ストウブ、使っています

さて、8月も終り、9月が始まり、初めての週末。
でも、相変わらず、今日は、「地デジ説明会」に行ったり、ヨドバシAkibaに見積もりを頼みに行ったり、相変わらず、地デジを中心に生活が回ってしまっている。

でもね、この1か月、uwomaruさんとhanakoさんの「ストウブで野菜を蒸すと美味しい」と言う発言に影響を受け、前より、相当回数多く、ストウブを使うようになった。

一番多く使っているのは、小松菜を蒸すこと。
小松菜は、お水で洗って、お水を切り、適当な長さに切って、芯の方をお鍋に入れて着火。
蓋をして、弱火で蒸し、途中で葉を加えて、再び蓋をして、全部が柔らかくなるまで蒸している。
お水は、小松菜についていたお水だけ。
d0063149_23305894.jpgこのやり方で蒸すと、小松菜を上げた後のお鍋の底に、白いものがくっつくようになった。
ふ~ん、これが「アク」なのかと思っている。
私は、蒸し上げた小松菜をざるに上げて、和風に使う場合は、少し冷まして、触れる温度になってから、きゅっと絞って使う。
洋風にはまだ使っていないけれど、きっと洋風の場合は、オリーブオイルで和えたりすれば、アクっぽさを感じないのではと思っている。

しかし、この鍋底の白い物を見て、「葉っぱにはアクが含まれていて、たっぷりのお湯で茹でると、お水に溶けだすのだろう」と思った。
それが、たっぷりのお湯で茹でるメリットだろうけれど、何だか、ストウブで小松菜を蒸すようになって、料理前にたっぷりのお湯を沸かさなくて良いことを、とても「楽」と感じている。

次に良く茹でているのが「さやいんげん」
さやいんげんは、余り好きでないはないけれど、ストウブで茹でると美味しいような気がしている。
さやいんげんは、洗ったお水を切ったくらいの水の量では柔らかくはならないので、ひたひたというか、さやいんげんの高さの1/2程度のお水を入れて火をつけ、茹でている。
柔らかくなったら、水分を捨て、油を入れて炒めているけれど、ちょうど良い柔らかさになると同時に、水分が全てないような量を入れられるようになるといいなと思っている。

うまく行かないのが、ジャガイモ。
じゃがいもを輪切りにして、ストウブにオリーブ油を入れたところに並べて、焼くのだが、(ん?鍋と油を温めたところにジャガイモを入れる?)焼けて来て、鍋底に接している部分が焼けて来て、ひっくり返そうとすると、焼けた部分が鍋底に張り付いてしまい、剥げてしまうのだ。
これは今のところ、どうして良いかわからない。

とうもろこしを茹でたり、もやしときゃべつを入れて蒸したところに、豚の肩ロースの薄切りを広げて蓋をして、蒸して、ポン酢で食べたり楽しんでいる。

仰々しい使い方はできないけれど、確かに、「ストウブで野菜」と思いながら使うと、中々使えるものだと思っている。

今日は週末なので、時間があるので、今、珍しくストウブでリエットに挑戦中。
うまくできますように。
[PR]

by mw17mw | 2009-09-05 23:31 | 道具 | Comments(6)

Commented by uwomaru at 2009-09-06 13:19
おお。ストウブ、使ってらっしゃるのですね。
油・玉ねぎ等敷いて、魚・酒・塩で蒸し上げるのもおススメです。
昨日は友人に食べてもらったのですが、かなり喜んでもらえました。
となるとやっぱりオーバル欲しぃ…となってしまいますが、我慢します。

私はじゃがいもを鍋底で焼いたことがありません。
たまねぎ・人参と一緒にオイル煮にすることはありますが。
火を今より弱く、油を心持多めにすると大丈夫なのではないかと思います。

さやいんげんは一度、水ではなく油で煮てみてください。
驚きの味と思います。

初挑戦のリエット、上手にできると良いですね!
Commented by zal at 2009-09-06 18:21 x
地デジ大変ですよね。あたしんところも受信障害地域で、原因の建築物の対応次第でかなりかわってくるし、今週はそれで時間とられそうです。

リエット初挑戦ですか。せっかちは禁物よ笑。がいばってね。おいしくなあれ笑
Commented by mw17mw at 2009-09-06 22:32
>uwomaruさん
uwomaruさんは、「ストウブの伝道師」ですね~。(笑)←色々お世話になっております。
さやいんげん、あったので、先程作ってみました、茹でるより、確かに美味しいです。(これから、記事にします)

リエット、初回にしてはまあまあかな?
でも、あのストウブの公式レシピは不親切なような気がしています。
Commented by mw17mw at 2009-09-06 22:36
>zalさん
地デジ、嫌になってしまいます、ケーブルテレビを頼るか、ケーブルテレビから独立するかの間を、振り子のように動いています。
受信障害地域なら、現在はケーブルテレビから受信しているのですか?
聞いた話では、アナログが終わった段階で、ケーブルテレビに電波を送る義務はなくなるのだけれど、その電線を外すにも経費がかかるから、原因の建物が費用を出さなければ、そのままになるのではないかとの話もあり、何というか、全体が決まっていないので、受信障害地域は、振れちゃうのですよね~。
お互い、仕方ないから、頑張りましょう。
Commented by hanako at 2009-09-08 06:32 x
アクですか?
そうそう、真理子さん苦手とおっしゃっていましたよね。

小松菜はこちらにないので(涙)わからないのですが、ほうれん草などはベイビー・スピナッチという小さく柔らか目でアクの少ないものを使っています。日本にもあるのかなぁ?

あと、勝手に「水切り」と呼んでいるのですが、根元などを吸水し易いように切り直して、1-2時間水につけておくと「美味しくなるような気が」します。(笑)さらにストウブしたあとは、氷水にさらしちゃっています。いいのかな?

葉っぱの野菜はだいたいこれで、アクが気になるほどではないのですが・・・

枝豆などは、ストウブするときに一緒にお塩も入れます。野菜そのものに塩味がしっかりつくので。他の場合はわたしは使いませんが、好き好きだと思います。

普通の煮込みなどには、気にせずに蓋を開けてアクを取っています。

じゃがいもは小さいものを皮付きのまま調理したことしかないのですが、焦げ付いたときはちょっとだけ水分を足して蓋をすると、簡単に取れることが多いようです。

煮魚も美味しく出来て、初めてのときにびっくりしました。
Commented by mw17mw at 2009-09-08 12:07
>hanakoさん
ストウブの使いこなし、色々なコツを有難うございます。
青菜を根の方を切って、水に浸けて置く方法やってみますね。
じゃがいもも焦げ付くというか張り付いたら、お水をほんのちょっと入れる方法良いかも知れません。
やってみます。
次は煮魚かしら?