「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

FC2ブログに移行します

2014.05.21より、下記に移行しました。
FC2での引越し先 :---「美味しい!」が好き
(URL: http://mw17mw17.blog.fc2.com/ )

いつも、拙ブログを読んでいただき、大変有難うございます、感謝しております。
さて、私のブログは、2005年6月からExcite blogでスタートしておりまして、もう9年になろうとしています。
それから9年近く、Exciteさんにはお世話になっておりましたが、この度、気分転換も兼ね、FC2に移行することに決めまして、本日分の記事から、FC2の方にのみ、発表することにしました。

移行作業ですが、過去の記事3137個を全て移行しただけで、そのほか、細かい使い方、例えば、アクセスカウンターのつけ方とか、テンプレートも整備もまだながら、新しい記事の書き方も勉強しておりません。(汗)
でも、今日はちょうど、長年お世話になっているメル友さんのお誕生日なので、同じ日にすべく、今日からスタートすることにしました。

まだ、不確かですが、FC2に記事が移行できたと言っても、記事の画像はExciteへのリンクの形態になっているとか、どこかに書いておりましたので、Exciteの方もまだまだ残すことになりそうです。

取り急ぎのご連絡ですが、下記URLを登録していただき、今後も、ご利用をお願いいたします。

新しいFC2での引越し先ブログ :---「美味しい!」が好き
(URL: http://mw17mw17.blog.fc2.com/ )

第一弾の記事は、今日、午後からになると思います。

いつまでになるかわかりませんが、こちらのブログにコメントが入る可能性もありますので、今後とも毎日こちらのブログも管理していきます。

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-21 08:57 | その他 | Trackback | Comments(2)

神田小川町界隈-「武膳」の九州豊前うどん&野菜天丼

d0063149_12450491.jpgすっかり、九州豊前うどんのことを忘れていたのだが、博多うどんのコメントで背中を押され、土曜日のお昼に小川町の「武膳」というお店 に行ってみた。

場所は、神保町の交差点と小川町の交差点の間くらいの靖国通りの一本中に入った路地にあった。(南側へ)
小川町のスタバの横の路地を入って、一つ目の路地を右に入ってすぐ左。

メニューは写真がうまく取れなかったので、省略するが、昔ながらのメニューから今風に創作されたメニューまでいろいろあった。
しかし、天気が良かったので、今日は冷たいうどんが良いなと何となく思っていた。
私よりちょっと前に入った人たちが、「アボカドサラダうどん」を注文、それにも惹かれたけれど、ま、私の場合、オーソドックスなもののほうが良いでしょうと思い、「野菜天丼とうどんのセット」にしてみた。
d0063149_12452719.jpg
d0063149_12461841.jpg
しかし、これは「私の好奇心を満たす」という意味で、大正解であった。

まず、うどんなのだが、冷たいうどんでも、豊前うどんの特徴がわかったし、しかも、九州風と思われる天丼が、東京風のものと全然違ったので、余計面白かった。

うどんは、細目で、外側がもちもちしているので、真ん中には一本筋が入っていて、アルデンテという感じ。
もちもちなのに、デレデレではなく、本当、日本のうどんの中で、乾麺のスパゲティをアルデンテに茹でた時に近いかもしれない。

汁は甘め、でも、大丈夫、ちょっと甘めという程度で、うどんもおいしく、一気に食べてしまった。

で、野菜天丼は、天つゆの色が薄い。
御飯が汁でべちゃべちゃになることなく、うっすら茶色い色。
食べると、ほとんど甘いだけの味なのだけれど、でも、べたっとした甘さではないので、やはり、微かにでも、お醤油かお塩が入っているのかなと感じた。

おいしいのだけれど、今まで食べた天丼にはないタイプで楽しかった。
全国津々浦々、天丼を食べ歩いたら、地域性があるのかもね。

このお店、おうどん美味しく、確かに讃岐とも大阪とも違うと思うし、また、こちら方面に行った時にはまた食べに行きたい。
(武膳は、ここに乗っているようにチェーン店で、東京・千葉にお店が数店舗あるようだ。新橋店は立ち食いで安いとか、どこかに書いてあった。)

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-20 12:47 | 飲食店・菓子店 | Trackback | Comments(3)

太って、医者に怒られた!-今後の方針と対策

昨年1月から3月に禁煙で通った近所の内科&漢方医のお医者さんは、禁煙と同時に、私の体質に合いそうな二種類の漢方薬(体内を温める薬と便秘予防の薬)を常用することを進めてくれた。
そして、3か月が過ぎ、禁煙の薬を飲む期間が終わり、このお医者さんのところには通わなくなったのだが、その後も、毎月1回は通っていた皮膚科でその漢方薬を処方してもらい、続けていたのだ。

しかし、その皮膚科も行く用がとうとうなくなり、仕方がないので、近所の禁煙を指導してくださった内科医のところに、何も悪いところもないのに、薬を処方してもらうために1年数か月ぶりに行くことにしたのだ。

で、行ったら、大変。
体重を計ったら、禁煙を始める前より6kgも太っているという結果が出てしまい、先生に怒られてしまった。
「禁煙が続いているのは偉いけれど、このまま体重が増えていくのは問題です。私は言いましたよね、禁煙は知らず知らずにあなたにとって快楽だったのだから、それをやめるときには、他の楽しみを見つけなくては、食欲に走りますよって」というのだ。(涙)

はい、確かに聞きました、私だって、どうにかしなくてはと、心から猫が好きだったので、ちゃんと猫を拾ってきて、愛情交換できると思って飼い始めたのだけれど、野良歴が長かったせいか、全然私になつかずで、私に快楽ではなく、試練を与えるタイプの猫だったのだ~、すごい計算違い...。(でも、人生、大抵はこういう見込み違いの重なりで暮らすのが普通だよね?)

それに昨年秋に突然ダイエットするのが嫌になって、体重計に乗らなくなったし、頭で考えて食べる量等調整しているつもりだったけれど、やはり、ずずっと太っていたのだ。
確かに自分でも体重が増えているという自覚はあったけれど、昨年のズボンが履けていたので、「ま、いいや」と思っていたけれど、まさか、6kgも増えているとは...。

ということで、キリっとにらまれ、あっという間に、禁煙優等生から問題児に格下げ。(涙)

先生がいうのは、

d0063149_11442992.jpg1.「何か運動をしなさい」

2.この一年以上私が飲んでいた漢方のうち、体を温める機能のあるものは、食欲を増進させるか、太りやすくさせるかは忘れたけれど、体重と言う面では良くないとのこと。
もう気候も良いから、体を温める漢方はやめよう。
それから、絶対というわけではないけれど、体にぴったり合えば、体重が減る便秘の漢方に変えようということになった。

何だか、ダイエットをずっとやり過ぎたのか、本当はもう二度とダイエットしたくないのだ。
でも、このまま膨張し続けるのも何だし、少しは体を動かしたり、私もできるだけ努力しなくてはという気にはなっている。

運動はどうしようと思ったけれど、台東区で、夜の二時間、指導者がいて、だれでも参加できて、道具を貸してくれて、一人でも参加できる「スポーツのひろば」というものがあるみたいなので、それに通ってみようかなと思っている。(うまく通えるようだったら、発表しますね)

それと漢方薬を変えたら、確かに、間食の量が減ったような気がしている。

その他、エノキ氷を作って適量毎日体内に入れるようにしていたけれど、やはり、不味いからか、数か月で自然と手が伸びなくなってしまった。
これだったら、まだ、干しえのきの飲み物の方が良いかも知れないということで、今日から、毎日500cc飲もうと思っている。

毎日体重計に乗るのはやはりつらいから、病気ではないけれど、漢方薬を出してくださるお医者さんをホームドクターとして、漢方薬をもらいに行きながら、これ以上太らないこと、あわよくば痩せることを目指そうと思っている。
そうそう、今回は、お医者さんに一か月に一回怒られながら、痩せようと思っている。(笑)

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-19 11:48 | ダイエット・健康 | Trackback | Comments(8)

ガムテープとキッチン排水溝のぬめり取り(掃除の話)

2月に、軽くリフォームというか、壁紙やフローリング・キッチンのレンジ&流しセットの取り換えと、窓のブラインドを薄いレースカーテンにしたことで、本当に私の部屋はきれいになった。

やはり、部屋がきれいになると、「このきれいな状態を長続きさせたい」と思うらしく、毎朝、掃除機をかけている。(当たり前と言われれば、当たり前だし、「え、一日一回しかかけないの?」と言われれば、ま、一人暮らしで部屋にいない時間も長いしとか、言い訳したい)
また、部屋をいつもきれいにしようと、猫の学校で推薦していた「ダスキンの一か月に一回取り換えるモップ」を契約してみたけれど、使いこなせなかった。
(一番の原因は、濡らして使ってはいけないこと、私なぞ、モップと聞くと、濡らしたくなる。
それでも毎日掃除機をかけた後に、モップ掛けして、返す前には、家のビルの階段を上から掃除するのに使おうと思ったのだが、中々両方ともできず、先月、解約してしまった。)
思いの外、役に立っているのは、紙のガムテープ。
寝室と洗面所に置いておいて、ほこり・髪の毛が落ちていると、びりっと切って、それで取ってしまう。
これは今後も使い続けるであろう。(ルンバの代わり?<笑>)

それと、新しいキッチンセットなのだけれど、20年ぶりに新しくしたら、良くなくなった場所も結構あるのだけれど、流しの排水溝に関しては、とても進歩を感じる。
排水溝自体の深さやごみ入れかごの深さも多分1/4くらいになって、素材もステンレスの金属製からプラスチック製に代わって、掃除しやすくなった。(素材的にも掃除しやすいように進歩しているけれど、深さが短くなったから、掃除する広さが相当狭くなったのだ。)

また、最初の頃、新品だからか、普通に流しを使っても殆どぬめりが発生せず、「え~、プラスチックってぬめりがつかないの!」と一瞬思ったが、それは勘違いで、1か月くらいして裏を見てみると、やはり、うっすらぬめりが発生していて、時どき掃除するようになった。

d0063149_08414153.jpgそんなとき、知り合いの方のブログ「おわりの。はじまりの。」というブログを拝読しているのだが、その中で、「キッチン排水口清掃 の検証」という記事を読んだら、要約すると、「排水溝のぬめりは、発生するのではなく、持ち主が発生させ、育てているのだ」と書いてあったのだ。
それが嫌やだったら、毎日きれいに清掃して、干せば良いとのこと。
なるほど!
目からウロコであった。(ま~、知っている人は知っていることかも知れないが)

特に今はまだ私のキッチンセットが新しくきれいで、また、排水溝が以前より掃除しやすいように工夫されたものになったので、俄然やる気が起きて、忘れる日がないわけではないけれど、ほぼ毎日、きちんときれいに洗って、流しに並べて、干してから眠っている。(忘れた日は次の日の朝、洗って干している)



[PR]

# by mw17mw | 2014-05-18 09:05 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

「煮梅」を作ってみた

数日前、Windows8.1に移行したら、エキサイトブログがGoogle Chromeで全く使えなくなり、悪戦苦闘していたのに、昨晩、何気なくGoogleで開いてみたら、ごく普通に使えたのだ、不思議!
でも、考えるところあって、近々、エキサイトブログから他のブログに移ろうと考えている。

---本題です---

今週の水曜だったか木曜だったかの夜、弟が、突然、青梅をくれたのだ。
何でも、職場に生る梅で、今年から引き取り手がないので、もらってきたとのこと。
d0063149_11560718.jpg

触ってみると、すごく実もなり(?)というのか、枝についていた跡みたいな部分も硬くて、絶対梅干しには向かないタイプということだけはよくわかる。(重さは、1080gあった。)

私は梅に詳しくないので、どうしようかと思ったが、以前から、お菓子のように、甘く煮て、冷たく冷やして食べる煮梅がうまくできたらよいな~と思っていたので、それを作ってみた。
(梅シロップもおいしそうだけれど、実を捨てることになって勿体ないと思ってしまった。)

とりあえず、その晩は、お水に浸けて、なりを取ろうとしたけれど、硬くてなかなか取れなかったので、一晩浸けておいた。

その間に、本でレシピを探したら「うちの保存食」というレシピ本に作り方が載っていたから、それを参考に作ることにした。
その晩はもう遅かったので、次の日の朝、まずは、一つの梅に10~20か所くらい、竹串で穴を開けろと書いてあり、そんな面倒くさいことできないと、4本歯のフォークでグザグザ傷をつけ、お水に戻した。
なりも少しは取れやすくなったしで、だいたいなりも取って、一粒ずつフォークで何か所か傷をつけて、夜までお水に浸けておいた。

そして、それを3~4回、お水から茹でて、熱くなってから30分ずつ茹でていくのだ。
沸騰させることは厳禁なようで、とにかくことこともさせないような熱さ加減で茹でてみた。
そして、取り出すときも。静かに静かに乱暴なことは厳禁で、手が入るくらい冷めたら、一粒ずつ手でお水の入った他の鍋に移すとある。

う~ん、茹でた青梅が柔らかいので、崩さないためかなと思いながら、でも、短気で乱暴者の私にはそんなことはできなくて、お湯をあらかた捨てたところに手を入れて、数粒ずつ、残ったお湯を利用しながら、すくい出した。

夜に二回、この作業をし、三回目茹でたところで、朝までそのままにしておいた。
でも、この作業三回で、三、四個、完全に煮崩れたし、若干煮崩れた青梅は数知れず、半分くらいは皮が剥けている。(涙)
ま、いいか、初めてだし、誰かにあげるわけでもないから、おいしければ良いと開き直った。
また、一粒食べてみたが、アクも抜けている感じがしたから、茹でこぼしは出来上がりと判断。

そのあと、煮汁400ccに、上白糖1カップに、水飴200㏄を入れて煮溶かし、そこに青梅を入れて20分煮たら出来上がりらしい。

d0063149_11571577.jpg上白糖1カップ(200㏄)は、粉だから計りやすいけれど、水飴は計量カップに一旦入れれば200ccを計ることは可能だけれど、それをまた鍋に移した場合、計量カップの側面に沢山水飴が残ってしまいそうな感じがした。

だから、女子栄養大学の本で、確認すると、水飴とはちみつは、200cc=290gとあったので、秤で計って入れることにした。(ついでに上白糖も110gらしい)

(というところで、この記事を書くので、再度、女子栄養大学の本を確認したら、水飴1カップ=290g、上白糖110gというのは、2000年発行の本に書いてあり、2001年、2003年の本には、水飴=280g 上白糖=130gだって。今は2014年だから、今はもっと数値が変わっているかも)

ちょうど水飴は、以前容器に凝った時、自分で買ったものと、まrさんが持ってきてくださったものがあったので、十分足りた。
(右の画像のような容器なのだが、実際に使ってみると、ほんのちょっと使うときにはこの容器が役に立つが、このように200㏄とか言われると、中の内ぶたを取って、ががっと流し込んでしまう。
でも、だったら、この容器は不要かというとそんなことはなく、半分くらい余ったのだけれど、やはり、この容器に入っていた方が、今後もこまめに使おうという気になる。)

で、20分、沸騰させないし、コトコトしないように、甘く煮た後、一粒食べたら、「何これ! 苦いじゃない」という味でがっかり。
やはり、4回茹でこぼすべきだったかなと思ったのだけれど、面倒なので放っておいた。
そして、冷めて、冷蔵庫に入れておいたら、なぜか苦みが抜けて美味しくなっていて、ホッ!
この分量の砂糖や水飴だと、甘く甘くならずに仕上がった。
d0063149_11564274.jpg

今回、突然、青梅が来たので、慌てて本を見て、「作れそうだ」と思って作ってしまった。
それでも、十分おいしかったけれど、今、「煮梅」とか「煮梅 作り方」で検索してみたら、炊飯器で作る作り方とか、辰巳芳子さんの煮梅が出てきた。(確かに、炊飯器で煮たほうが皮が破れないかもしれない)

できた煮梅は半分弟家に渡して、残りは、私の冷蔵庫に入れておいて、時々つまんで食べているが、結構おいしくてやめられない(笑)し、残ったシロップは飲み物にも使えそう。

全部なくなったら、再度作るか、少なくとも、来年も作ろうと思う。
ということで、今回はレシピの紹介ではなく、「はじめて作ってみた!」みたいな発表。
うまく作れるようになりたい。


[PR]

# by mw17mw | 2014-05-17 11:25 | 調理・料理研究 | Trackback | Comments(4)

キトラ古墳壁画

d0063149_15350868.jpg連休中に「キトラ古墳壁画」を見に行ったのだが、記事にするのが遅くなってしまい、今、見たら、18日日曜日までなのだって。
でも、好評につき、昨日から最終日までに閉館時間が20時になったそうで、良かった。
(私はキトラ古墳なぞ全然知らないで、ある時、何かネットか雑誌で、白虎の絵を見たら可愛くて、本物が見たくなっただけ。)

土日祝日は、閉館時間が18時ということだったので、入場料が900円ということは、1時間もあれば見られる分量の展覧会?余裕を持って1時間半前の16時30分に入れば、きっともう空いていて、楽勝でゆっくり見れるのではないかと計算して行ってみたら、甘かった。

切符売場に、「会場に入るまで50分 入場から壁画を観覧するまでの時間30分」とわけがわからないことが書いてあり、閉館90分前だから、この通りだとすると、見るのが20分?と思ったが、それでも、切符を売っていたし、見ていたら、「会場に入るまで」が40分に差し替えられたので、どうにかなるだろうと入ってみた。

最近、東博では、平成館ばかりだったが、キトラさんは本館で、本館に入るまで40分弱並んだかな?
漫画を持って行ったのと、途中で、壁画展の音声ガイドを貸しに来て、それが300円と安かったので、借りて、展覧会に入る前に聞いておいた方が良い解説が3つくらいあった。(そうだ、そうだ、有名人が解説を読む高いものより、無名のアナウンサーの300円の解説が良いな~)
漫画を読んだり、音声ガイドで解説を聞いていたら、結構退屈しないで、本館の中に入れた。

で、良くわからなかったのだが、本館の中に入ると、そこから、本物のキトラ古墳壁画までの間に、模写したものとか、解説したものが沢山飾ってあり、そこは並ばないでというか、並んで順番に見たい人は並び、そういうのは面倒だという人は遠巻きに模写作品を見て、さっさと本物の方に行けるのだ。
私は、結構、真面目に音声ガイドを聞きながら、見たのだけれど、絵は可愛いし、面白かった。
昔の人が書いた動物の絵が漫画チックで今でも通用する絵だなとか、昔の色が残っているところがすごいとか、平凡に驚いて楽しんだ。

d0063149_15355374.jpg順番に見て行ったら、すんなり、本物のところの列に並ぶことになったが、並んだのは、10分くらいだったかな?
本物はやはり模写とか写真とは違う、何ていうのだろう、重厚な重みとか落ち着きを感じた。
その当時の最高の技術が「本物の迫力」を感じさせるのかも知れない。

(何だか、結局、今回を逃すと、一生見ることができないと思えて行ってしまったが、私はこの催し物は、とても気に入った。)

ということで、4時半に並び出しけれど、時間的にもそんなに急かされながら見たわけでもなく、物足りなくはなかった。(ま、全体見る量が少ないということもある。900円の入場料は妥当な感じ)

右の新聞の画像は、並んでいる時、近くの人が持っていて、私も欲しいと思ったのだけれど、どこにあるかわからず、もらえなかったのだが、壁画展の出口を出るとお土産物コーナーになっていて、そこに山積みになっていた。
一部もらってきたが、それで満足してしまい、まだ、読んでいない。

d0063149_15340352.jpgまた、今回、久々に、東京国立博物館に行ったら、入り口の右手が改装されて、とてもきれいで広いミュージアムショップになっていた。以前は、本館の半地下みたいなところにあったが、最近、大きな展示は平成館で行われることが多く、本館の半地下では人が流れて来ないからと、目立つところに作ったのかも知れない。
(その他、ここだけでなく、もう1か所新しいミュージアムショップができていたような覚えがある。)

JRではないけれど、お店を作れるところにはお店を作り、一銭でも多く稼ぐことが今の時代の公共施設の姿勢かも。

ま、何はともあれ、東京国立博物館が繁栄するように、利用者が多いことを祈る。


[PR]

# by mw17mw | 2014-05-16 15:41 | Trackback | Comments(2)

目白庭園と自由学園の地理的関係 2/2

目白庭園を出て、左に行くと、すぐに西武池袋線の踏切があったので、何となく渡ってみたら、電信柱の広告に良い情報があった。
d0063149_11460990.jpg
その名は、「ブックギャラリー ポポタム」全然知らなかったけれど、この古くからの落ち着いた住宅地の中にあること自体、「良さそう」と思い、電信柱の地図を頼りに行ってみた。
d0063149_11464318.jpg
残念ながら、取り扱っている絵本は、私が「懐かしい!」と思う世代のものではなかったけれど、本もその他のもの<オオカミのぬいぐるみとか>も、ハイセンスで素敵なものが多く、若いお客さんも多かった。
このお店なぞ、知る人ぞ知る有名な本屋さんなのだろう、きっと。

で、このお店を出て、左に進むと、すぐに公園にぶつかるのだが、そこは、「上り屋敷公園」(あがりやしきこうえん)という仰々しい名前の児童公園であった。
(どうも、おとめ山の鷹狩場に行くときの休憩所だったので、この名前が残ったらしい)
このまま北に進めば、池袋の方になるわけだし、遠くに見える高い建物が自由学園から見たのと同じに見えたのだ。
ちょうど佐川急便のお兄さんがいたので、「自由学園に行きたいのですが」と聞いたら、親切に教えてくれた。
ポポタムを出て、左に進むと「上げ屋敷公園」にぶつかるのだけれど、そうしたら、公園に沿って、右にそのままずずっと進めば、自由学園とのこと。
その通りに行ったら、「わ、本当だ、自由学園明日館の向かいの講堂だ」とわかった。(下の画像の右側が講堂)
(反対に言うと、池袋駅の方から来て、明日館学校本体と講堂の間の路地をずっとそのまま進んだら、上り屋敷公園に行くのだとわかって、良かった。)
d0063149_11471647.jpg
そのまま道を進むと、左側に下の画像のような明日館が見えた。この道をそのまま進むと、右側に婦人の友社があって、左に曲がると池袋駅の方に行くのだ。
d0063149_11474478.jpg
何だか、目白から池袋まで、何もない住宅地かと思っていたら、古くからの住宅地という風情がある他、ところどころに、他にはない、素敵な建造物や素敵な店があって、楽しい散歩道であった。(まさか、池袋周辺にこのようなところがあるとは思わなかった。)
もしかして、これこそ、知る人が少ない「東京上級デートコース(or散歩コース)」かも。(笑)
(古い東京に興味がある、本も好きだ、歴史も好きだみたいな女の子を案内したら、点数が上がると思う)
ただ、どこで、お茶を飲むかとか、食事はと言うと、今のところ、そこまではわかっていない。(土曜日なら、目白の志むらで氷いちごがいいかな?)

テレビ番組の「東京上級デート」のwikiを見ても、目白は一度紹介されているけれど、このコースは多分気づいていないのではと思う。
我ながら、このコースはとても良いと思う。

まとめると、目白駅→目白庭園→ポポタム→自由学園明日館(講堂も)→池袋駅、こう書くと簡単だけれど、とても静かで豊かな住宅地内を歩く割には、それぞれに特徴があって力強いものがあり、静かなのだけれど退屈しない散歩にはうってつけのコース。

明日館のページを見て、休日見学日にあたるようだったら、池袋から目白に抜けるのが良いと思う。
ただ、明日館の外観だけ見るのなら、目白からでもOK。

それにしても、東京トリップアドバイザーの豊島区の名所に、「自由学園明日館」が入っていないのが不思議。

(後程、時間があって、技術がわかったら、Google Mapで道順を表示します)

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-15 12:16 | 東京都内のお散歩・見物 | Trackback | Comments(8)

Windowsを8.1にバージョンアップしたら...

昨晩、気が向いて、windows8を8.1にバージョンアップしてみたのだ。
そうしたら、大変。
始めたのが、10時半だったか、11時だったかの時間で、終わったのが、夜中の2時であった。(涙)

それだけだったら良いのだけれど、朝起きて、いつものようにGoogle Chromeで自分のブログを立ち上げたら、ログインはできるのだけれど、何を押しても、新しい何だかブログ全体で仲間を作るのに役立つページになってしまい、昨日のアクセス数とか、アクセスの多かった記事ベスト10などが見れなくなってしまった。
しかも、最悪なことに、新規投稿を押しても、新規投稿のページは開かず、そのブログ仲間を作ろうみたいなページが表示されてしまう。

お、これは困った、8.1にバージョンアップしたからかしらと思った。
でも、私以外に、エキサイトブログを使ってらっしゃる知り合いも沢山いるのに、誰からも「エキサイトブログが変」とは聞いていない。
ということは、皆、まだ、8.1にバージョンアップしていないのかな~、何て、お利口さんな人たちだろう、私はやはりいつまで経ってもオッチョコチョイと、涙目になってしまう。

また、エキサイトブログは、メールでさえ問い合わせ先を公表していないし、仕方がないので、ヘルプとか、ブログの始め方みたいなページを読んだら、「うまく機能が使えなかったら、キャッシュのクリアとクッキーの削除が必要」みたいなことが書いてあるけれど、そんなもの、どこにあるか、わかるわけないではないかと、思ってしまった。

でも、それを読んでいたら、「そうか、もしかしたら、Google Chromeだからかも。Internet Explorerなら大丈夫かも知れない。」(だって、8.1のバージョンアップはMicrosoft系統の話だから)

で、やってみたら、おめでとう!Intenet Explorerなら、問題なく、エキサイトブログが使えそう...!

でも、ほとほと、エキサイトブログを使い続けるのが嫌になってきた。

下記条件で、良いブログ会社がありましたら、是非、教えてください。

1.(できたら)今までのブログを全て移行できると嬉しい。
2.毎日と毎月のアクセス数とか訪問者数がわかること。
3.毎日のアクセス数の多い記事がわかると嬉しい。
4.非公開コメントみたいな仕組みがあって、当方のメルアドを公表しなくても連絡が取れるブログであること。
5.容量が大きくて、無料なこと。
6.トラブルが起きた時、メールで良いので、問い合わせに応じてくれるところ

このくらいかな~?

さ~て、愚痴を言っていないで、ブログを書かなくては。

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-15 11:22 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

目白庭園と自由学園の地理的関係 1/2

d0063149_11230787.jpg先日発見した東京トリップアドバイザーの豊島区の観光地のページ で、第10位に「目白庭園 」なるものを発見。
その存在すら全く知らなかった私は、外に出たついでに、行ってみた。
(行き方は、Google Mapで「目白庭園」を検索して、行き方を決めた。
目白駅で降りて、目白通りを渡り、2つめか3つめの路地を入り、西武池袋線の線路の方に進む。
地図を見るとわかるが、目白通りから伸びている路地で、西武池袋線の線路までまっすぐ行ける路地は案外少ない(その一番山手線の線路に近い路地沿いに目白庭園はあるのだ。)し、目白庭園の先には踏切があるので、目白庭園か踏切を目印にして、近所の人や交番で聞けばすぐわかる。

入園無料で、豊島区立で、何で、歴史的建造物でもなさそうなのに、どうして、こんなお金のかかったお庭を作ったの...?と不思議に思ったのだ。
(白壁がずずっと続き、お金がかかったお庭であることは一目瞭然、でも、比べる必要もないかも知れないが、白金台の服部さんのお屋敷の広さに比べると、平凡な広さ。改めて、戦前戦後の服部セイコーの大成功の凄さを感じた。)

d0063149_11244221.jpgお金持ちから寄贈されたお庭を整備するならともかく、このような日本庭園を区の予算で作るなんてあり得ないと思ったのだ。
そうしたら、このページ が見つかって、公立学校共済組合住宅の庭園として、平成2年に作られたと書いてあった。
(「このページ」と書いたものがなぜかインターネットエクスプローラーではまともに開くのに、Google Chromeでは文字化けしますので、ご注意を)
(その後、バブルの後始末とか色々なことで、豊島区に売却されたのかも。←私の想像だけれど)
それならわかる。

お庭はこじんまりとして、程良い広さであったが、お水も植木も手入れが行き届いて気持ちが良いし、一部、芝生が植え込んである場所で、親子連れがお弁当を広げて食べることも可能であった。

おとめ山公園に比べて、断然こちらの方がきれいに整備されている。(同じ区なのにと一瞬思ったが、おとめ山公園は新宿区で、目白庭園は豊島区であった)
目白庭園の管理は民間に委託されていることと、広さが手ごろで、少し掃除したり整備すると、すぐに成果が表れやすい広さだから、きれいに見えるのかもと思った。
d0063149_11231812.jpg

d0063149_11232807.jpg

d0063149_11240029.jpg

でも、ま、10分も散策すれば全てを見ることができる広さなので、気持ちよくゆっくり散歩した後、すぐに出てしまった。

そのまま出たところを左に曲がると、西武池袋線の踏切があった。
そこを境に、線路の向こうは「西池袋」の町名になるようであった。
西池袋と言えば、お正月に行った自由学園のある場所、目白から歩いても自由学園に行けそうだったので、地図も住所も持っていなかったが、行ってみることにした。

[PR]

# by mw17mw | 2014-05-14 11:32 | 東京都内のお散歩・見物 | Trackback | Comments(0)

白山上界隈-「たこ竜」のたこ焼き

上野松坂屋の南館が解体されても、私に何の影響もないやと思っていたのだが、たこ焼きの記事を書こうと思って、地下二階の「たこ八」という明石焼きのお店が失われた ことにようやく気づいた。(涙)
新しいお店ができても、きっと戻らないだろうな?
あの明石焼きは今後大阪に行かないと食べられないのかな?と思って検索したら、このたこ八さんのページ が出てきて、大阪だけでなく銀座にも「たこ八」というお店があるみたいだけれど、明石焼きは扱っていないみたい。
いつまでも食べられると思うな、美味しいもの!(でも、30年くらいお世話になって、感謝)

---本題です---

白山上って、勤務先や学校があるとか、そこに住んでいる人以外中々行かない地域だと思うが、私の場合、はま寿司という100円寿司があるので、都バスの一日乗車券を買った時とか、自転車で本郷通りまで上がった時に気楽に足が向いてしまう。(笑)

d0063149_09121239.jpgで、話は変わるが、先日、テレビを見ていたら、吉田屋酒店の隣にベルギーチョコレートのお店ができたと言っていた。
それは、レオニダス というメーカーのお店らしいが、私の場合、吉田屋酒店の手前を左に曲がって谷中墓地の方に行くか、もしくは寛永寺の横の門から谷中墓地に行ってしまうので、吉田屋酒店の右隣の前は通りそうで通らない。
へ~、では今度見に行こうと、色々調べたら、このレオニダスと言うお店は、別に谷中だけにあるわけではなく、結構いろいろなところにお店 があるようだった。

そのうちの一つが、どうも白山上のはま寿司の近所にあるみたいだったので、先日、はま寿司にランチを食べに行くときに見に行ってみた。
場所は、白山上の交差点のところに、100キンのお店があるのだが、その右側の自動車がようやく一台通れるか通れないかの路地を入っていったところ、左側にそのお店はあった。

d0063149_09122445.jpgふむふむとその前を通って、もうちょっと歩いていくと、右側に「たこ焼き」ののぼりが...。
いつできたのだろう、たこ焼き専門店ができている...。

たこ竜 という小さな奥に細長いお店で、中にカウンターがあって、そこで イートインできるみたいだったし、全然他のお客がいなかったので、入ってみた。

そうしたら、店員さんが片言の日本語で、外国人であることは明らか。
う、大丈夫かなと思ったけれど、品質は完璧であった。(ものすごい美味しいという程ではないけれど、熱々で、中がふわふわ、外がカリカリ、ちゃんとタコが入っているかというポイントは全て満たしていた)



d0063149_09133519.jpg
d0063149_09124417.jpg
ソースも色々選べるし、わ~こういう気軽なお店が近隣にあったら良いな~と思う。
d0063149_12204629.jpg

きっと、白山のあたりは、学校がたくさんあって、駅から学校までの大通りではない、狭い路地を、生徒や学生がぞろぞろ歩くから、路地の目立たないところにこういうお店ができても、成り立つのだろうな~。(私立の学校が多いようだが、学校の帰り、こういうお店に寄ることは禁じられていない学校が多いのかな?)
そういう意味では「学生街」っていいなと思う。
(上野の中央通り、うさぎやの並びに海鮮丼のお店が出来て、そこでもたこ焼きを焼いて売っているようだが、どうせなら、粉もの専門店のたこ焼きが良いな~)

ま、しかし、その時、たこ焼き6個だけではお腹いっぱいにならず、その後、はま寿司で5皿くらい食べてしまった。

今まで、はま寿司で8~10皿にビールだったけれど、今後、たこ竜でたこ焼き&はま寿司で5皿(withどちらかでビール)かな?

今後、白山上に行ったら、たこ焼きを食べようか、お寿司を食べようか迷ってしまう、困ったものだ。


[PR]

# by mw17mw | 2014-05-13 12:24 | 飲食店・菓子店 | Trackback | Comments(0)