築地の観光地化で、変なしわ寄せ

お昼近くに、築地にじゃことこうなごを買いに行って来た。

d0063149_2320038.jpgこれが半久商店のこうなごの写真。
新物は、緑色っぽいのですぐわかる、昨年のものは、灰色っぽい。
恐るべきはその価格差。
一番高いのは、「新漁物」で1kg3500円、昨年のものは、1kg1500円。














d0063149_23204049.jpgトイレの話で恐縮なのだが、築地で、無料で入れるトイレで一番きれいなのは、築地共栄会ビルのトイレだと思う。
というか、私は、築地ではいつもそこを利用していた。
が、前回、そのトイレに行ったら、有料になっていて、100円か、何だかコインを入れないと、入れないように変わっていた。
これこそ、築地の観光地化による弊害だろうと想像がついた。
どう考えても、皆、築地場外で、無料で入れる一番きれいなおトイレはどこかと考えると、「共栄会のおトイレ」と思い付くのだろう。
本当に、築地に来る人が増えて、このおトイレを使う人も増えたら、ビル側としてはたまったものではなかったのだろう。

その時、やむを得ず、100円払って入った。
洗面所で、様子を見ていたら、100円なり、コインなりを入れると、結構長い間、ドアが開くので、いっぺんに数人入って来たりしていた。
あのコインは、共栄会ビルの中で、買い物したり、飲食したりするときに、お店の人に頼めば、きっとくれるものであろうことは想像がついた。

ということで、今日は、共栄会ビル1Fのロビンズコーヒーで、休憩したので、お願いして、コインをもらうことができた。
(きっと、2Fのマックでお茶しても、コインくれるだろうけれど、マックは、11時から全面禁煙なので、最近は中々行けない。)
今度から、共栄会ビルで、何かを買ったり、お茶したら、使う使わないに拘らず、コインをもらって、お財布の中にためておこう。(お茶や飲食だったら、人数分コインをくれるだろうけれど、買い物の場合は、複数人で、一つの買い物をした場合、複数人分くれるのだろうか?)

そして、私が2Fのトイレの方に行くと、親子連れのお母さんと小学生の女の子が、財布の中に100円玉がなくて、入れないわね~と言っているところだった。
前に、100円玉一つで数人入ったのを見ていたので、私のコインで困っている親子を一緒に入れることはできそうだったけれど、余計なことはしない方が良いと思い、私は去る親子連れをそのまま見送り、コインで中に入ったのだ。

そうしたら、中に、掃除をしているお姉さんが一人いた。
ほっ、やはり、余計なことをしなくて良かったのだ。(余計なことをしたら、恥をかくところであった。)

築地も大変、観光地化で、今までの数倍のお客が来るようになって、トイレを有料化したのに、きっと不正が多いのだろう、人まで貼りつけて...。
(次は、千円札の両替え機をつけるのかしら?)

d0063149_232176.jpg帰りは、平成通りという通りを走って帰ったのだが、途中、交差する道の中で、一本だけ素敵な並木道があったので、写真を撮ってみた。
家に帰って、地図を見て調べたら、日本橋の高島屋横に続く通りであった。




d0063149_23232859.jpgその後、人形町で、今話題の具入りラー油の元祖ではないかと報道された「菜心」の前を通ってみた。
空いていたら、お昼御飯を食べようと思っていたが、10人近く並んでいたので、諦めた。
このお店は、日祭日お休みだし、当分は入るのが無理かも。
[PR]

by mw17mw | 2010-04-24 23:28 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)