おにぎりの海苔・軍艦巻きの海苔・海苔弁の海苔

昨晩のケンミンショーで、東京と大阪の間のどこが、「おにぎりの海苔が焼き海苔か味付け海苔かの境界線か」という話題を取り上げていて、面白かった。

その番組によると、鈴鹿山脈の東側の「亀山市」がその境で、そこより西は「おにぎりには味付け海苔」(スーパーでも8:2の割合で味付け海苔が多く売られている地域)、東はおにぎりには焼き海苔」(スーパーの海苔売り場の8割は「焼き海苔」)なのだそうだ。

で、亀山市は、何でも、昔から交通と言うか街道の要所で、東西の文化が入り混じる地域らしく、スーパーに置いてある海苔の割合は、焼き海苔:味付け海苔が半々という珍しい地域なのだそうだ。

(見ながら、焼き海苔派の地域は、濃い口しょうゆを使うのに慣れた地域で、味付け海苔派は、薄口しょうゆとか昆布味が日常の地域かなと思って見ていた。)

私は当然焼き海苔派。
自分で味付け海苔を買うことが皆無だし、何で、世の中に、味付け海苔があるのか、不思議に思っている派。
味付け海苔はもらったら、見たくないので、余り何も考えずに、さっさと食べてなくしてしまうタイプ。(笑)

で、その番組で、味付け海苔派の人が「味付け海苔を巻いたおにぎりは、冷めると、味付け海苔とご飯粒の味がいい感じに混ざって、握り立てと違う美味しさがある」というのを聞いて、「なるほど」と思った。
また、味付け海苔派の人は、「焼き海苔を巻いたおにぎりを食べると、何の味もしない」と言っていたところを、焼き海苔派の人は、「焼き海苔を巻いたおにぎりの方が、ご飯の甘さが良く分かって美味しい」と言っていたところが面白かった。
(焼き海苔を巻いたおにぎりに、海苔の味を感じられない人がいるということ自体びっくり。)

そうか、同じおにぎりでも、味付け海苔を巻いたおにぎりは、時間を置いて、味付け海苔の味とご飯の味が合体・融合したところを味わうもので、焼き海苔を巻いたおにぎりは、海苔の味で引き立つご飯の甘さを味わうものかも知れないと思った。

ま~、私は、余程のことがない限り、味付け海苔を巻いたおにぎりを食べるチャンスがないと思うが、味付け海苔派の人が「ここがポイント」という美味しさのう観点で食べてみたいとは思う。

しかし、許せないのは、100円の回転寿司の軍艦巻き。
一番良く行くはま寿司は、軍艦巻きの海苔が味付け海苔なのだ。
あれはどうにかして欲しい。
軍艦巻きの海苔が味付け海苔だと、余分な味がして、美味しくないのだ。(慣れの問題かも知れないが)
関西では軍艦巻きの海苔も「味付け海苔」が主流かしら?(後、海苔弁の海苔も)

以前、二人の方から、北海道も、海苔と言ったら、味付け海苔を指すと聞いたことがあるし、今度は、全国ベースで、焼き海苔地帯・味付け海苔地帯の区分を調べてほしい。
[PR]

by mw17mw | 2010-07-16 18:25 | 食材・食材のお店 | Comments(0)