浅草 やげん掘(薬研掘)

hanaちゃんは、クリスマス前にご主人と合流するそうで、それまでが実家でゴロゴロ自由時間タイム、その後、ご主人との合流後は、二人で日本でのバカンスを過ごす予定らしい。

d0063149_17564214.jpgということで、この前の日曜日も、一緒に浅草で食事をした。
食事の前に、新仲見世のやげん堀へ。(ロンドンへ持って帰ればというお節介)

hanaちゃんに、「どう言って買えばいいの?」と言われても、良くわからない。(買ったことは一度くらいあるのだけれど)

それで、調合しているおじさんに、私がそのまま伝えてみたら、そのおじさんが、「待ってました」とばかりに詳しく説明してくれた。

家に容器がある場合は、好みを言ってくれたら、その場で混ぜて、袋に入れる。
もし、容器がなければ、店頭の容器の中から選んでもらって、それに好みの七味をその場で混ぜたものを袋詰めして添える。
値段は書いてある通り。

辛さは、小辛、中辛、大辛とあるけれど、中辛がスタンダード。
好みはあるけれど、中辛にちょっと胡麻多めがお薦め。
その他、お客さんの好みでいかようにも、何かを多め、少なめ、抜くには応じるとのこと。

まずは、中辛を買って試してみて、次回からは、中辛に胡麻を多めでとか、注文してくれるのが良いと思うとのこと。

そして、家に帰って、容器に詰めるのだけれど、コツがあって、容器いっぱいに詰めてはだめ。
少し容器に移して、なくなったら、また容器に入れるようにすれば、香りが長持ちするとのこと。
(ひょうたん型の高い容器は、ちょっとしか入らないので、お勧めとのこと)

hanaちゃんは、黒地に赤い唐辛子柄の樹脂性を選択、その時に、そうだ、七味の容器を合羽橋に買いに行ったとき、「樹脂製は、冷蔵庫・冷凍庫で保管可能」と聞いたっけということを思い出した。

でもね、使ってすぐ冷蔵庫・冷凍庫にしまうって、中々できないよね。
お店の人が言う通り、少しずつ容器に入れて使い、残りは冷凍保存が現実的かも。

その他、お店のおじさんに、「やげん堀は、スーパーでも売っているでしょう?あれとこの本店で買うのはどこが違うの?」と質問をしてみたら、スーパーで売っている規格品は、他の大香辛料メーカーが売っている七味唐辛子の価格と品質に対抗する商品なので、安いから、例えば、山椒が入っていないような商品なのだそうだ。

本当のやげん堀の七味を買おうと思ったら、新仲見世のお店に来なくてはだめとのこと。
「お店に来てれれば、調合し立てを買うことができるし、好みに応じて原料を調整してくれるから、これが一番」とのこと。

それにしても、ひっきりなしに、お客さんが入って来る店でした。
[PR]

by mw17mw | 2009-12-15 17:56 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by mafuyu at 2009-12-16 11:13 x
やげん堀は、ついこの間、お店やっている知り合いが買いに行ったところです。
私自身は深川不動参道前の七味屋でつくったものがまだまだあって当分買えませんが、よさそうですね。
そのお店でも好みを聞いて「ゆず多め」でつくってもらいました。冷凍おすすめということで、ほとんど冷凍庫に入ってます。
Commented by mw17mw at 2009-12-16 12:57
>mafuyuさん
へ~、深川不動参道にもあるのですね、今度行ったら見てみよう。
そうなのです、七味、家に残っていると買えないのですよね、私も今回買いませんでした。
柚子多めも美味しそうですね。(でも、フリーズドライ柚子の細かい物を持っているので、普通のを買って、混ぜ込んじゃおうかな?)