第一海苔次戦争(なんちゃって)

昨日は、以前から、うらさんという女性と、「味農家」に行く予定だったところ、金田油店の年に一回の催し物があるとのことで、そちらにも行ってみた。

両方ともとても楽しかったのだが、その話は、明日からゆっくり書くとして、海苔について。(笑)

実は、うらさんは、熊本有明海の海苔問屋がご実家とのこと。
今は、もう海苔のご商売はやめているそうだが、今でも、海苔は、ご実家から送られてくるそうで、自分では買ったことがないというお嬢様育ち。

ご商売をやめても、知り合いの海苔屋さんから、良い海苔を分けてもらっているとのこと。(きっとそれは、小売価格ではなく、仲間価格なのだろうなと、羨ましく思う私)

かたや、海苔業界に縁者・親戚・知り合いが皆無で、自分のお金で、少しでも「リーズナブルで美味しい海苔はないかな」と探している私。(このブログで知り合ったhatchmamさんのご実家も海苔関係だけれど、一度しかお会いしたことのない関係だし)

ちょうど、やぶきた園の寿司はねが気に入った時だったので、自家製紅生姜と海苔を味見程度の量、渡そうと用意して出かけたのだ。

で、彼女に、喫茶店で、「お世辞抜きで、ちゃんと思った通りに評価してね」と8枚切りの海苔を渡すと、ふん、ふんと味わって、「う~ん、この海苔は、私が美味しいと思う海苔の3割の美味しさしかない、まず、厚みがない」と言われてしまった。(笑)

え~、そんなに評価低いのと、がっかりする私。

とっても残念だけれど、完璧に美味しい海苔ばかり食べている人からすると、やぶきた園の寿司はねは、そんな程度なのかも知れない。

私のように、色々なお店で、1帖300円~600円の間で、海苔を買ってみて、美味しくなかったりする経験が多い人間が食べると合格点なのだけれど....。
(と書きながら、「キリ」の世界でも私は、選んでいる自分に気付いた。同じ価格だって、店を選ばなければ、もっとひどい海苔は世の中に沢山あるもの)

ま、仕方ない、「ピンからキリまで」と言うけれど、「ピン」ばかり食べている人からするとこの海苔は「×」で、キリの世界で彷徨っている私には「〇」の商品のようだ。
(ということで、昨日の記事でべた褒めしてしまったけれど、今までのご自分の海苔を食べて来た歴史を思い出して、自分に向いているかいないか、考えてから、買ってください)

でもね、うらさんは、今度、11月になったら、ご実家から、「新海苔」が送られてくるので、その時に、その最高級の海苔を味見させてくれるって、う~優しい。

でも、そんな完璧な海苔を味わってしまって、東京で売られているキリの普通の海苔が食べられなくなったら、どうしようと、ちらっと心配になる。(笑)

その海苔をいただけるときには、私が、毎年、暮れになると、自分で焼いている千葉産の青混ぜを彼女に渡そう。どっちが勝つかな~? 楽しみ。(笑)

うらさんは、ご自分でも海苔を焼くのだそうだ。
で、焼き方を聞いたら、10分もかからないのだって。
私は、1帖焼くのに40分近くかかってしまうのだ、その差は、ガス火に鉄板を乗せるかどうかのようだ。

唯一、次回、私が勝つとしたら、この焼き方の差、丁寧さだけが頼り。(笑)
果たして、どちらが勝つでしょう?
[PR]

by mw17mw | 2010-08-22 11:24 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by hatchmam at 2010-09-04 09:44 x
ご無沙汰してました~
とっぷり夏ごもりをしていたhatchmamです。
久々にお邪魔したら・・・私の名前が取り上げられていたのでビックリ!

私も海苔はお金を出して買った事が無いので、
どの位の価格の物がどの程度の味なのか解りませんよ~
私もうちの新海苔を、是非マリンバさんに食べて欲しいと思っていた一人です。

どうやら、海苔戦争は有明x江戸前になりそうですね(笑
Commented by mw17mw at 2010-09-04 22:03
>hatchmamさん
こちらこそ、ご無沙汰です。
でも、私が「海苔が好き」とずっと言い続けたら、海苔屋のお嬢さんに二人も知り合いができたことも、結構すごいと思います。

いいですね~、海苔がただなのが当たり前というのは。

海苔、お気遣い有難うございます、その頃、お会いできる機会があればということで。

千葉対有明の戦いは、きっと、お互い譲らないでしょうから、難しいかも。
両方もらえたら、両方にお分けしますね。
お互い、良い点がわかると思います。