鯖を求めて築地、でも買ったものは「天然ぶりのアラ」

今日は、性懲りもなく、「長崎の鯖」を求めて、10時頃家を出て築地に向かった。
築地はさすがお正月明けたばかりで、且つ寒いせいか、いつもの土曜日より人出が少なく、場外の路地を歩くことができた。

(しかし、寒さで、手袋をしているため、写真を全然撮らなかった点、ごめんなさい。)

築地の帰りに、銀座の松屋のデパ地下を回って、買ったものは写真のとおり。
d0063149_17515794.jpg


昨年習った「旧暦の15日頃は巻き網漁をしない」という話なのだが、「六曜・月齢・旧暦カレンダー」なるページを見つけ、築地に出かける日が、旧暦の15日前後ではないことや、月も満月ではないことを確認できるようになった。
それで安心して出かけたのだが、果たして、長崎漁連に鯖はなかった。

お店の方の話では、11月下旬から12月初旬に鯖が沢山並んでいた頃は、済州島の近くに漁船団が出ていて、済州島近辺で獲った鯖だったのだが、最近は、済州島の方には漁船が行かないようだとのこと。

で、名前は聞かなかったが、私が昨年手に入れた鯖は、何でも済州島近辺で獲れるブランド鯖なのだそうだ。
そうでしょう、そうでしょう、あれは、本当に美味しくて、あの鯖で作った〆鯖を再び作りたくて、築地に通うくらいのすごい鯖であった。(その後、他のお店で、「済州島」と書いた鯖を買ったことがあるが、やはり、長崎漁連のものより落ちた感じ?)

鯖の季節は2月頃まで?と聞くと、年々終いが早くなっているそうなのだ。

今シーズン、もう一回くらい手に入ると嬉しいのだが。

で、長崎漁連は諦めて、他のお店の鯖を求めてフラフラ。
長崎漁連の並びのお店で、1尾800円、斉藤鮮魚1尾1500円(ものすごく立派)、浅田水産1尾千円(大きい)
きっと寒くなればなるほど、鯖は大きくなるので高くなるのかしら?
(鯖は、年に一回同じ時期に生まれて、同じ大きさに育つのだろうか?)
でも、とにかく、高いから、無理をすることはないと鯖を諦めた。

そうだ、今年はまだ鮪を食べていないから、鮪でも買って行こうと、まぐろ藤田というお店を探す。
何でも、仲卸のお店が、場外で開いている小売店とのこと。
この場所を確認してから、ちょっと他をフラフラして戻った時に、まぐろ藤田のはす向かいの魚屋さんで、ぶりのアラと目が合った。(お店の名前を全然気にかけずに帰って来たので、今調べたら「三昌」さん?)

何だか、ぶりの身がぬめぬめしていて、血がついていて、見るからに、飛びっ切り、新鮮な感じ。
「天ぶり」の文字に、500円の数字。
これは絶対美味しそうだと買うことに決めた。

包んでもらうとき、お店のお姉さんが、「これはね、端っこを削げば、生でお刺身でも食べられるから、生でも食べてみてね」とのこと。
そのアラは、アラを置いてあった場所からちょっと離れたところに置いてあるぶりのサクをちょっと前に拵えていて出たアラなのだそうだ。

わ~、それはグッドアドバイス、生で食べられるなんて考えていなかったので、すごく食べてみたくなった。
その後、どこでも何も外食せず、家に帰って、早速、ぶつ切りの一部を薄くスライスして、お刺身を作ってみた。
チューブのわさびとお醤油につけて、ホカホカ熱々のご飯で食べてみた。
美味しい~~!

d0063149_17525259.jpg


何だか、油はあるのだがくどくなく、味があって、とても美味しいので、黙って次々に食べてしまった。
すごく得をした気分。(500円分で600gのアラだったのだが、お刺身にした部分は全体の5%くらいかな?)

これこそ、一人暮らしだからこそのご馳走。
二人以上だったら、これだけでは足りないから、本体の高いサクを買わねばならないかも。

ちゃんとしたお店やお寿司屋さんでも、こういう美味しく新鮮な天然ぶりのお刺身を食べることはできるだろうけれど、自分の家で、こんな美味しい物を安価に食べられるのも、これはこれで、楽しい気分にさせてくれる。

残りは、霜ふりして、大根とごぼうと一緒に煮て、夜から2,3日かけて食べる予定。

今回買ったぶりのアラは、高めだけれど、天然ぶりだし、お刺身のサクを作って、出た生でも食べられるアラだもの、正当か、安いくらいの価格かも知れないと思う。

そうか、ぶりとか鯛のアラって、一種類かと思っていたけれど、煮付け用の切り身を作って出るアラと、お刺身用のサクを作って出るアラでは、アラとして出る部分が違うのだ。
勿論、お刺身用のサクを作れば、相当身の部分がアラとして残るし、第一新鮮で、生で食べられるアラになるわけなのだ。
一つ勉強になった、今後、アラヲ探すときには、お刺身用の切り落としを探すことにしよう。
[PR]

by mw17mw | 2010-01-16 17:53 | 食材・食材のお店 | Comments(11)

Commented by 長坂@名古屋 at 2010-01-16 23:30 x
なるほど、参考になります。いままで、そんなこと考えたこともありませんでした。頭は乗っけているだけじゃ重いよ、という話ですね。普段僕が買うようなアラは、ひらめや鯛など中型の魚なので、こういうことを考える余地はなくて、ブリなど、大型の魚でこそ意味がある。で(天然の)大型の魚が出回るのは毎年冬のいっときだけなので、少ない機会を大事にしないと、今日教わったことをシッカリ身につけることはできない、ということですね。(余談ですが、「ホウボウを鍋に」ということも、ここで教わりました。おかげで毎年、鍋の旨いこと。)
最後になりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
Commented by DIACKO at 2010-01-17 11:41 x
お刺身を引いた残りをぶつぶつと切ったのって、見栄えは悪いけれどもいい場所が入っていてお得感がありますよね。先月はこれをよく買いました。
ああ・・・当分お魚とは縁のない生活になりそうです。
Commented by mw17mw at 2010-01-17 18:18
>長坂@名古屋さん
こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします。
ひらめのアラも美味しそうですね。
鯛は、一度だけ、頭がなくて、中骨と身のアラを見かけたことがありますが、その後は見つかりません。
寒いうち、美味しいアラを探すのも楽しみの一つですね。
ほうぼう、最近、我が家の方では全然見かけません。
Commented by mw17mw at 2010-01-17 18:22
>DIACKOさん
しかし、私が台東区・文京区・中央区をウロチョロする感覚で、世界中を駆け回っている感じ、すごいですね。
(アンマン→東京→京都→ジュネーブ→コソボですものね~)
一週間前は、東京でアラ生活だったのですよね~。
等々力のお魚屋さんのお話、「家の近所にそういうお店があっていいな」と思って読んでおりました。
何だか、今年は、ロンドンからお里帰りの方たちの話とか、DIACKOさんの日記を読んで、私からすると、「最近の東京は」なんですが、実は、全世界的に「美味しい食べ物のある地域」だと認識いたしました。
(おみやげ有難うございました、そのうち、DM送る予定です)
Commented by non at 2010-01-18 10:25 x
久しぶりに投稿します。
旧暦13-18日は九州の南~南東は漁にでてはいけないらしいです。
※ただし釣りものはダイジョウブ。なので、その期間にでまわるのは三陸、銚子あたりの鯖かな。
鯖は大きい→高い→だからおいしい。。。とは限らないですよ。
Commented by non at 2010-01-18 10:32 x
スミマセン、間違えました、九州の南~南西(済州島あたりまで)でした。
Commented by cawa-j at 2010-01-18 10:41 x
>一人暮らしだからこそのご馳走

すてきすてき!!
すごくよくわかります♫

>アラヲ探すときには、お刺身用の切り落とし

本に書いてあるような知識ではなく、まりたんが、
自分の足で、耳で、身を以て探し当てた宝物ね。
これからもいろいろな食材のスペシャルポイント
に出逢えますように、応援してます♡


Commented by mw17mw at 2010-01-19 09:00
>nonさん
お久しぶりです。
>旧暦13-18日は九州の南~南西は漁にでてはいけないらしいです
九州全体がそうなのですか?
確かに長崎漁連の方が、「その期間、釣った鯖はある」とのことでした。
月が明るいから魚に気付かれやすいからかとも思いますが、夜に巻き網するのでしょうかね?
どういう根拠なのでしょうね。

>鯖は大きい→高い→だからおいしい。。。とは限らないですよ。
そうでしょうね。
でも、〆鯖は大きい方が厚みがあって、作りやすいと思いました。
まだ、小さい鯖だったら、塩をしてどの程度置いておけばいいのかとか、わかっていないもので。
Commented by mw17mw at 2010-01-19 09:04
>cawa-jさん
ま~、宝物と言えば、そうかも知れないけれど、ブログで公開していますからね~、すぐに宝ものではなくなってしまう。(笑)
こういうことを見つけて、「やっぱり、私は天性食いしん坊だから、見つけられるのだ」とちょっと喜んで終りです。
こういうものを見つけた時、ご近所のcawa-jさんの分も買うことも考えられるのですが、あくまで自分の勘で自分のリスクで買うから、人の分までは結構難しいです。
特に生物はその日にご飯を作るかどうかで買う買えないが決まりますから。
チャンスがあったら、築地から電話するね。
Commented by hatchmam at 2010-01-19 17:32 x
アレ?一日違いで築地に行ってたんですね~
ニアミスでしたね。
残念!

やはり、姉たちと目が行ったのは海苔屋さん。
5枚1000円の海苔の味見をしましたが・・・
あれは、暴利です。絶対、「買ってはいけません!」ね。

それと、ブラックペッパーの味付け海苔は、美味しかったです。
最近、ブラックペッパーのお煎餅にも請ってます^^

マリンバさんなら、築地は自分の庭の様に詳しいのでは?
案内してもらいたかったわ~

真凛馬(マリンバ)
Commented by mw17mw at 2010-01-20 12:29
>hatchmamさん
コメントを呼んで、hatchmamさんのブログ、拝見いたしました。
あれ?
いつ関東に引っ越されたのですか?(ブログを読んでもわかりませんでした)

築地、一日違いだったのですね~。(でも、すれ違ってもお互いわかりませんよね<笑>)

5枚1000円の海苔、味見したいです、どのお店だろう?
実は、ブラックペッパーの味付け海苔、私も試食しまして、ペッパーは美味しかったのですが、海苔が余りにペラペラで買いませんでした。(安いものね)
勝手に、日本の海苔にペッパーをつけたものをイメージしていたのですが、韓国海苔から塩と胡麻油を抜いて、ペッパーまぶした感じがしました。
お酒のおつまみには良いかも。

私は、昔からのお店しか知らないのです、新しいところは全然なのであります。
だから、最近では、「築地をわかっている人」に分類されないような気がします。