昔懐かしい物が残っている根岸&新しいお店

昨日の「デン」もそうだし、先日紹介した「定谷」の外観等、根岸には、もう御徒町あたりから消えてしまった懐かしい物が沢山残っているようだ。

「デン」の食べログを見た時に、発見した「マルス」。
鴬谷駅前に洋食屋さんがあるとは知らなかったのだ。
全体の点は、3.01と低いけれど、口コミ5件を読んでみると、皆、味には満足している様子。
興味が湧き、どんなお店だか見て来ようと、デンの前に訪ねてみた。

で、鴬谷駅なのだけれど、北口は、住宅地とホテル街に繋がっているイメージで、入谷に近い南口から根岸の方に降りたところは、未だ、全然整備されておらずゴチャゴチャ小さいお店が並んでいて何だか「戦後」とか「場末」というイメージ。(まだ、アメ横の方が整備されていてほんのちょっと垢抜けているという感じはある)

d0063149_16243336.jpgマルスは、言問通りの「鴬谷駅下」という信号を駅の方に曲がったところ、富士そばの裏にあった。
お店自体は二階のようで、1Fはサンプルが入ったケースと階段へ続く入り口だけで、中の様子はわからなかった。
他のお店の看板や旗に負けそうなケースの中には、周囲に全然負けていない、でも最近はあまり見かけないタイプの美味しそうなお料理のサンプルが沢山並べられていて、このお店が、「ただの洋食屋」ではなく、「本格的な昔のフランス料理もできる洋食屋さん」であることを物語っていた。
例えば、伊勢エビのテルミドール風って、エスコフィエの料理だし、エスカルゴもあるし(と言っても私は食べられないが)、わ、入ってみたいと思った。

このお店を見て思ったのだが、気付いたら、こういう本格的洋食屋さんも相当減っている、よくぞ生き残っていてくれたという感じ。

しかし、食べログでは、ランチ営業があるようなことを書いてあったが、お店のHPによると、現在は夜にしか営業していないようだ。(お店のメニューはこちら

行くのは難しいかも知れないが、機会があったら、行ってみたい。

<新しいお店-江戸前煮干ラーメン「きみはん」>
d0063149_16193431.jpg数日前、インターネットで、根岸にできた煮干ラーメンの「きみはん」というお店は、千駄木のつけ麺TETSUのオーナーが新しく開いたお店とのこと。
で、探すつもりはなかったのだけれど、今回行った「デン」の隣だった。
土曜日の午後1時過ぎで、行列は0だった。

行列がないということは美味しくないのかな?行列があると、並んでまで食べたくないと思うしで、結局は、この近辺に行ったら、デンかな?
[PR]

by mw17mw | 2010-05-31 16:22 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)