とうとう買えた「谷中の岡埜栄泉の柏餅」

(追記:最近、この記事が良く読まれているようなので、追記します。
一度購入したときの記事が下記ですが、次の年も買いに行ったら、全然別物を売っておりまして、美味しさも違いました。
毎年同じ味噌が仕入れられない等の事情があるのかも知れません、くれぐれも期待し過ぎないようにと思います。2014.5.6)

今日のお昼頃、買いに行って、ようやく3年越しに、谷中の岡埜栄泉の柏餅を買うことができた。
とにかく、振られること3回、4回目にしてようやく買えたのだ。

で、4回でわかったことをまとめると、

谷中の岡埜栄泉で柏餅を買う要領
   1.柏餅は、5月1日~5月5日まで製造される。(定休日は水曜日)
   2.1つ230円
   3.電話予約は、少量でも受け付ける。
   4.賞味期限はその日限り。
   5.予約しない場合は、お昼頃までに訪ねれば、確実(らしい)
   6.予約したものを取りに行く場合でも、時間はなるべく早めに。
     (商品が売り切れてしまうと、3時頃でも店じまいしてしまうので)

私は、味噌あん3つと、小豆あん1つを買い求めた。
で、写真です、ジャ~ン。
d0063149_2250476.jpg
ピンクが味噌あん、白が小豆こしあん。
何でだか、小豆あんと味噌あんと、包んである柏の葉の色が違うところも凝っていた。
しかし、柏の葉も湿っていて、葉っぱの香りが素晴らしい。
そして、葉っぱを剥くと、お餅もしっとり出来立ての風情、柏の葉の香りとお餅の甘い匂いが鼻先に漂い、幸せ。
あんも美味しいし、全てに気を遣い、上質な材料で丁寧に作られた最高の柏餅であった(と私は思う)。

和菓子はこうでなくてはねという見本のような、さすが、老舗の柏餅であった。
(同じ岡埜でも、冷凍した練り切りを解凍して売っているお店も世の中にはあるのだ。)

谷中から歩いて帰り、途中吉池で柏餅の値段が目に入った。
吉池は、170円、230円という谷中の岡埜栄泉さんの価格はずいぶん高いけれど、品質から言ったら、納得できるものだと思う。

d0063149_22551963.jpg
こしあんは、他にも美味しいお店もあるので、ごく普通の「丁寧な美味しさ」を感じた。
味噌あんは、確かにここのは美味しいと思った、というか、そんなに色々なお店のものを食べているわけではないけれど、味噌あんが美味しいと思ったのは、今回が初めてかも知れない。
派手な美味しさではなく、味噌の味、甘さなどのバランスが取れている味なのだ。
大抵、味噌あんは、白味噌の味がきつくて、飽きてしまうのに、ここのは、何個でも食べられる感じ。
(味噌あん3つ、こしあん1つにしたのは、正解であった。)
や~、これは癖になりそう。
来年も買いに行きたい。

柏餅のカロリーは、食べ終わってから調べたら、1つ134kcalと、結構少なかったので、ほっ。
(今日は3つ食べてしまった、1つは賞味期限が切れてしまうけれど、明日食べる予定。)
[PR]

by mw17mw | 2010-05-05 23:03 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2010-05-05 23:05 x
予約出来たんですねぇ・・・
来年まで我慢します(泣)
Commented by mw17mw at 2010-05-05 23:11
>ケイトさん
良い物をお教えいただき、本当に感謝です。
電話して予約できるか、聞けば良かったですね。
でも、何だか、あのお店のムードだと、突然そういう電話をするのが憚れる雰囲気がありますよね。
私は柏餅食べ歩いていないからわからないのですが、ここのが一番ですか?
来年は是非。