんはご飯を残されていたけれど、そのコツとしては、やはり、お豆腐に何もかけずに食べることなのかなと後から思いました。
お醤油やお塩をかけるとどうしても、ご飯食べたくなりますものね。