黒豆を買いに萬藤さん

我が家の方は若い人が少ないせいなのか、昨日の午前中、スーパーにも多慶屋にも黒豆はあった。
初めに行った多慶屋には、丹波のものしかなくて、200g850円くらいだったのだが、つい買ってしまった。
その後、家の近所のスーパーに行ったら、北海道産が200g400円程度が2袋あったので、しくじったと思ったのだが、追加では買わなかった。

ケイトさんのコメントで世の中「黒豆は売り切れが普通」と知って、朝、近所のスーパーに再び行ったら、今朝は、売り切れていたので、合羽橋の入り口の萬藤さんに行ってみた。

流石、萬藤さん、丹波産も北海道産もあったが、やはり、その価格差は二倍程度。
「ダイエットで食べるのなら、北海道産で十分」と萬藤さんのお姉さんと気が合って、北海道産を買い溜めしてみた。

何でも、萬藤さんも、昨日のうち、一旦、黒豆は売り切れたのが、今朝また入荷があったのだそうだ。
これからも、一度に沢山入荷されることはないけれど、バラバラ、入って来る予定だとか。
(お姉さんの話では、「スーパーで売り切れるのは、もともと少ししか在庫していないからではないか」とのこと。黒豆は普段はそんなに売れるものではないから、スーパーではほんの少量しから並べないのが普通らしい。)

そして、萬藤さんのお姉さんが言うには、「黒豆は、一年に一度秋口にしか収穫できないから、今、出回っているのは、去年収穫したもので、これが全て売り切れたら、今年の秋まで黒豆はなくなってしまう」とのこと。
そう聞くと、買い溜めしたくなるけれど、まだ、本当に効果があるかどうかわからないし、1か月も経てばブームが沈静化し、相当の人が黒豆から離れるかもと思った。

そして、萬藤さんのお会計のカウンター横に、黒豆を使った商品が多数並んでいたのだが、カメラを忘れ、写真が撮れなかった。
黒豆甘納豆、黒豆きなこ、いり黒大豆など。

きっと、テレビの番組で俄かに黒豆商品の需要が増えたからだろうが、お姉さんが、並べてみたのだって。
(儲かるからというより、自分の扱っている商品に関心が集まって、皆が欲しがってくれるというのが嬉しいからだと思った、その気持わかる)
普通の乾燥の黒豆やこういう黒豆をアレンジした商品の他、本当に小粒の「煮汁を作るための小さな黒豆」という商品もあった。
何だか、テレビのおかげで、萬藤さんの扱う黒豆商品勢ぞろいという感じ。

d0063149_1871153.jpgいり黒大豆が食べやすそうだったので、買って来たが、これは中々良い。(100gで294円)
全く塩味などがついておらず、ポリポリ、軽くて、黒豆の風味と甘さだけの味でこれはこれで飽きずに食べられそう。
これをつまんで、お茶を飲むと、お腹が膨れて、張る感じ。
確かに満腹感があって、食欲を減退させる効果はありそうな感じがした。

黒豆を戻して煮るのは大変だけれど、炒るのも大変かしら?と調べたら、「黒豆茶」というブログの中に、黒豆の炒り方が載っているけれど、やってみようかどうか、思案中。
本当に「炒り」だったら、加熱時間は短くて済むのかしらね?
[PR]

by mw17mw | 2010-04-01 18:10 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by えみぞう at 2010-04-02 13:15 x
炒り黒豆はご飯に炊き込んだり、酢に漬けて酢大豆にしても美味しいですよ(^^)
イチョウ切りにした大根と一緒に甘酢に漬けると、綺麗な赤紫色の箸休めになります。
しばらくの間、続けて召し上がるなら、色々工夫して楽しんでくださいね。
Commented by mw17mw at 2010-04-02 18:50
>えみぞうさん
将来的には、教えていただいた調理法もやってみたいです。
でも、今回購入した「いり黒豆」は全てポリポリ食べてしまいそう。
で、その後、800gも黒豆を持っているので、これがなくなるまでは手が出そうもないです。
ただ、800gのいくばくかで、「いり黒豆」が上手にできたら、展開したいです。