東上野のランチ焼き肉シリーズ3「焼肉乃富士吉」

バウ・ルーのコメントに書きましたが、ようやく決心がついて、「バウ・ルーを買うこと」に決めました。
理由は、私には家族がいないので、2ついっぺんに作ることはないと、気付いたからです。(笑)
ビタントニオは、名前を覚えておいて、家族の多い人から、「どれがいいの?」と聞かれたら、名前を挙げようと思います。(もしかして、バウ・ルーの会社のワッフルメーカーも買ってしまうかも)

本題です。

d0063149_23123285.jpg何だか、最近、土曜日には東上野で焼肉ランチを食べるようになってしまった。
先週は、台東区台東で、「地デジ説明会」に出て、終わったのが11時だったので、東上野に直行、食べログで点数が高い「焼肉乃富士吉(ふじよし)」で、無事食べることができた。
このお店は全然知らなかった。
表から見える京城苑と、東京苑に挟まれた小さなお店。
どのくらい小さいかと言うと、1Fは、調理場以外に、4人しか座れないカウンターしかないのだ。
だから、殆どの人が二階へ案内されているよう。

ランチのお肉は、このお店は、カルビか、ハラミで、900円。(ミックスもあり)
d0063149_23132025.jpg縁の欠けたジュラルミンのお皿に乗って来たのも、ま、価格から仕方ないか。
サラダと、韓国海苔、チヂミ一切れ、もやしのナムル、ご飯にスープの他、デザートにメロン一切れがついてくるし、好きなだけ食べられるキムチの入った容器が、テーブルにあるしで、コスパは本当に最高。

カルビを取ったのだが、肉質も良かったし、量も多め。
和牛の板門店には、ほんのちょっとの差で負けるけれど、和牛風のじゅわっとした味の濃い油が滴り落ちる感じ。
美味しかった。(味は、適度に甘辛い、先日書くのを忘れたが、東京苑は、甘くないたれ)

欠点を言えば、もやしのナムルやチヂミがとても冷たく、お皿に盛り付けて、冷蔵庫に入れておいたような冷たさだったのが、残念。

でも、本当に、コストパフォーマンスは最高だと思う。
人気が出るのもわかるような気がするが、冷蔵庫から出してきたようなナムルとチヂミを常温で出してくれたら、もっと好きになれると思う。(でも、お店が狭いから、冷蔵庫にしか、仕舞い用がないのかも)

今のところ、板門店、東京苑、焼肉乃富士吉、それぞれに、良いところ、魅力を感じないところがあり、どこに入ってもいいような気がしている。
その人の好みと価値観で、好きなお店が決まるような気がする。

付録1
コリアンタウンの私の好きな光景(大門の食品サンプル)
d0063149_23134968.jpg

付録2
9月の27日(日)の午前11時半から、催し物があるもよう。
東上野のコリアンタウンのページが見つかりました。
ここに詳しく載っています。
d0063149_23142259.jpg

[PR]

by mw17mw | 2009-09-10 23:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)