合羽橋で「つぶまる」発見

この夏になって、二度ほど、テレビで、東京に唯一残っている昔ながらの製法で麦茶を作っている工場の様子を見た。(一つは、「知っとこ」の子どもの味方だったかな?もう一つは、ためしてガッテンだと思った)

その工場は、江戸川区江戸川にあって、何度もマスコミに取り上げられ、有名な工場らしいのだが、私はまるで知らなかった。

木造の昔風のただ広い工場で、古い機械で大麦を焙煎しているのだが、オートメーションではなく、人間が様子を見ながら大麦を焙煎しているのがわかり、大変美味しそうだった。
この工場の様子をテレビで見た人は皆ここの麦茶を飲みたくなるに違いない。

d0063149_2320395.jpg工場の名前も覚えていなかったが、「麦茶 江戸川区 工場」で検索したら、小川産業「つぶまる麦茶」と言う名前だとわかった。
でも、どこで売っているのか、全然わからないし、見たこともないと思ったのだが、今日、合羽橋を抜けて、ダイマスにがんもどきを買いに行った帰り、ふと、宇田川商店の店頭を見たら、その「つぶまる」があるではないか。
思わず買ってしまった。
13gパック20袋入りで、399円。
袋の裏を見たら、1パックで750ccのお水で麦茶を作るらしい。

家に帰って、封を切るととても良い香り、やはり、他のものとは違うと感じた。

で、入れ方なのだが、やかんに750ccのお水と麦茶1パックを入れて、沸騰した状態で5~6分煮出した後、火からおろして、30分~1時間冷ました後、パックを出して、冷蔵庫で冷やすと書いてある。

夜になって作ってみた。
うわ~、美味しい!と言いたいところだが、ちょっと失敗したみたい。
(だから、今のところ、それ程美味しい物かどうかは不明)

30分~1時間冷ますとき、やかんをお水に浸けてしまったのだ。
そうしたら、1時間後、相当に常温に近くなっていたが、何だか、麦茶の色が薄いのだ。
(香りは良い、しかも飲んでみると、自然の甘さが美味しい味、でも、薄い)

もしかして、沸騰後の30分~1時間の時間は、早く冷ますようなことをしないで、じっくり、熱いお湯の中で麦茶の成分を出す時間だったのかも知れない。

何だか、沸騰しているお湯を、30分~1時間で冷蔵庫に入れられるようにするには、お水に浸けるしかないと思ったのは、私の考え過ぎ・勘違いだったかも知れない。

ということで、第一回目は失敗してしまった。
二回目は是非とも成功させようと思う。

ためしてガッテンで、麦茶の回を見たのだが、今一番多く使われている水出しの麦茶パックは、煎った麦茶を砕いているため、美味しくないのだとか。
そのパックを使いながらも、何とか、昔風の砕いていない丸ごとの麦茶を煮出して入れたものに、風味を近づけようという番組であった。(最後に、インスタントコーヒーを入れるのにはびっくり。試してみたかというと、麦茶パックもインスタントコーヒーも持っていないので、試していない)

沸騰させ続けること、5~6分、その後、置いておくこと30~60分、そして、冷やす。
この手間を面倒とは思わない方にお薦め。
合羽橋の宇田川商店で取り扱っています。(テレビで有名な麦茶だから、合羽橋みやげにお薦め←ミーハー?)
[PR]

by mw17mw | 2009-07-28 23:20 | 食材・食材のお店 | Comments(9)

Commented by トコ at 2009-07-29 00:19 x
つぶまる、長年の愛用者です。
以前からカルディで売ってますよ。
でも、先日実家から安い粉麦茶のパックをもらってしまったので、
それを使ってガッテンのインスタントコーヒーも試してみました。
「だまされてるなぁ」と思いながらも、なかなか香ばしく仕上がって、満足です。
Commented by mw17mw at 2009-07-29 09:10
>トコさん
さすがです。
この麦茶も知る人ぞ知る、長年のファンが多い麦茶なのですね。
カルディ、上野駅の地下にできましたが、中々行けません。
通勤客には便利なお店だと思うのですが。
ガッテンの麦茶、材料があれば、試す価値ありそうですね。
Commented by ras4love at 2009-07-29 11:16
わぁ〜なるほど!
パックのお茶の美味しい作り方ヒントを見つけた気がしました。
うちは、あたしも旦那クンも緑茶と体質があわず(カフェインの質が)あたしが胃が弱いので、胃をあたためる紅茶か烏龍茶にしていますが、ポリフェノールもとれるし胃も守れるし、これは家族の胃にもいいので
ガブガブ家族で飲むお茶も、烏龍茶です。
烏龍茶もこだわればピンキリですがスーパーで売っている伊藤園などの煮出し用のパック(あんまり安いのもこわいので)ですが
キッチンの浄水器の水で同じヤカンで煮出して冷蔵庫で冷やすのに、
美味しくできる時もあれば不味い時もあるのです。
水を沸騰させる時間が足りず水道水成分がとばなかった?とか
お茶のパックを煮出す時間が足りなかった?とかしか思いつきませんでしたが、
この日記を読んで、ハタと思い当たりました。
沸騰している状態で火をとめてから冷蔵庫に移すまでの過程が違いました。時間がないと、そのまま水で冷却してしまっていました。
美味しい烏龍茶になった時は、ちゃんと必要な過程をとおって冷蔵庫まで行っていたんですね。とても勉強になりました!
Commented by mw17mw at 2009-07-29 15:16
>ras4loveさん
お役に立てて、嬉しいです。
多分、沸騰から冷蔵庫までの過程の違いだと思うのです。

正しい作り方で作って、飲み比べしたいけれど、一人なのでそれは諦めました。
ただの冷茶ですけれど、結構入れ方によりずいぶん味が違うものですね。
Commented by bkkfox at 2009-07-30 17:19 x
つぶまる・・・偶然にも昨日友人の住む門前仲町へ行った折に
彼女が渋い商店で買っていました。欲しかったネット入りではなく
つぶまるそのものだったのでちょっと悩んでいたようですが
結局バラのつぶまるにしていました。

麦茶ではないのですが、私は夏は京都のお茶屋さんから買っている「京番茶」(本当に枯葉みたいないろんな葉がざくざく入っています~安いです)を鍋で1リットル位煮出して、朝作るとそのまま鍋にいれて放置したまま飲みたい時に飲んでいます。冷えて無いのでぬるいですが
お茶屋さん曰くこうやって飲むもんでっせとのことで(もちろんヤカン等をそのまま冷蔵庫に入れるとおいしいですが)このようにして飲んでいます。ヘタな○○園の麦茶よりおいしいようです。しかし煮だしものですので、日によって渋くなったりはします。
Commented by mw17mw at 2009-07-30 19:00
>bkkfoxさん
バラの方が味が良く出るような気がして、私は、バラが欲しかったのですが、ネット入りしかなかったのです。うまく行かないものですね。(笑)

京番茶、美味しそうです。
今、検索したら、京番茶というのは、番茶を焙じたものでしょうか?
昔から一度飲んでみたいと思いながら、まだ、飲んだことはありません。
老後の楽しみに取っておこうかな?
Commented by bkkfox at 2009-07-30 19:14 x
「京番茶」・・・煮出さないとおいしくないのでちょっと面倒なのですが
一応私の贔屓のお茶屋さんを紹介します。
関西育ちで京都へはしょっちゅう行っていたのに、このお店大人になってから
出会いました。

今 HPを貼り付けしたところ無理でしたので・・・
京都 蓬莱堂 で探してしてみて下さい。
もし、番茶等お買いになりたければ、HPで注文も可能です。
御茶の分類の項目をご覧になれば、京番茶の解説あります。

こちらのご主人はかなり御茶に詳しいです。
Commented by bkkfox at 2009-07-30 19:16 x
追伸です
もし番茶 ご注文なるのでしたら、「きつねはんの紹介で~」と
一言添えれば、話しが早いかもですw
Commented by mw17mw at 2009-07-30 22:20
>bkkfoxさん
色々有難うございます、京都のお茶ということから、一保堂かなと思っていたら、さすが渋いですね。
う~ん、今年は、まだ、つぶまるが19パックあるので、無理かも。(一人なので)
私も「ぜひ食べたいリスト」を作って、そこにメモして、来年の夏こそ、取り寄せてみます。
勝手言って申し訳ありませんが、一年お待ちください。