御徒町南口「アーンドラ・キッチン」

今日は、アキバに買い物があったので、VQさんが教えてくださった御徒町南口の南インド料理の「アーンドラ・キッチン」に行ってみた。(食べログの評判は、こちら

d0063149_0325621.jpg場所は、吉池と線路の間の道をずずっと秋葉原に向かって歩き、南口を通り過ぎてちょっと行った角を曲がってすぐ右側。
(その路地は、中央通りにあるみずほ銀行上野支店に続く道。その曲がり角に南部百姓家がある)
あ、この場所知っている、以前、ベトナム料理のお店があって、結構評判が高かったので、行こう、行こうと思っている内になくなってしまい、その後に、「大連米線」というお店が入ったっけ。
そこもなくなって、今や、南インド料理のお店になったのだ。(もしかしたら、その隣のお店かも知れないけれど)

d0063149_0332212.jpg残念ながら、普通のランチは、平日だけみたいで、土曜日のお昼は、「ホリデイ・スペシャル・ランチ」のメニューしかないみたい。
で、レディースセットを取ってみた。
カレー5種から2つ選ぶとのことで、チキンと海老を選んだ。(チキンはダクシンと比べるために)
その他に、サンバルという南インドのお味噌汁的豆と野菜のスープ、チャパティ、ライス、デザートとのこと。
すぐに出て来た。
チャパティは袋状になっているものだと思うのだが、その上に一枚うす焼きのクリスピーというのか、ばりばりのものが付いてきた。
ライスは完全にインディカ米。(別に嫌ではない)
その他、カレーのジャム状のものがついてきた。
海老のカレーは、カレーというより、野菜と海老のカレー味の煮ものという感じ。
チキンカレーは、骨付きのお肉が一切れ入っていて、汁たっぷりで、いかにもカレー。

結論から言うと、ここの料理はとても美味しいと思う。
一番気に入ったのは、チキンカレー。
ダクシンのようにカレーリーフは入っていなかったけれど、ダクシンと同じくらい、高度にスパイシーでとても美味しい。
また、ダクシンのようなトマト味ではない。(トマトが入っていてもほんのちょっとか、入っていないかまではわからない)
ダクシンと違うタイプで同じようにスパイシー、甲乙つけがたい美味しさ。
何だか、こんなスパイシーな美味しいインドカレーのお店が近所に二軒もできて、幸せ。

次に気に入ったのが、サンバル。
サンバルって、ダクシンでしか食べたことないけれど、ダクシンより味がしっかりしていて、こちらの方が美味しいと思った。

その次に気に入ったのは、デザートの木の実みたいなものと何だかわからないものが入ったラッシー。
木の実みたいなものは何だったのかしら?蓮の実?
何だかわからないものは、形状は、帆立貝柱をほぐした感じ。
味はもちろん、貝柱ではなく、食感は、マロニーとかそんな感じ。
何て表現したらいいかわからないが、今まで飲んだラッシーの中で一番美味しかった。

他も満足、ここは、とても美味しいお店だと思う。
私は今後平日のお昼にチャリチャリ自転車を漕いで、普通のランチを食べに通おう。

今、私の中で、(チキンカレーがスパイシーかどうかの判断で)馬喰町ダクシンと御徒町アーンドラキッチンがインドカレー部門のツートップ。
先日行った秋葉原のアールティと比べても、やはり、アーンドラ・キッチンとダクシンの方が私好み。
(但し、アールティは、土曜日に平日ランチが食べられるところが魅力)

このお店、土曜日のお昼時で半分くらいの入りだったが、次から次へと、非地元民的な人が入って来た。
何で、こんなに人気があるのだろうと思いながら、お店を出たら、お店の看板の横に、「食べログ ベストレストラン2009」という表彰状のようなものが飾ってあった。
家に帰ってから調べたら、東京のベスト1000のレストランに入ったみたい。(567位)
だから、人気があるのかしら?

お店の人は皆インド人で、キビキビしていて、感じが良いし、お店もきれい。
今までムクムクっとインドカレーが食べたくなると、アメ横の方(アーグラー?)に行っていたが、今度から、このお店になると思う。
[PR]

by mw17mw | 2010-04-17 23:58 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)