秋葉原ラーメン・おでん風煮物

今日は、神田淡路町にある「神田アクアハウス江戸遊」に自転車で行って来た。
昼間から、大きなお風呂に浸かるって、何であんなに気持ちが良いのだろう。
(温泉だったら、もっと良いのだけれど)
温泉ではないけれど、450円だし、軽食コーナーがあるし、11時半開店で、明るいうちから入れる銭湯として、とても重宝している。

<秋葉原ラーメン>
d0063149_0121034.jpg昨年の秋だかに、B食情報で、「青島ラーメン」という新潟の長岡市のラーメン屋さんの支店が秋葉原にできたとの情報を知って、興味津々。
ようやく場所がわかった。
(余談であるが、人名でない「青島」の漢字を見ると、「チンタオ」と読んでしまうが、ここは「あおしま」らしい)

で、私としては、アキバでも昭和通りより東側に、有名店ができて、とても嬉しい。
粋な一生に次いで、二軒目。

青島ラーメンは、確かに秋葉原駅が最寄りの駅だけれど、昭和通りを相当東に進んで、もうすぐ清洲橋通りという位置にあった。(児童公園のはす向かい)
何というか、清洲橋通りを都心の方に向かい、総武線の線路をくぐって、線路より一本南側の路地を入って、ちょっと進んだところ、左側にある。

ラーメン屋さんらしからぬというか、飲食業らしからぬ「さっぱりさ」で、青い「青島ラーメン」という看板以外にそこがラーメン屋だと示す装飾はないけれど、行列で場所はわかると思う。
(外の行列の他、店の中にも、待っている人のためのベンチがあるようだ)

食べログで3.10、う~ん、行ってみるべきかどうか、悩むところ。
何でも、特徴は「生姜醤油」味とのこと。

d0063149_0123883.jpgもう一軒、「粋な一生」の前を通ってみたが、ここも行列ができていた。
ここは評判良いようで、食べログで3.77、私は二度か三度行ったことがあって、丁寧に作っていて好感は感じるのだが、何だか、今ひとつ私の好みではない。
ここも秋葉原を名乗りながら、昭和通りを渡って、台東区台東にある台東法務局の近くにある。

<おでん風煮物>
d0063149_013650.jpg以前にも書いたかも知れないが、一人なので、おでんが作れない。
でも、おでんは食べたいということで、昨年あたりから、末広町の構のさつま揚げと、お豆腐屋さんの生揚げと、ちくわぶと、大根だけで、おでん風の煮物を大きめのお鍋いっぱいに作り、煮返して、辛子をつけて毎日食べている。
とても美味しく、満足。
[PR]

by mw17mw | 2010-01-10 23:46 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by kaneone at 2010-01-11 14:00 x
冬になるとおでんって食べたくなりますよね。家でも時々母がつくります。
私はちくわぶが一番好きかな。ポールは昔はもっと固めでしまっていたのが今は
ふわっとしたものばかりで、昔のほうが好みでした。
あと屋台のおでんって家庭で作るものとにおいが違うのですが、どうしてなんでしょうね。あの屋台のおでんの匂いってたまらない。家では出せないものなのでしょうかね。


Commented by mw17mw at 2010-01-11 23:04
>kaneoneさん
固いボールが好きなら、絶対末広町の構です。
ここの練り物は全て固くて美味しいです。
先日、TVで台東の小さなおでん屋さんが、構では筋とはんぺん、その他は入谷の練り物屋で仕入れると言っていたので、信じられませんでした。
私もふわっとしたのも嫌いではないですが、やはり、構 as No.1です。
そうですね、屋台、最近見かけませんが、いい匂いしますよね。
私は食べる側ではなく、作る側なので、全然気にならなかったです。