最近のお気に入りの場所-池之端4丁目(旧谷中清水町)1/2

連休、のんびり過ごしてしまった。
初日は、午前中から自転車で買い物に出かけたが、2日目3日目は、暑い日差しがきつい時間は家の中にじとっとこもって、料理したり、掃除したり。
午後4時頃から活動開始して、いつもはゆっくり行けないような、いつも行く場所をゆっくりのんびり徘徊していた。(笑)

で、最近、気に入っているのが、今の住所表示では、池之端四丁目、旧町名では、谷中清水町という区域。
(旧町名の地図を見ると、都立上野高校の横からグラウンド裏あたりのようだ)

文京区の本を借りたりする時、文京区立図書館の根津分室を利用する関係で、東西めぐりんに乗って、谷中清水町公園と言うバス停で降り、直進するとすぐに言問通りにぶつかるので、それを左折して、根津の交差点の方に歩くか、言問通りを渡り、大きなヒマラヤ杉が有名な寺町界隈を通って、根津分室に歩くのが、私の決まったコースであった。

ある日、谷中清水町公園で降りて、直進しないで、後戻りして、一つ目の角を右に曲がってみたら、中々風情のある坂道で、「三段坂」という通りであった。
d0063149_2245492.jpg

ちゃんと説明が書いていあって、そこに「屋敷町の大通り」と書いてあった。
既に、木造の大きな屋敷はなく、ビルに建て替えられている家が多いけれど、何となく風情があるのだ。
(インターネットで、「三段坂」で検索したら、「三段坂の屋敷/池之端四丁目」というページが見つかった。
ほんの20年くらい前、大きな屋敷が並ぶ通りだったのだ。)

台東区の高級住宅地と言うと、「上野桜木町」が有名で、私は、この「谷中清水町」の存在を知らなかったけれど、相当な屋敷町だったのではと、今でも想像できる。

この通り、全てはビルになっておらず、木造家屋のお家も残っているけれど、木造ではお屋敷と言える規模のものは既にないようだ。
ただ、一軒、写真左真ん中の白い木造家屋は、邸宅ではないけれど、持ち主の趣味とか希望を生かして、設計され、作られた趣味的な建物だということが感じられて、ある意味、贅沢な木造建築に見える。

でも、今では殆どがビルなのだが、何となくお金持ち風のビルが並んでいる。(何故か、立派な多慶屋の社員寮があるのだ。この社宅に住める社員は、きっと多慶屋の幹部なのかも知れない)

一番、贅沢を感じるのが、下の写真のビル。
d0063149_2263456.jpg
何故か、正面に、ティラノザウルスとか、始祖鳥の絵をはめ込んでいる。
この建物自体、会社なのか、個人住宅なのかもわからず、何の目的で、こういうタイル張りの絵をはめ込んでいるのかもわからない。
でも、それでも何でも、こういう装飾を家に施すというのは、金持ちでなくてはできないと思ってしまう。

d0063149_22153920.jpgこの坂はとても短くてすぐに行き当たるのだが、行き当たりすぐ右に、山中旅館がある。
私は行ったことはないのだけれど、何でも、この中に、「古月」という高級な中華料理のお店があって、有名。
食べログでも、評判が良いよう。
[PR]

by mw17mw | 2010-07-19 22:14 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)