花火の夜の発見-アルナスマ

家から花火が見えなくなって、早数年。
花火が見える地域に住んでいて、花火が家から見えないとなると、ただの「ヘリコプターの音と花火の音がただの騒音ととしか感じられない」地域になってしまうのだ。
しかも、風向きによっては、火薬臭い。
そういう地域に花火の時間帯にじっとしていると、「え~い、うるさい!」と、結局、花火の見える場所を探して、ウロチョロしてしまうのだが、結局、花火の見える場所は混んでいてうんざりして帰って来るという結果に終わりやすい。

今年はそうならないために、予め、他の地域に出かけてしまおうと思ったのだ。
第一候補...夕方から、新しくなった三越の本館・新館をじっくり見て回った後、表参道の
         紀ノ国屋インターナショナルもようやく建て直し終わったみたいなので、
         一度は見ておこうと思ったのだ。
         三越は、7時まで、紀ノ国屋は、9時までだから、十分時間がつぶせる。

第二候補...本当はそのうち友だちを誘って行こうと思っていた新三郷のIkeaも夜の
         9時半まで営業しているらしいので、ここに夕方から一人で行って
         しまおうかと思ったのだ。
         すごく広いらしいから、時間は十分潰れる。
         そして、距離的には遠いけれど、つくばEXのおかげで、時間的にはとても
         近い。

で、色々な都合で、第一候補を実行することに落ち着いた。
それにしても、私が時間をつぶすとなると、何だか、食料品売り場をウロチョロするしかないみたい。(笑)
映画も考えたのだが、土曜日の夜、一人で映画を見るのは、ちょっとみじめかなと思ったので、やめておいた。(また、見たい映画を探すのも時間がかかるし)

で、いざ、三越へ。
三越の食料品売り場はとても良くなったと思う。
目に飛び込んでくるもの、全てが新鮮に見える。
新館に行って、イータリーとか、ダロワイヨなぞをじっくり見る。
取り立てて買いたいものはなかったが、良さそうなものが沢山あった。

で、三越新館で一番びっくりしたのは、今年のお正月頃、在海外のDiackoさんにいただいたお土産の一つであるドバイのチョコレートの「砂漠を歩く人間とラクダ」の絵と似たようなパッケージのチョコレートを売っていたこと。
通りすがりにそのチョコを見て、「あ、見たことがある」と思って、立ち止まってしまった。
(下の写真は撮っておいたのだが、ブログに乗せ損なっていた。)
d0063149_22425655.jpg

「へ~、日本でもドバイのチョコレートが手に入るのだ」とびっくりしたが、何でも、今年3月から日本で発売を開始したというから、三越新館の地下がリニューアルされた時に、目玉として売店ができたのかも。

但し、Diackoさんにいただいたものは、トリュフ型というのだろうか、板チョコではなく、正四面体のチョコの中に、木の実などが入っているタイプ。(三越の売店では、板チョコしか売っていなかった)

いただいたチョコレートは、とっても美味しかったけれど、「ドバイにもチョコレートを作る会社があるのだ」くらいにしか思わなかった。
アラブの地域に、チョコレート会社があるのは不思議な気がしたのが、そうだ、チョコレートは、カカオを輸入すれば、別にアラブ方面でも作れるよねとか、ドバイのお金持ちもチョコレートが大好きなのだな程度にしか、考えていなかった。

が、今日、三越のその「アルナスマ」というチョコレート屋さんで、そこのチョコレートは全て、キャメルミルク製と知り、お~、あの時、私の食べたあのチョコは、ラクダのミルクでできたチョコレートだったのだと、初めて理解した。
(多分、パッケージに英語でそう書いてあったのかも知れないが、まさか、世の中にラクダのミルクで作るチョコがあるとは、思いもしないで、全てチョコレートと言うものは、カカオと牛乳で作るものと思っていたから、全く英語を読まなかったのだ。)
Diackoさんは、ドバイの珍しい物を送ってくださったとは思ったが、それがまさか、「ラクダのミルク」を使ったチョコだから、珍しいとは思わなかったのだ。(アラブでチョコを作ること自体が珍しいのだと思っていた。)

そして、アルナスマというチョコレート屋さんは、ドバイ政府御用達の高級チョコレート屋さんだそうだ。
(高級であることは味からわかったけれど)

「豚に真珠」「猫に小判」という、物の価値がわからない物に価値があるものをあげても無駄と言う例えがピッタリの出来事であった。(「私にドバイのチョコレート」?)

その後、三越を出て、地下鉄に乗り、表参道の紀ノ国屋インターナショナルを見て来たが、地下ワンフロアで小さく、何だか、普通のスーパーより気持ち高級くらいにしか、感じられなかった。(以前は確か2フロアだったように覚えているのだけれど、違うかな?)

以前の紀ノ国屋は、「インターナショナル」がつくだけあって、外人とか芸能人の買い物客も多いような、本当に高級感溢れるスーパーだったと思うのだが、何だか、新しくなったら、そんな雰囲気が全くなくなってしまったように感じた。

紀ノ国屋が下がったというより、他のスーパーやデパ地下のレベルが上がってしまったのかも知れない。
多分、売り場面積が減ったのも原因かも。

昔の方が、余所にはない高級食材が色々揃って「さすが!」と感じることが多かったと思う。

今は、そんなに珍しい物は売っていないし、値付けが高めの印象があり、何だか、中途半端なスーパーとの印象を持ってしまった。(紀ノ国屋に赤酒があったのだが、我が家より100円以上高い価格であった。)
もう、ここにわざわざ行くことはないと思う。

その帰り、並びのナチュラルハウスも寄ってみたが、別に特段、青山で買う必要のないものばかり売っているような気がして、何も買わなかった。

結局買ったものは、紀ノ国屋で赤梅酢だけ、後は、御徒町に戻ってから、吉池で買い物をして帰って来た。
やっぱり、台東区は落ち着く。(笑)

ということで、ウロチョロして家に戻ると、ヘリコプターの音は少ししていたが、今年の花火の日は、一発も花火の打ち上げ音を聞かないで終わって良かった。
[PR]

by mw17mw | 2010-07-31 22:48 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(8)

Commented by Ushi-kun at 2010-08-01 04:54 x
こんにちは。
紀ノ国屋、とてもつまらなくなりましたよね。同感です。
立て替え中の仮店舗と今回の店舗とそう変わらないような印象です。
以前の2フロアの前の1階ワンフロアーの時から知っているのですが、だんだんつまらなくなって行くような気がします。

それで調べてみたら、03年の時点(立て替え時)に紀ノ国屋は土地を売却していました。そして出来たピルにテナントとして出ているだけなのです。そして今年に入ってから創業者一族(?)からJRに経営権が変わっていたのでした。
成城石井も経営が変わって、都内様々な場所に出店して来ているように、エキュート等で紀ノ国屋も展開していくようです。

以前は、それぞれのスーパーの特色があって良かったのですが、
個性がなくなっていくようで残念です。

Commented by mw17mw at 2010-08-01 13:09
>Ushi-kunさん
同じようにお感じになりました?
私はJRが経営権を握ったとのことで、期待したのですが、見事に裏切られました。
でも、帰りに、表参道の駅の中に「OMO 紀ノ国屋」という小さな、コンビニよりは、持ち帰りの食品に力を入れたお店を発見、そちらも見てみましたが、そちらの方が何て言うか、人間の知恵が注入されている感じでした。
もしかして、JRは、今までの紀ノ国屋のスーパーの経営には余り興味がなく、「紀ノ国屋」というブランド名を使って、新しい形態の商売を考えて行きたいのかなと思いました。

でも、スーパー本体があれでは、信用落としますよね。(でも、スーパー本体に行かない人が圧倒的に多いだろうから、それでも商売になるのかもね)

本当に、昔、名を馳せたブランド名だけが独り歩きして、現状、中味の薄いスーパーが放っておかれるのは、嫌やですけれど。
Commented by DIACKO at 2010-08-01 16:22 x
なんだか見たことのあるものが・・(笑)。
しかし、ドバイのチョコレートを三越が仕入れているとは驚きました。
紀伊国屋、そうですか・・。あそこも思い出の多い店でしたので残念です。その前(私が小学生の頃)は原宿のコープオリンピア(ソニープラザのできる前、輸入食材を一手に引き受けていました)だったのですが、あそこも既に南国酒家となってしまっています。・・と書いていて自分の年齢を感じました。
Commented by mw17mw at 2010-08-01 16:42
>DIACKOさん
あのチョコ、高級な味で美味しかったけれど、「ラクダのミルクを使っている」というのは、全くわかりませんでした。
ドバイのチョコ、やはり、日本では認知度が低いのか、余り売れていないように見えました。
表参道・原宿あたりも変わりますよね、紀の国屋の後、その裏手の路地をフラフラしたのですが、裏の方は、個性があって、おもしろそうでした。
Commented by ままよ at 2010-08-01 22:02 x
私も夜まで居たかったです。
病み上がりの娘に夕飯が届くよう帰ってきてしまいました。
来年はゆっくり行きたいです。
Commented by mw17mw at 2010-08-01 22:24
>ままよさん
わけがわからなかったのですが、B食を読んでわかりました。
お一人でいらしていたのですね~。
私は以前からのお約束で、8月のどこかの土曜日はままよさんとと思っておりました。
江古田行って、マイマイに行っても、パーラー江古田に行かねば片手落ちです。
「江古田なら任せてください」(本当かな?)なんちゃって、また、8月9月でお時間ありましたら、誘ってください。
Commented by ままよ at 2010-08-02 00:59 x
涙が出るほど嬉しいです♪
お誘いくださりありがとうございます。8月14.28日が空いています。
9月は前半なら・・・(青春切符が使えるので・・)江古田を満喫したいです。
Commented by mw17mw at 2010-08-02 13:04
>ままよさん
そんな、大袈裟な~。
むうちょっとしたら、B食の方にメールしますね。