はじめての「ベトナム・フェスティバル」@代々木公園

フルータスを出た後は、一路ベトナム・フェスティバルの会場である代々木公園。
(ケイトさんのその時に記事は、こちら。ついでに、フルータスについてはこちら

半蔵門線の渋谷駅で降りて、ケイトさんにくっついて、久々の渋谷、代々木公園方面へ。
私は本当に久しぶりで、渋谷の中のどこに代々木公園があるのかも忘れていた。
NHKがあるところと聞いて、「知っている」ことを思い出し(笑)、代々木公園内部に入って、「東京オリンピックのときの水泳の競技場」を見て懐かしかった。(代々木公園の中にあることすら、忘れていた)
本当に久しぶり、30年振りではきかないかも。(笑)
公園通り、ずいぶん変わったような気もするが、昔もしょっちゅう行っていたわけではないので、良くわからない。

d0063149_2332513.jpgさて、代々木公園のベトナム・フェアの会場につくと、テントを張った屋台と、食べるスペースが沢山、人も沢山いて、びっくり。
何でも、東京だけではなく、色々なベトナム料理店が参加しているとのこと。
(メインは、ベトナムなのだが、タイ料理やカンボジア料理のお店も出ていた。)

私は、30年くらい前に「サイゴンから来た妻と娘」を読んで、ベトナムが大好きになり、その頃、行ってみようとしたのだ。
でも、その頃、まだベトナム観光は危険が多いと止められて、マレーシアに行ったっけ。
そして、20年前くらいには、ベトナム料理屋に何度か行った覚えがあるけれど、その後は、全然行っていないので、完全おのぼりさん状態で、ケイトさんにくっついて見物した。(笑)

結局、私は、お腹がいっぱいなので、ケイトさん行きつけの江古田のベトナム料理店maimaiのバイン・ミー・パテ・ハイフォンとかいう小型バケットのベトナム風サンドイッチを買って、持ち帰ることにした。

d0063149_23324153.jpg々木公園の野外舞台の隣に並んでいた椅子に座って、休んだ時にバイン・ミーを広げてみた。
写真では分かりにくいけれど、熱々のコッペパンのような形のバゲットを水平に切れ目を入れて、そこに、レバーペーストのようなものが塗ってあって、その上に、シャンツァイと生のニラが乗っていた。
家に帰って夕飯の代わりに食べると、パテは、レバーではなくて、お肉であることは明らか。
一筋、紅い調味料が引いてあったけれど、あれは、チリソースかな?
味的には、生のニラの味が強烈で、エスニックな味で美味しかった。
(でも、これは、バゲット買って来て、何かのお肉のペーストとチリソースとニラ、出来たら香菜を買って来たら、家で作れるな~とも思った。)

d0063149_2333372.jpg右の写真は、ケイトさんが買われた「ミックスチュー」
ひと匙いただいたが、とても美味しかった。
私も今後はこの「チュー」を見かけたら、買ってしまいそう。
細長い容器の下の方に、ココナッツミルクに浮かんだお豆や木の実があって、その上にかき氷を詰めた感じ。
お豆や木の実、ココナッツの柔らかい味とかき氷が口の中で渾然と混ざり、美味しかった。

バイン・ミーにしろ、チューにしろ、ケイトさんによると、お店によって味が様々らしい。
私の初バイン・ミーと初チューは、色々なお店を知っているケイトさんのご推薦のお店のものであったことは、ラッキーだと思う。

d0063149_23332318.jpg他、物産を売っていたので、フォーのカップ麺を2つ買ってみた。
家に帰って、一つ開けてみたら、何だか、日本のカップ麺とは違って、麺と具材・調味料が別々に分かれていた。
日本のカップヌードルも昔はこうだったっけ?
そんなことすら、既に忘れている。
味よりも何よりも、この麺と具材等が分かれているカップ麺に異国情緒を感じた。

私はベトナム料理屋でベトナム料理は食べたことはあったけれど、こういうカフェとか屋台で出されるようなものは初めての経験で、とても良かった。
こういう気軽な食べ物もとても美味しい。

さて、この6年間じっと台東区にこもっている私としては、こんなに一日三か所も回る食べ歩きは画期的であり、とても楽しかった。
ケイトさん、どうも有難うございました。
フルータスとベトナムカフェ料理にちらっと目覚めたことが収穫でした。
[PR]

by mw17mw | 2009-09-22 23:35 | 飲食店・菓子店 | Comments(10)

Commented by Diacko at 2009-09-23 02:49 x
ご無沙汰しております。近藤紘一さんの「サイゴンから来た・・」の本に引かれてつい・・。近藤さんは、あまり多くを残していないのですが、最後の本「目撃者」に亡くなった前の奥様との思い出が書かれています。それを含めて、私の人生にも影響が深い人ですので、つい書かせていただきました。彼は45歳で亡くなっていますが、気がつけば私もその歳に・・。失礼いたしました。ユンさんはフランスにて一児の母として幸せに暮らしているらしいですよ。
Commented by ケイト at 2009-09-23 05:53 x
お腹には多少余裕があったものの、久々に履いた靴で足が疲れて
アチコチ覗く余裕がなく申し訳ありませんでした。
B食のdet2さんの記事を見たらもっと美味しそうなものいろいろありましたねぇ。
また1年後にあると思うので、今度は最初からベトナム尽くしもいいかもしれません♪
Commented by わしくま at 2009-09-23 22:43 x
ベトナムフェス、やっぱり楽しそうですね♪
実はその時期にベトナムに行ってました。
現地で色々と食べてみて、美味しいものもいっぱいだったのですが、
やっぱりマイマイさんのバインミーとチェーは
美味しいな♪と思いました。。
Commented by mw17mw at 2009-09-23 23:34
>Diackoさん
お久しぶりです。Diackoさんは、近藤紘一さんとお知り合いだったのですか?
あの「妻と娘」シリーズは本当に良い本で、私は(良い意味で)「頭を殴られたようなショック」を受けました。
このナウさんのように生きている人もいて、私もそう生きても良いのだって。
近藤紘一さんは、前の奥様のことがあったから、あれだけ、優しい視線で、妻と娘を見ることができたのだろうと感じさせるところが悲しく、結構深い本でした。
懐かしいですね、まだ、持っているので、読みなおしますね。
(通りすがりです。さん、このコメントを読んでいたら、この「サイゴンから来た妻と娘」も絶対のお薦めです)
Commented by mw17mw at 2009-09-23 23:36
>ケイトさん
足が疲れていたのですか~、全然気づかなくてごめんなさい。
本当、来年以降行く時は、三軒目ではなく(笑)、履き良い靴で行くのが良いのかもね。
Commented by mw17mw at 2009-09-23 23:37
>わしくまさん
お帰りなさい、ケイトさんから聞いて「いいな~」と思っていました。
B食の記事、楽しみにしています。
それにしても、本場より、マイマイさんというお店の方が美味しいのですか?
それはすごい。
最初から、本場より美味しい物を味わってしまって、これから、出会ったベトナムカフェで食べてみようと思っていたのですが、マイマイさんが一番という結論になりそうかな?
Commented by わしくま at 2009-09-28 00:01 x
マイマイさんの方が、と比較していう訳ではないのですが、比べてみても、本場のものに近いなと感じました。ただ今回私が屋台でほとんど食べなかったので、そういうところのものは又一味違うのかもしれません。
ベトナム家庭料理みたいなものが、今回ホーチミンで食べて一番美味しいなあと感じたもので、それにはまだ日本では出会えてないです。。
Commented by mw17mw at 2009-09-28 21:12
>わしくまさん
お返事有難う。
マイマイさんは、本場に近いのですね。
ベトナム家庭料理、食べてみたいです、「いつか行くぞ、ベトナム!」です。
その時には色々教えてくださいね。
Commented by bunny at 2009-09-29 04:08 x
私は週一回はベトナム、多くて3回食べてます。
ロンドンにはベトナムカフェが数十件軒を連ねる道があってその中のひとつが私たちのお気に入り。野菜もたっぷりでハーブもたくさん。中華より数倍あっさりしているのでおなかに優しいし、大好きです。昨日もいってきました。私はもちもちとした蒸し春巻きがお勧めです。
Commented by mw17mw at 2009-09-29 12:37
>bunnyさん
>ロンドンにはベトナムカフェが数十件軒を連ねる道があって
へ~、それはすごく魅力的です。
佐竹通りあたりがそうならないかと夢見たりして。(笑)
生春巻きは食べたことあるけれど、蒸し春巻きは食べたことないです。
いいな~、ベトナムカフェ数十軒は。