鯖を求めて築地、でも買ったものは「トロぶつ」「卵」「シュレッドチーズ」

<トロぶつ>
d0063149_18484787.jpgまぐろ藤田には、ぶつが3種類あって、100g250円の赤身は既に売り切れ、その上は、100g500円のトロぶつになる模様。
国産のまぐろと書いてあったし、ぬめぬめして美味しそうだったので、200g買って帰る。

昨晩、開けて薄く切って食べた。
新鮮さは認めるものの、そして、一定以上の品質とも認めるものの、そんなに美味しくない。
油がすごいのと、そんなに鮪らしいダイナミックな旨味が少ないことにがっかりしてしまった。
この油の多さと味の薄さは、「国内まぐろ」とか書いてあったけれど、結局、「養殖まぐろ」なのかも知れない。
何だかすごくがっかり。
でも、国内の天然物なぞ、手が届かないし、外国産の天然物を狙ってみようかな?

(まぐろ藤田で買い物をするとしたら、お肉を買うときのように、250円の赤身と、500円のトロと混ぜて買うと良いかもと思う。)

また、まぐろ藤田のような大手・大量販売のお店ではなく、ぶりのアラを売っていた店のように、少量を扱っているお店を狙ってみようと思う。

天然ぶりのお刺身と比べてしまうと、何だかね~、全然美味しくなかったのだ。
まだ半分残っていて、今日の夕飯は、これ。

<卵>
多分、築地で一軒だけの卵屋さんで、「産み立ての卵」を売っていた、10個で180円だから、銘柄鶏の卵でないことは確か。
家まで自転車で運んだが、割らなかった。
でも、割ってみたら、ま、卵黄の周りの卵白が盛り上がってはいるけれど、夏にいただいた浦安の卵屋さんの卵ほどではなく、がっかり。
このくらいの新鮮さだったら、わざわざ築地から運ぶ程ではない。
今度、浦安に卵を買いに行こうかしら?

それにこの卵を買った時、「お昼は美味しい卵かけご飯だ」とワクワクしていたのに、卵かけごはんの前に、ぶりのお刺身を食べてしまったら、何だか、卵かけご飯が凡庸な味に感じられてしまった。
卵かけご飯は、単独で食べてこそ美味しいもののようだ。

<シュレッド・チーズ>
d0063149_1849126.jpg非公開のコメントで教えていただいたのだが、「チーズ王国」というチーズ屋さんのシュレッドチーズが美味しいとのこと。
東京東半分では、北千住のマルイか、銀座の松屋にお店があるらしい。
それで、築地の帰りに松屋に回ってみた。

地下1Fの真ん中くらいに「チーズ王国」があり、近づくと、ハードチーズを薄く切ったものを差し出された。
これがすごく美味しかった。(もう一度カマンベールも試食させてくれたが、ハードチーズの方が、チーズ臭くて気に入った)

d0063149_18492990.jpg聞いてみると、シュレッドチーズは一つしか扱っていないとのこと。
その名もズバリ「5種類チーズシュレッター ナチュラルチーズ」。
買い求めたものの原材料を見ても、その5種類が何のチーズのブレンドだか全然書いていない。
そして、お値段は、100g380円だから、そこらへんのスーパーで売っているものと比べたら、2倍近い価格かも知れない。
でも、やはり、美味しい物を食べようと思ったら、ある程度の出費は必要かもとも思う。
2倍以上美味しければ、嬉しいな。

これはまだ使っていない。
冷凍保存できるということで、ちょっと多めを買ってみた。
また、使ったら、報告します。
[PR]

by mw17mw | 2010-01-17 18:49 | 食材・食材のお店 | Comments(0)