Vinuls・シャガール展・大英堂のパン

お盆休み一日目は、毎年、この時期にお付き合いいただく、大学時代の友人と一緒。
シャガール展を見たいという彼女の希望に沿って、待ち合わせは、上野駅とすると、ランチはどこで食べよう?

d0063149_23261379.jpgで、一度入ってみたいと思っていた「Vinuls(ヴァニュルス)」にしてみた。
ここは、フレンチレストランを多々展開するオザミグループが上野駅で開いたスペインバール。
でも、駅前というか、駅の中のアトレの中だから、どうかな~と一抹の不安はあったけれど、結果まあまあ。
使い勝手が良いお店だと思う。

入ると、店員さんに、「食事か飲み物か」と聞かれ、食事と答えると、「禁煙?喫煙?」と聞かれて、席に案内される。

d0063149_23264368.jpg実は、その友人が、明大前に住んでいるので、予め、調べたら、明大前には、「大英堂製パン」というパン屋さんがあって、食べログで点数が高いので、パンを買って来てもらっていたので、ここは、軽く。(買って来てもらったけれど、何せダイエット中なので、2つくらい買って来てもらって、半分ずつする予定)

メニューを見ると、タパスプレートと、レディースプレートというのがあり、お店の人に聞いてみたら、レディースプレートは、10品中3品がデザート、タパスプレートは、デザートが1品ということ、それから、タパスプレートには、スペイン風オムレツが入っていたので、タパスプレートに決定、980円。
これに、コーヒーか紅茶をつけると、プラス100円。

d0063149_23271728.jpg全部、普通に美味しかったし、不愉快なところはなかったし、4人用の席に座れたこともあり、ゆったりとしていて、駅前軽食堂としては、使い良さそうなイメージ。
そうだ、忙しそうな店員さんの目が届かないような奥まった席だったので、デザートが全然出てこなくて、また、それを催促するために店員さんを捕まえるのがちょっと大変だったかな?

でも、デザートも美味しく、ゆっくり楽しくお話しできて良かった。
交通便利だし、これからも、気軽に手っ取り早く使えそうなところが気に入った。

d0063149_23274365.jpgその後、暑い中を芸大美術館に歩いて行くのが嫌だったので、時間を調べておいて、上野入谷口停留所から、東西めぐりんに乗って、芸大まで行った。

シャガールはとても良かった。
シャガール以外のロシア・アヴァンギャルド派の画家たちの若い頃の絵も多数展示されていて、皆良かった。
シャガールは、ロシアを離れ、フランスに行ったから、成功したのだろうか?
他のロシアの画家たちは、その後、ロシア革命に巻き込まれ、その後もずっとロシアで活動していたのだろうか?
その後は、どうなったのだろうとか、気になってしまった。
それにしても、シャガールはずいぶん長生きして、本当に沢山の絵を残している。
画家として大成功で、それなりの苦労もあったけれど、幸せな人生だったのだろうな。

で、見終わった後、芸大の中を、芸大アートプラザの方に抜け、前庭にある誰でも利用できるテーブルのところで、自販機から飲み物を買い、友だちに買って来てもらった大英堂製パン店のパンを食べた。
この芸大アートプラザの前庭は、道路からも離れているし、静かで、人目が気にならなくて、ゆっくり休んだり、何か食べたりするのにちょうど良くて好き。(売店の中にも、休憩用のテーブルとイスがあるが、こちらは、はっきりと「飲食禁止」と書いてある)

d0063149_2328885.jpg大英堂製パン点というのも、食べログを読むと、明大前の昔からのパン屋さんらしい。
友人が「ハンバーグ・パン」と「カツ・パン」を選んで買って来てくれたのだが、すごく上品と言うか、我が台東区から東の方のメンチパンとかカツパンという大きさの半分くらいの大きさ、でも、厚みは立派な感じの印象であった。
パンより、具が多い感じかな?その点とパンがとても小さいので、さすが、世田谷区、台東区より上品な土地柄の反映かもと思った。(笑)
本当、こういうお総菜パンは、大きさとか中味は、地域によって相当差があるものかも知れない。

味は美味しかった。
ハンバーグ・パンは、ソースが甘めで、多分、牛肉より豚肉が多いハンバーグなのだろうか、食べていると、「ハンバーグ」というより、「メンチカツの衣抜き」という味に感じられた。
カツパンは、ソースが辛めで、美味しかった。

何でも、大英堂製パンの周りが学校が多くて、中高生たちが良く買って食べているとのことだったが、この大きさだったら、絶対、一つでは済まないなと思う。(ダイエット中の私には有難い大きさであった。)

明大前、中々行けないところの昔からのお総菜パンを試すことができて、良かった。

<追記>
大英堂と名前のつくパン屋さんは、現在、下北沢、明大前、馬込にあるそうだ。
まさかと思ったら、Wikiに、大英堂という小型のパン屋グループの歴史が載っていた。
都内西部と城南地域で発展し、また、段々消滅したパン屋さんグループだから、私が知らなかったのも無理がない。
[PR]

by mw17mw | 2010-08-15 23:31 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2010-08-16 00:35 x
私の好きな下北沢のmixture(bakery & cafe[大英堂])も
チェーン店ですかね?
下北の店の惣菜パンは商店街の揚げものとコラボしてたりですが
パン生地との一体感があり息子たちが大好きです。
Commented by mw17mw at 2010-08-16 09:28
>ケイトさん
食べログで「大英堂」を引くと、馬込店が出てくるし、友人のご主人が「昔は四谷にあった」とのこと、また、ケイトさん情報で、下北にもあるとのことで、Wikiを引いたら、ちゃんとWikiに大英堂が出ていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/大英堂製パン店
「東京都西部・城南地域を中心として展開した比較的小規模な製パン店グループ」とのことです。
下北のも食べてみたいです。