築地から新橋へフラフラ

先週の土曜日、突如、海苔が切れそうなことに気付き、築地に海苔を買いに行ってしまった。
(ずっと、今度海苔が切れたら、やぶきた園の海苔を試してみようと思っていたので)

で、やぶきた園で海苔を見ていたら、お店の人が、見本の1枚を渡してくれたので食べてみると、とても美味しかった。
何でも、寿司はねで、傷がなかったら、1帖840円のものが、少し難があるとのことで、3帖1260円、すなわち、1帖420円と半額であった。
香りもいいし、歯が当たった感じも良い、また、口の中で海苔が溶ける感じも気に入った。
お店の人が「この海苔の寿司はねです」と840円で売られている海苔を教えてくれたのも良い感じ。(きず海苔と元々の海苔を並べて売っているのは、初めての経験であった。)

d0063149_8502814.jpgこれは、本当に気に入って、毎日美味しく食べている。
今まで色々な海苔を買ってみたが、一帖600円くらいのものを買っても、大して美味しくない場合もあるし、きず海苔だったら、200円とか300円くらい出しても、それ以上の価格の味かと想像してしまうのだが、実際食べてみると、大して美味しくない場合も多い。
何となく、海苔を色々試していて、「焼き海苔は、400円くらい出さないと、まともなものが買えないのでは?」と思っていたのだ。
だから、普段使いに1帖400円程度には抵抗なし。

どこがというのは難しいのだが、このやぶきた園さんの420円の寿司はねは、本当に「めっけもの」という感じの美味しさだと、私は思っている。
当分、海苔は子の海苔にしよう。

さて、無事、海苔も買い終わった時に、今度、築地に行ったら、鶏肉屋(鶏屋)さんのことをブログにまとめたいので、帰りに新橋に回って、きっとこのお店が都内最高の鶏肉屋さんではないかと思っている「加賀屋」を見て来ようと思っていたのを思い出し、徒歩で、新橋に向かった。

この築地から銀座8丁目界隈を通り越して新橋に抜ける道々も、おのぼりさん気分で歩ける地帯で楽しかった。
途中、素敵な料亭があったのだが、それが東京吉兆だったり、鰻の竹葉亭の素敵な建物があったりで、やはり、銀座から新橋にかけては粋な感じがここそこに残っていた。
また、新橋近くに、区立の中学校を発見、その名は、「中央区立銀座中学校」、へ~、銀座界隈にも住んでいる人がいて、まだ、中学校があるのだと、びっくりしたり、また、汐留の入り口のところに、昔の立派な洋館が見えたので、近づくと、昔の新橋駅の駅舎を復元したものであったり、見るものが沢山あった。
d0063149_8481951.jpg


一番良かったのは、新橋近辺で昭和通りを渡ろうとした時、歩道橋しかないことが分かったこと。
まずは、徒歩で行った時にそのことに気づいてラッキーだった。
もし、最初から、自転車で築地から新橋に向かっていたなら、昭和通りが渡れなくて、ずっと北に引き返さなくてはならないところであった。

途中、新橋駅の手間に、「鳥取プラザ」という鳥取県のアンテナショップと、「せとうち旬彩館」という香川・愛媛県のアンテナショップにひっかかった。
香川・愛知の方が広くて、こちらの心にピタっとくる商品があるような気がした。
鳥取は、ざっと見た感じ、特産物での新商品を開発し出したばかりなのか、結構地味、且つ、余りピタっと来るものがないという印象があった、また、加工品ばかりで、「素材」も少ないような印象を持った。
(しかし、後で、新橋に詳しいケイトさんに聞いたら、鳥取プラザの中にある「トットリーネ」というイタリアンが中々良いとのこと。今度行ってみる楽しみができた。トットリーネの食べログの評価は、こちら。)
d0063149_8475078.jpg

線路の下をくぐって、赤レンガ通りに出て、無事、加賀屋に到着したが、残念ながら、お盆休みであった。
でも、場所がはっきりわかったから、良しとしよう。
次回築地には、自転車で行って、再度、オープンしている加賀屋をちゃんと見て、東京の鶏屋さんについて、まとめようと思う。
加賀屋の合鴨を昔父の弟である叔父からもらったことがあり、折り詰めにさばいた肉と骨が入っていて、何だか、すごく上等な感じを受けたし、実際お肉の味も良かった。

他に、築地には、宮川食鳥店、鳥藤なぞもあるし、特徴をまとめたい。
[PR]

by mw17mw | 2010-08-21 08:55 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(8)

Commented by Ushi-kun  at 2010-08-21 10:25 x
こんにちは。
浅草橋の埼玉屋さん(鶏肉専門店?)でお買い物をしたくて、18日に行ったらお盆休みでした。残念。
今日、金田油店と埼玉屋のセットで行って見ようかと思案中。
(こちらで去年の金田油店のイベントの日記を読んで、今年は行ってみたいなぁと思っていたのです)

Commented by mw17mw at 2010-08-21 11:10
>Ushi-kunさん
埼玉家さん、場所はわかりますが、何だか営業しているのかしていないのかわからないような雰囲気で一度も買ったことがありません。
良いお店なのですか?
私も今日金田さんに行く予定です、地がベージュに細かいピンクや赤の花模様のブラウスに紺のスカート姿のおばさんがいたら、それは私です。(笑)
お会いできるといいですね。
Commented by DIACKO at 2010-08-21 14:14 x
きゃあ!父が証券関係の人間だったので、兜町に近い茅場町に住んでいて、八丁堀から大学に通っていた私にとっては涙の出る写真と文章。まりんばさんの行動半径は私の好きな所ばかりで嬉しくなります。
Commented by Ushi-kun at 2010-08-22 03:19 x
金田さんのイベントの時間には行けず、お買い物だけにちょっと行きました。お目に掛かれると良かったのですが、またの機会に!
帰りに埼玉屋さんに行きました。きじ丼が美味しいとネットで知って食べてみたかったからです。
鶏肉屋さんというよりお弁当屋さんという感じで、地元の方がいらしても皆注文はきじ丼でした。注文が入ってから、お肉を切り、焼いて下さいます。
特上ミックス丼という、鶏肉とレバー(ハツも入っていました)
が乗っているもので760円。お肉は薄目のそぎ切り。ご飯の上、全面に隙間なくお肉が並んでいて、緑色の胡瓜のおつけものと紅生姜が添えてありました。
特徴がある味付けとかではないのですが、
冷えた状態で食べたのに美味しかったです。
Commented by mw17mw at 2010-08-22 10:58
>DIACKOさん
わ~、この「築地~新橋記」をそんなに喜んでいただけて、嬉しいです。
実は写真も面倒だから、やめちゃおうかなと思っていたのを頑張った甲斐がありました。
大学が、新橋より西側だったのですね。
また、今度、自転車で新橋の加賀屋まで行くので、写真撮って来ますね。
Commented by mw17mw at 2010-08-22 11:01
>Ushi-kunさん
お会いできなくて残念でした、本当に「またの機会に」です。
Ushi-kunさんのコメントを読み、「美味しそうだな」と思いながら、人形町の図書館に本を返すために出発し、浅草橋を通ったら、埼玉屋さん、開いていたのです。
思わず買おうと思ったけれど、メニューが沢山あったので、何を買って良いかわからず、今朝はパスしてしまいました。
でも、家に帰って来てから、やはり食べたいと今考えています。
新生姜も買うのを忘れたし、もう一度、買いに行こうかな?
Commented by world-easyken at 2010-08-24 04:07
鳥取のアンテナショップは結構新しいですね。
オープニングの頃は地場野菜とか多かったですけど、最近はチョット少なめです。
この前は農業高校の生徒が自分たちの実習で作った製品を売ってましたよ(笑)。
全体的に鳥取は海産物よりも畜産系が多いですね、お隣さんがあんな感じだとカブってしまうからかも知れないですけど…
銀座一丁目エリアも山形に続いて高知が出来ましたね。
にぎやかになりそうです。
Commented by mw17mw at 2010-08-24 12:11
>world-easykenさん
鳥取って、海にも面しているけれど、大山があるのですよね。
一度行ったことがあって、とても広大で垢抜けて素敵な山だと思いました。
何だか、香川・愛媛の方が、「観光・集客」に手慣れているような感じでした。
思わず、鳥取も島根と組めば良かったのにと思ってしまいました。(笑)
何だか、鳥取県も試行錯誤を繰り返せば大化けできる実力を感じています。

銀座一丁目の方も涼しくなったら、行ってみたいです。